« 寛文五年堂 | トップページ | デリーのナン »

2007年3月22日 (木)

ひょうたん屋 松

前回、このお店に入ったときに鰻丼ではなく鰻重を頼んでいる人が圧倒的に多かったので、自分もトライしてみることに。どうせなら、ということで鰻重・松をオーダー(2,100円)。また入り口付近のカウンター席に座っていたので、ピンクの鰻がじっくりと焼かれているところを見ながら待つ。

20070322

運ばれてきたのが、色、艶、ボリューム共に申し分ない鰻。表面についたちょっとした焦げ目が食欲を煽る。身の部分はトロけるように柔らかくて、タレとの絡みも絶妙。それ以上に個人的ツボだったのが、パリパリと焼きあがった皮の部分。身の部分を先に食べてしまい、皮の部分を残して一気に食べてみたりしてみた。この両極端な食感の競演が堪らなく良かった。美味しいものを食べさせて頂きました。

|

« 寛文五年堂 | トップページ | デリーのナン »

20. 銀座・汐留ランチ(和食)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105143/14476341

この記事へのトラックバック一覧です: ひょうたん屋 松:

« 寛文五年堂 | トップページ | デリーのナン »