« カニ天丼 | トップページ | WBCを求めて 1 »

2007年2月 8日 (木)

La Casita

今日は代官山にあるメキシカン料理店「La Casita」でご飯。お店は、代官山駅からちょっと坂を下ったところにあって、賑やかな外装が目印。入り口付近にはサボテンの鉢が置いてあったりする。夜ガッツリ食べるために、昼ご飯を抜きにして、空腹状態で入店。店内は自家製トルティーヤのトウモロコシのイイ匂いが充満している。マスター自らがメニューを取ったり、お皿を運んでいる。

まずは、Bohemiaを一杯。コクがあるのに、軽めのビール。料理は、コースAにSopa de Ajo(トマトスープ)とChuleta Ahumada(骨付き豚ロースの燻製)を追加。一品目のワカモーリはアボカドの甘い味わいが最高!すかさず、牛肉のタコスが運ばれてくる。自家製の素材感溢れるトルティーヤに牛肉が乗っていて、二種類のサルサを好みで乗せて食べる。ふんわりとトウモロコシの味わいが口の中に広がっていく。サルサはパクチーが入っていないので、パクチーが苦手な人でも大丈夫。

ここで、豚ロースの燻製が運ばれてくる。北京ダックのように、トルティーヤに肉を巻いて、お好みでメキシコ特製の唐辛子を練りこんだタレで食べる。唐辛子のタレは、ジワジワと辛さが出てくる味のある一品。唐辛子と言っても、舌がヒリヒリするほど辛くは無い。燻製なので肉はちょっと硬めだけれど、桜チップの風味と先ほどの特製唐辛子、そしてトルティーヤの味わいが重なって、これぞオーセンチックなメキシカン料理、という印象。続いて出てきたトマトスープは、強いニンニクの風味で元気になりそうな一品。メインはトマトだけれど、同時にアボカドも入っているので、まろやか。色々な野菜が溶け込んでいるんだろうなぁ。

続いては、真っ赤なエンチラーダ。もちろん、中にはチーズが挟んであって、ちょっとスパイシーな一品。最後の炊き込みご飯はトマトベースのエビ+チキンライス。ご飯一粒一粒がパラパラしている。日本米ではないのか、凄くお米が小さかった。最後の方は満腹になってしまったので、若干残してギブアップ。申し訳ございません・・・。

デザート前に、サボテンのジュースを貰う。これがメキシコに行った時毎朝飲んでいたサボテンジュースそのままの味わいだったのに感激。店員さんの話だと、これだけ飲んで8キロ痩せた人がいるらしい。ただ、特殊な材料(サボテン)で作るので、材料の調達が若干難しいらしい。

デザートはプリンとココナッツのアイスクリーム。一緒に出されたコーヒーがとても味がしっかりしていてコクもあったのに驚き。最後の最後まで、ハイクォリティーなコースでした。お腹一杯になって、一人およそ6,000円。

店を出る前にマスターとちょっと喋ったところ、メキシコ料理ということで具材の調達に苦労している模様。また、本場のメキシカン料理を扱うお店がまだ少ないため、メキシカン料理を広めるために活動をしているとのこと。

TEX-MEXではない、本場のメキシカン料理が食べたければ、是非このお店へ。

|

« カニ天丼 | トップページ | WBCを求めて 1 »

30. 夜ご飯系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105143/13871357

この記事へのトラックバック一覧です: La Casita:

« カニ天丼 | トップページ | WBCを求めて 1 »