« 常識力 | トップページ | GINZA WINE HOUSE 1984 »

2006年11月14日 (火)

新生 匠味

お昼はいつもは銀座方面に歩いていくけれど、今日は何故か無性にハンバーガーが食べたくなって新橋二丁目方面のモスバーガーへ。すると、どうも匠味がリニューアルしたらしい。迷うことなく、匠味チーズをオーダー。山葵が100円で追加できるので、サラダセットに加えて山葵も一緒にオーダーして、全部で1060円。

今までの匠味は、専用のテーブルシートが運ばれてきたりして妙な「高級感」を味わうことが出来たけれど、新生匠味はそういった演出はないっぽい。純粋にバーガーの味で勝負、ってことなのかな。

200611_004

小さめのお皿に乗せられて登場。醤油ソースとデミグラスソースの二種類のソースと一緒に食べるのが正しい食べ方の模様。100円で追加した山葵は・・・ものすごく少量。これで100円はちょっとコストパフォーマンス悪いなぁ。ホームページでも「ブレッド」と呼んでいるだけあって、バンズというよりかは食パンっぽい形のバンズが特徴的。

200611_005

チーズでビーフパティが見えない。まずは、そのまま一口。前回の匠味はどちらかというとパティがパサパサ気味だったけれど、今回のパティはちょっとバンズを掴むと中から肉汁が溢れて来るくらいジューシー。醤油ソースを掛けてみると、意外に甘いソースだったのでびっくり。デミグラスソースはその名の通りデミグラスソース。交互にソースを付けながら食べていくと、ソースを全部消費する前にハンバーガーが消えてしまう感じ。山葵は匠味アボカド山葵の時と同じく、辛さは控えめで甘みが感じられる非常に食べやすい山葵。醤油ソースとの相性が良かったかな。

前回の匠味がボリューム感を全面的に出していたのに比べて、新生匠味はサイズは小ぶりになったけれど、その分素材(特にビーフパティ)が強化された感じ。限定ではなくて、全時間帯で販売しているのもポイント高いかも。アボカド山葵は復活しないのかなぁ?

|

« 常識力 | トップページ | GINZA WINE HOUSE 1984 »

02. チーズ系ハンバーガー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105143/12689737

この記事へのトラックバック一覧です: 新生 匠味:

« 常識力 | トップページ | GINZA WINE HOUSE 1984 »