« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月31日 (日)

ベストバーガーおぶ2006

さて、今年はハンバーガーに目覚めて、都内色々なハンバーガーを食べ続けていたけれど、年末ということで、独断と偏見の個人的トップ3を発表したいと思います。

<ライト級>

3位:FIREHOUSE ベジーバーガー

厳密に言うと、これはビーフパティが入っていないのでハンバーガーじゃない。それでも、FIREHOUSE自慢のバンズに沢山の野菜を詰め込むと肉が無くてもハンバーガーを食べた気分になるから不思議。ベジタリアン向けのハンバーガーだと思って敬遠するのは勿体無いです。

2位:ル・カフェ・ベルトレ チーズバーガー

フレンチ風にアレンジしたハンバーガー。食べた時の一体感、そしてバランスの良さはフレンチ譲り。とても丁寧に仕込がされたハンバーガー。付け合せのポテトもカリカリ感が堪らない。ちょっと敷居が高そうに見えるお店だけれど、食べに行って損は無いハンバーガー。ヘビー級を試したいのであれば、フォアグラバーガーを・・・。

1位:FIREHOUSE チーズバーガー

初出の記事では、あまり褒めていないようにも思えるけれど(汗)、リピートしている回数からも分かるように、ここのハンバーガーは絶品。メニューの大部分を制覇しているけれど、基本はこのチーズバーガー。パティは程よい焦げ目が付いていて、中身はジューシー。前出のベジーバーガーが美味しいのも、FIREHOUSEが使っているハンズが絶品だからだと思う。これからも、通い続けます。

<ヘビー級>

3位:Zats Burger Cafe 佐世保バーガー

唯一完食することの出来なかった超ビッグサイズのハンバーガー。佐世保バーガーの大きさをちょっと甘く見ていました。運ばれてきた時に直径18センチのバンズに驚き、食べ始めてから濃密な味わいに再び驚く。ジャンボサイズを頼んだ時は、サイドオーダーをするのは危険。サイドオーダーが気になるのであれば、複数人で。自家製マヨネーズは美味しい。

2位:WeST Park CaFE ベーコンチーズバーガー

ランチメニューのハンバーガーを勝手にチーズとベーコンをトッピングしたもの。普通のランチメニューのハンバーガーに比べて、格段に美味しそうに見えるのが不思議。食べ応えのあるビーフパティを包み込むチーズと、味にアクセントを付けているベーコン。この店はパティの焼き加減を選べるので、ここはレア目に焼いてもらいましょう!

1位:Goro's Diner スペシャルバーガー

今年食べた中で、一番のコッテリ感がありつつも、非常にバランスの良いハンバーガー。味の変化があって、最後の一口まで美味しかった。特製のテリヤキBBQソースがクセになりそう。店が小さくてアットホームな気分になるし、店員さんもフレンドリー。また会社帰りに寄りたいと思います。ただ、胃が弱い人は胃薬を用意した方が良いかも・・・。

<無差別級>

3位:Pe'z magic Pe'z Burger

オーガニックを意識したハンバーガー屋さん。ハンバーガーはパティ部分と野菜部分が分かれて運ばれてくるけれど、そこで野菜の色、瑞々しさを確認してから食べることが出来る。ソテーオニオンと生のオニオンのハーモニーは絶品。荒挽きのビーフパティも存在感があって、瑞々しい野菜と重なり合って良質のハンバーガーを食べている気分にさせてくれる。六本木からちょっと歩くけれど、是非!

2位:7025 Franklin Ave. マッシュルームスイスチーズバーガー

店員さんのオススメをそのまま頼んでそれが絶品だった時の嬉しさは格別。濃密なマッシュルームスープとハンバーガーを合体させたような一品。二つのバラバラの要素を繋ぎとめているスイスチーズはスゴイ。ハンバーガー自体もビッグサイズなので、量的にも大満足。メニューには載っていないけれど、是非とも定番メニュー化して欲しい一品。(まぁ、マッシュルームバーガーにスイスチーズをトッピングするだけなんだけれど)

1位:Baker Bounce ベーコンチーズバーガー

とてもアメリカンな感じのハンバーガー。豪快に厚切りベーコンがハンバーガー本体からはみ出しているのが印象的。もちろん、チャコールグリルされた厚みのあるビーフパティと他の具の相性は抜群。手作業でミンチされているので、荒挽きのパティ特有の肉々しい噛み応えを十二分に味わうことが出来る。ああぁぁ、これを書いてるとまた食べに行きたくなってきた・・・。

<番外編>

Nathan's アイダホバーガー

ハンバーガーハンターになるキッカケを作ってくれたハンバーガー。これを食べていなければ、今のハンバーガー熱は無かったかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月30日 (土)

清山

ハンバーガーを食べた後は、友人のmas氏と渋谷に蕎麦を食べに行く。行ったのは、渋谷駅から徒歩7分の「清山」。賑やかな渋谷の町から少し離れて、静かな所にお店はあった。店名が小さく書いてあったので、見落とすかも。地下のカウンター席に案内される。先客は一人だけ。ちょっと暗めで清潔感のある落ち着いた雰囲気のお店。なんかいいかも。良い意味で蕎麦屋っぽくない。

200612_016

店員さんのオススメだという玉子焼き、牛すじ肉のそば湯炊き、鶏肉の炙り焼きにおろし蕎麦を頼む。お酒は自家製の蕎麦焼酎を。メインのおろし蕎麦は、大根の辛味が効いていて、今まで食べたことの無かった味わい。玉子焼きの時に出てきた大根おろしとは全然違う味わいに驚き。勿論、蕎麦自体も味わいが深くて腰のある美味しい蕎麦でした。蕎麦湯も特徴的だった。よく出てくる蕎麦湯はサラサラだけれど、ここのはポタージュのような濃厚な蕎麦湯。蕎麦湯だけで飲んでもかなりイケます。

お酒を3杯ほど飲んで、一人5,500円。まぁ、こんなものでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

VEGE BURGER

今日は、今年の締めのハンバーガーを食べに水道橋へ。目的地はI-Kousyaだったけれど、残念ながら年末年始休業中・・・I-Kousyaのブルーチーズバーガーは来年の楽しみに取っておいて、FIREHOUSEまで歩いていく。久しぶりにカウター席に座れた。頼んだのはベジーバーガー(950円)。カウンター席なので、ハンバーガーを作っているところが見れて楽しい。丁度混雑していた時間帯だったので、テキパキとハンバーガーを作っていく店員さんの動きがスゴかった。チーズ系バーガーやアップルバーガーの作り方を見て、ナルホド、と勝手に一人で納得してた。

そうこうしているうちに、ベジーバーガーが運ばれてくる。

200612_014

全く肉が入っていないから、野菜だらけのハンバーガー。

200612_013

中身はチーズ以外全て野菜。味付けはマヨネーズで。野菜だけだと、物足りないかなと思ったけれど、いざ食べてみるしっかりハンバーガーになっているところがスゴい。アボカドからレタスまで野菜がギッシリと入っているので、普通のハンバーガーと同じくらい食べた後に満足感が残る。別にベジタリアンじゃなくても、食べる価値のあるハンバーガーだと思う。

コッテリとしたハンバーガーばかり食べていたけれど、最後はサッパリと締めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月29日 (金)

ニッポンのバーガー匠味

モスバーガーの新生・匠味。この前、チーズバーガー版を食べたので、純粋なハンバーガー版をオーダーしてみる。今までは、出てくるまでそれなりの時間が掛かっていたけれど、今日は何故か早く出てきた。

200612_018

チーズバーガーと同じく、醤油とデミグラスの二種類のソースが添えられて出てくる。今日は山葵はパス。HPに書いてあるように、まずは何も付けずに一口。チーズが無い分、バンズ(ブレッド)のサクサク感を感じる。とてもシンプルな構成だけれど、美味しい。その後は、醤油とデミグラスを交互に食べ口に掛けながら一気に食べてしまった。

チェーン店でこのクォリティのハンバーガーが食べられるのは嬉しい。夜もやってるし。今後は、昔の匠味みたいに、色々なバリエーションを出してほしいなぁ。またアボカド山葵が食べたい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月28日 (木)

Caffe' CONCEPT

今日で2006年の仕事納め。長かったような、短かったような不思議な一年間でした。

今年を締めくくるランチは何にしようか考えてみたら、本ブログの二大要素である銀座ランチ+ハンバーガーを融合させよう、ということで有楽町の方まで歩いていって、銀座ファイブの地下一階のCaffe' CONCEPTに入店。

12時前だったので、先客は無し。席に座ってメニューを眺めると、様々な種類のハンバーガーを提供していることが分かる。2,000円近くするハンバーガーがあったけれど、ちょっと今日は完食する自信が無かったのでパス。アボカドバーガーにベーコンをトッピングしたハンバーガーをオーダー(1,250円)。

200612_011

ここのフレンチフライはクワアイナのに似ていて、細切りのサクサク感のあるフレンチフライ。包み紙で隠れてしまっているけれど、自家製ピクルスが付いてくる。

200612_012

とても柔らかそうなアボカドが見える。その下にはトッピングしたベーコンが。ビーフパティの下には、モスバーガーで使われるような厚切りのトマト。最近、背の高いハンバーガーばかり食べていたから、サイズ的に小さめのハンバーガーに見えた。

食べ始めてみると、とてもアッサリとした味わい。ケチャップなどのソースが使われていないので、ビーフパティそのものの味を直に噛み締めることができる。思わずケチャップを足そうかと思ったけれど、アッサリとした味わいが意外に良かったので、出されたままの状態で食べることに。肉の味わいを噛み締めることが出来るけれど、個人的にはちょっと肉を焼きすぎているような気がした。肉っぽさを出すには焼き加減をウェルダンにしないといけないから、ジューシーさとのトレードオフだと思うけれど、個人的にはもう少しバランスを良くして欲しかったなぁ。

オーダーするときに、「飲み物は何にします?」と聞かれたのでアイスコーヒーを頼んだら、見事に別料金だった・・・。聞き方から、ランチタイムはドリンク込みの値段だと思ったのに。結局全部で1550円でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月27日 (水)

からくにや

あと一日で6連休・・・仕事もあまり残っていないから、休んでしまってもいいような気がするけれど、細々とした仕事が残っているので出社。簡単な打ち合わせをするために時間を貰ったら、相手側が5人も出てきた・・・よほど暇なのかなぁ。非常に無駄なところで議論をかき回すヘンな人も居たし。本筋じゃないことを延々議論されても困るよ。

さて、今日はスタミナを付けたくなって、向かった先は韓国屋(からくにや)。過去ログを見てみると、1年以上も行っていなかったことが判明。もちろん頼んだのはサムゲタン(900円)。頼むとすぐに出てきたので作り置きしているのかな?

200612_010

白いスープに鶏肉がドッサリと入っている。最初に鶏肉をスープの中から発掘して、骨を取り除いていく。途中、ウィッシュボーンがキレイな形で出てきて、こんな所でちょっとクリスマスを感じてみたり。骨を取り除いたら、ひたすらスープを飲む。鳥のコラーゲンたっぷりのスープで身体が徐々に熱くなってくる。かなり量が多いので、全部飲み干した時にはちょっとした達成感を味わえた。途中、キムチで味の変化を付けながら食べるのがグッド。

食べる時はニンニクをあまり感じなかったけれど、食べ終わった後はいかにニンニク臭い料理を食べたかを実感したので、フリスクなどのミントは必須です。

夜は、ロイヤルパーク汐留タワー25階の厨 車屋でグループの忘年会。和牛鉄板焼きのコースを頼む。飲み物を含めると一人一万円を越している料理を食べているけれど、自己負担が無いのが嬉しい。新しい部署は何かとリッチな感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月25日 (月)

Goro's Diner

今年もあと一週間ということで、仕事が片付きつつある今日この頃。アメリカはクリスマス休みということで、メールが飛び交わない平和な一日。これは開拓するしかない、ということで6時前に会社を出る。目指すはGoro's Diner。コッテリとした美味しいハンバーガーが食べられるということで、ワクワクしながら銀座線で外苑前へ。

場所は、外苑前駅からベルコモンズの方に歩いていって、ベルコモンズの所を右折。ちょっとした坂道を上っていって、最初の信号を右折。すると、すぐにGoro's Dinerが見えてくる。とても小さなお店でテーブルは4つほど。MAXで10人位しか入れないので、お昼時などの混雑時はちょっと待つかも。カウンター越しにキッチンが見えて、店全体がレトロな雰囲気。こういう雰囲気、好きです。

早速、メニューを見ていると「スペシャルバーガー」が気になる。ベーコン、アボカド、チェダーチーズ、モントレージャック、目玉焼きが入った「全部入り」状態のハンバーガーらしい。決め手はテリヤキBBQソースらしい。値段もスペシャルな1,600円。折角外苑前まで来たのだから、これを頼まない手は無い。

オーダーした後に店内を見回すと、小さく「アメリカンバーガー」「ジャパンバーガー」っていうメニューもあるみたい。特徴が書いていないから、どういうハンバーガーか分からないけれど・・・気になる。

10分位して、スペシャルバーガー登場。うゎっ、また食べにくそうなハンバーガーだなぁ、っていうのが第一の感想。でかいっ!

200612_007

崩れないように「Goro's Diner 56's」って書いてある旗が刺さっている。

200612_009

横から見た図。上に玉子焼きが乗っていて、その下にチーズ、そしてベーコン、アボカド、オニオン、ビープパティ、レタス、トマトが隠れている。バンズがフカフカしているので、結構圧縮できる。それでも、口を最大限あけても一口では食べられそうに無いので、斜めに噛み切っていく。上半分は肉っぽい強い味わいを感じることが出来て、下半分はレタスのシャキシャキ感とトマトのサッパリ感を味わうことが出来る。

食べ進めていくと、ベーコンを発掘してちょっと塩味を感じることが出来たり、食べる部位によって味わいが変化していくこのハンバーガー・・・すごい。個人的には、アッサリとしつつクセになる味わいを持っているBBQソースが絶品だと思う。しかも、ソースが満遍なく掛かっているわけではないので、ある特定の部位を食べた時に感じられるので、「次にいつBBQソースに当たるのか?」っていう感じに楽しみながら食べることが出来る。高さのある佐世保バーガー、って言ったところかな。

今度来る時は、バンズのフカフカ感を確かめるために、普通の、背の低いハンバーガーを頼んでみよう。

帰りは、ちょっと食べ過ぎの感があるので、外苑前から原宿まで歩く。この日はいつにも増してカップルが多かったなぁ・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年12月19日 (火)

ARMS

今日、ボクがブログをつけている事を知っているKさんから、「最近更新頻度が少なくなったね」と言われてしまった・・・ゴメンナサイ。

なんか無性にハンバーガーが食べたくなったので、ケータイで検索してみたら代々木公園の近くに美味しいハンバーガー屋があることを発見。代々木八幡駅から歩いていけそうなので、家に帰る途中で途中下車。小さな入り組んだ道を歩いていけばかなり近道が出来るけれど、土地勘が無いので、無難に大通りに沿って歩いていく。なんか、夜の公園ってちょっと怖いかも・・・。道を間違えたかな、と不安になった頃に目的のハンバーガー屋、ARMSを発見。代々木八幡駅からだと迷いやすいから、代々木公園駅から向かった方が確実かも。

ドアノブを回して入ろうとすると、いきなり犬に吠えられる。どうやら、常連さんが連れてきている犬らしい。気分を入れ替えて、着席。壁のボードに大きく書かれたアボカドマッシュルームチーズバーガー(順番が違うかも)が気になってしょうがない。1,300円だけれど、夜ご飯なので仕方ない、と自分自身を説得。メニューを見たらチェリーコークがあったので、それもオーダー。出てきたチェリーコークはアメリカのスーパーで売っている12オンス缶。なんか感慨深いけれど、これで450円はちょっと・・・ね。

少し待っていると、妙に背の高いハンバーガーが登場。

200612_004

運ばれてきたハンバーガーを見て、ちょっとニヤニヤしてたかも・・・。とても贅沢にトッピングされたハンバーガー。写真を撮るときに間違えてフラッシュを焚いてしまう位に動揺していたかも。

200612_006

横から見た図。上からチェダーチーズ、アボカド、マッシュルーム、パティ、そして下には大量のレタスとダイスされたトマト、タマネギが入っている。備え付けの紙袋に収めて、食べやすいように圧縮する。食べる前から具がはみ出てしまう。顎が外れないくらいに圧縮して、いざガブリと噛み付く。

シャキっとしたレタスの食感に続いて、ビーフパティのジュワっとした肉汁とアボカドのねっとりとした食感が時間差攻撃で襲ってくる。噛み砕いていくと、マッシュルームの弾力のある噛み応えも感じることが出来るので、一口ごとに色々な発見があるハンバーガー。具がこぼれてしまうのは仕方ないので、袋の奥に思いっきりこぼして、最後にフォークを使って全部食べるのが良いかも。

ものすごくFIREHOUSEに似ているなぁ、と思ったら昔FIREHOUSEで店長をしていた方が新たに始めた店だとのこと。メニュー裏の地図にFIREHOUSEの文字があるし、楕円形の白いお皿、高さのあるハンバーガーとポテトの盛り付け、全てがFIREHOUSEと同じだったので、納得。ARMSは比較的家から近いから、通ってみようかな。Popeyeバーガーが気になる・・・(やっぱり、ホウレンソウのハンバーガーなのかなぁ?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月16日 (土)

W47Tインプレッション

昨日購入したW47Tを色々触ってみてるけれど・・・自分がauのケータイに慣れていないこともあって、ファーストインプレッションはちょっと微妙な感じ。

一番の不満点は、やっぱり動作がもっさりしていること。メインに使っているN902iXの動作が速くて快適なのに比べるとかなり遅い感じ。全体的に遅いので、一番のウリである高速通信についてもEZwebに接続するまでに時間が掛かるから、高速通信の恩恵を受けている実感が無い。まだ高速アップロードを試したことが無いから、もしかするとアップロード時には違いを感じられるかもしれない。

で、au初のテレビ電話についても試してみた。N902iXとW47T間で実験。W47Tからコールしてみると、ドコモ側でTV電話と認識されて着信する。ピックアップすると、5秒位してからやっと映像が繋がる。・・・ブロックノイズがかなり醜い。ゾンビみたいになった自分の顔が映っている。ホームページを見ると設備を増強中とのことだけれど、現状だと使うのは厳しいかも。もちろん、電波状態は両方ともアンテナが三本立っている。映像クォリティはまだまだチューニングが必要だなぁ。

結構、東芝のハードに問題があるのかも。auが強いGPS関係のアプリケーションでも、描画がメチャクチャ遅い。3Dナビなんて描画が遅すぎて実際には使えないでしょう・・・。カメラも画素数は多いけれどAFは非搭載だし。せめてソフト面の遅さはファームアップとかで快適にならないかな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月15日 (金)

MNPでW47T

今年の3月に購入した旧ボーダフォン端末。胡散臭い会社に買収されてから、どんどん同社の品格が落ちているような気がする。詐欺っぽい料金プラン、そしてサービスの度重なる改悪、品質の悪いネットワーク。MNPが始まった瞬間に替えたかったけれど、auの方で魅力的な端末が無かったので保留していたけれど、ついに本日Rev.A対応のW47が発売されたので、早速MNPでSBからauに替えてきました。

それにしてもS社はワンクリック詐欺っぽいことをやるためにコンテンツの購入時のパスワードは外したくせに、MNPで転出申し込みをする時はちゃんとパスワード認証を残しているのね。久しぶりに操作したので、パスワードが思い出せなくて候補を入れてみたら、見事に全滅。ロックが掛かってしまったので、仕方なく近くのショップに行ってMNP番号を発行してもらう。退出時のアンケートでの退出理由に「社長が嫌いだから」って入っていないのはナゼ?

退社後、ヨドバシで予約していたW47Tを受け取る。予約番号と、紹介キャンペーンの番号を記入して、1時間ちょっとで完了。MNP予約番号さえ事前に入手しておけば、普通の機種変更と変わらないね。通信速度がダウンロードで3.1Mbps、アップロードで1.8MbpsのEV-DO Rev.A初対応の端末なので、さぞかし厚いのかと思ったら、意外とスリムなボディ。同じ東芝製でも、デクの棒のような旧VF端末とは全然違うね。

200612

ドコモのHSDPAモデルとauのRev.A端末。これから色々と使い比べてみます。S社のHSDPAってMAXが1.8Mbpsなんだね・・・。あ、その前に電波が入らないか。笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月12日 (火)

佐世保バーガー

かなり久しぶりのハンバーガーネタ。仕事で三鷹に用事があったので、用を済ませてから事務所に戻る途中、中野で途中下車してZats Burger Cafeへ。実は自分自身、佐世保バーガーを食べたことが無いので、ちょっとドキドキワクワク。店の入り口付近にあるカウンターでオーダー。もちろん、佐世保バーガーのジャンボサイズ(1,260円)をオーダ。どうも、専用のビーフパティが切れているらしく、普通のパティを二枚使って造ってくれる模様。この時に気づいておけば良かったんだけれど、ハンバーガー自身で値段が4桁オーバー。それなのに、フライドポテトが美味しそうだったので、それもオーダー。ドリンクも付けたら、全部で1,930円に・・・。

店内はこじんまりとしているけれど、天気が悪いせいか、全然混んでいなかった。席に着いて佐世保バーガーが運ばれてくるのを待つ。少しして、運ばれてきましたよ、ヤツが。

200612_003

写真だとよく分からないけれど、直径20センチ近くあります、これ。 ポテトは皮付きので、イメージとしてはケンタッキーなどで出されている「ジャガイモ感」たっぷりのフライドポテト。自家製のマヨネーズの酸味が絶妙!フライドポテトには必ず一つソース(ケチャップORマヨネーズ)が付いてきて、+30円で両方をオーダすることが可能。

200612_001

横から見てみると、レタスにベーコン、チーズに玉子焼き、そして一番下にビーフパティがギッシリと詰まっている。店員さんは「潰して食べてください」って言っていたけれど、そのサイズ及び具の詰まり具合から、今まで食べたハンバーガーの中で1,2位を争う食べにくさ。濃厚な味わいがガツンガツンと舌にそしてお腹に響く。具沢山なので、ビーフパティそのものを感じることは無かったけれど、とてつもなく巨大な肉の塊を食べている気分になった。かなり覚悟を持ってオーダすべきハンバーガーだと認識しました。ビッグサイズのハンガーガーを大量に食べたくなる禁断症状が出た時に、またお世話になると思います。

恐るべし、佐世保バーガー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

MODAPOLITICA

今日は中学の時の先生が結婚記念パーティを開催する、ということで表参道へ。場所はMODAPOLITICA。JR原宿の駅からずっと歩いたら結構遠かった。表参道ヒルズ付近の混み具合は相変わらず酷い。何度か表参道ヒルズの前を通ることがあるけれど、実際には一回も中に入ったこと無いんだよね。受付開始15分くらい前に現地に着いたら人気が無かったので、ちょっと手前のスターバックス近辺まで引き返す。それにしても、随分風が冷たくなったなぁ・・・。

200612101520000

友人と合流して、いざ中へ。学校の先生、ということなので参加者の年齢層が広い。過去の写真の中で、某K先生が居たような気がするのは気のせいかな?

それにしても、先生が23位の時に自分たちのようなガキんちょを教えていたんだ、ってことを考えるとちょっと怖い。教員じゃないけれど、今の自分が中学生を教えるなんて怖くてできません。なんか、くだらないことでいつも怒られていたような・・・。そして、今でも同じ路線で生徒に接しているってことがなんか感慨深いなんて。

お幸せに~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

SWANS GUEST-PDH

12月になったということで、そろそろ雪山のシーズン(のはず)。アクセサリーをウィンドウショッピングするために新宿のVICTORIAへ。

昨シーズンまでは裸眼でもなんとか大丈夫だったけれど、今年はどんどん目が悪くなっている関係で裸眼のままで滑れるかが非常に不安。そのため、メガネ着用可能なモデルにゴーグルをアップグレードすることに。メガネを止めてコンタクトにしろ、っていう話もあるんだろうけれど、怖いのでコンタクトレンズは今のところパス。

流石にメガネ装着可能なモデルは少ない。今使っているメガネとのフィット感を試した結果、SWANSのGUEST-PDH(529)を購入。上位モデルには、曇り止めのためにファンが付いていたけれど効果が良く分からないからパス(値段も倍近くするし)。「自動的に温度を感知してファンが作動」という説明書きにちょっとグラっときたけれど、なんとか我慢。

ボード自身もアップグレードしたいけれど、ボード+ビンディングのセットで10万円近く掛かってしまうから様子見。支給されるボーナスの額を見てからサイフと相談します。少し前まで欲しかったPS3も段々と魅力が無くなってきたので(欲しいソフト無いし)、その資金を・・・なんて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 1日 (金)

つばめグリル

今日は銀座コアのつばめグリルへ。銀座コア店ということで、客層が高い+セレブっぽい。早かったのでお客さんも少なかったこともあって、静かで落ち着ける雰囲気。牡蠣も捨てがたかったけれど、つばめ風ハンブルグステーキ(1260円)をオーダー。

まずはトマト丸ごと一個使ったファルシーサラダが特徴的。少しすると、アルミホイルに包まれたハンバーグステーキが登場。ベークドポテトが添えられている。

200611_008

アルミホイルの端の折り目を剥そうとしていると、店員さんから「ナイフとフォークで切ってください」とダメ出しを受ける。その発想が無かった自分がちょっと痛い。

200611_009

言われたとおりアルミを切ると、中からビーフシチュー風味のソースがハンバーグと一体化したハンバーグが登場。このアルミホイルを切る作業がちょっと楽しかったり。

ベークドポテトは程良い塩味だったけれど、もう少しバターが欲しかったかも。メインのハンバーグはビーフシチューの味が染み込んだちょっと濃い目の味付け。豚の角煮みたいのが添えられていたけれど、なんだったんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »