« MODAPOLITICA | トップページ | MNPでW47T »

2006年12月12日 (火)

佐世保バーガー

かなり久しぶりのハンバーガーネタ。仕事で三鷹に用事があったので、用を済ませてから事務所に戻る途中、中野で途中下車してZats Burger Cafeへ。実は自分自身、佐世保バーガーを食べたことが無いので、ちょっとドキドキワクワク。店の入り口付近にあるカウンターでオーダー。もちろん、佐世保バーガーのジャンボサイズ(1,260円)をオーダ。どうも、専用のビーフパティが切れているらしく、普通のパティを二枚使って造ってくれる模様。この時に気づいておけば良かったんだけれど、ハンバーガー自身で値段が4桁オーバー。それなのに、フライドポテトが美味しそうだったので、それもオーダー。ドリンクも付けたら、全部で1,930円に・・・。

店内はこじんまりとしているけれど、天気が悪いせいか、全然混んでいなかった。席に着いて佐世保バーガーが運ばれてくるのを待つ。少しして、運ばれてきましたよ、ヤツが。

200612_003

写真だとよく分からないけれど、直径20センチ近くあります、これ。 ポテトは皮付きので、イメージとしてはケンタッキーなどで出されている「ジャガイモ感」たっぷりのフライドポテト。自家製のマヨネーズの酸味が絶妙!フライドポテトには必ず一つソース(ケチャップORマヨネーズ)が付いてきて、+30円で両方をオーダすることが可能。

200612_001

横から見てみると、レタスにベーコン、チーズに玉子焼き、そして一番下にビーフパティがギッシリと詰まっている。店員さんは「潰して食べてください」って言っていたけれど、そのサイズ及び具の詰まり具合から、今まで食べたハンバーガーの中で1,2位を争う食べにくさ。濃厚な味わいがガツンガツンと舌にそしてお腹に響く。具沢山なので、ビーフパティそのものを感じることは無かったけれど、とてつもなく巨大な肉の塊を食べている気分になった。かなり覚悟を持ってオーダすべきハンバーガーだと認識しました。ビッグサイズのハンガーガーを大量に食べたくなる禁断症状が出た時に、またお世話になると思います。

恐るべし、佐世保バーガー。

|

« MODAPOLITICA | トップページ | MNPでW47T »

06. 佐世保バーガー系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105143/13061560

この記事へのトラックバック一覧です: 佐世保バーガー:

« MODAPOLITICA | トップページ | MNPでW47T »