« 多摩川へ | トップページ | 玉ねぎと豚肉炒め »

2006年10月 9日 (月)

鶏肉のカシューナッツ炒め

さて、調子に乗って今日もクッキング。また地元の大きめのスーパーに行って具材を買う。今回は最初から鶏肉のカシューナッツ炒めを作ることを決めていたから、比較的具材集めには苦労しなかった。

200610_008

ざっと、2200円。野菜は今回で全部使い切るわけじゃないけれど、ちょっと奮発しすぎたかな。鶏肉200グラムで500円が一番高い。

上記の具材を、ネットで簡単に検索した手順で作り上げていく。ただ、そのまま真似ても面白くないから、調味料の量は自分の感覚で(計量しない)。混ぜていく過程で味見をして美味しかった時は嬉しいね。醤油と日本酒(白岳仙)とサラダ油、片栗粉をミックスしたものにブロック状に切った鶏肉を漬けておく。また、別のボウルに醤油と白岳仙、砂糖と豆板醤、それに水を加えたものを準備しておく。全ては目分量+味見。

そして、香ばしさを出すために玉ねぎをみじん切りにしたあと、じっくりと炒める。もちろん、ニンニクは忘れずに。玉ねぎを炒め終わった後は、別のボウルに移した後、野菜を炒め始める。使った油は胡麻油。

200610_009

少し炒めたら、鶏肉を投入。鶏肉に火が通り始めたら、別のボウルに入れておいた調味料ミックスを投入。水分が多くなるけれど、煮詰めるような感じでガンガン炒める。水分が少なくなってきたら玉ねぎ+にんにく+カシューナッツの炒め物をトッピングして、少しかき混ぜた後、完成!

200610_010

うーん、ちょっと色合い的に野菜が肉に負けているような気がするけれど、まぁいいでしょう。食べてみると、初回にしてはなかなかの美味。やっぱり、途中でタレの味見をしていたから予想していた味になったのかも。ただ、ちょっと日本酒の匂いが強かったかも。半分今晩のおかずとして消費して、残りを明日の弁当として会社に持って行きます。

使った具材:

鶏肉:200グラム

カシューナッツ:適量

玉ねぎ:半個

長ねぎ:半個

ピーマン:各一個(緑・赤)

にんにく:1/4個

舞茸:一株

醤油、白岳仙、砂糖、片栗粉、豆板醤、水:適量

(ニンジンと生姜は本料理では使わず。ニンジンは野菜スティックと化した)

かなりザックリとしているのは「漢の料理」ってことで許してください。

|

« 多摩川へ | トップページ | 玉ねぎと豚肉炒め »

42. クッキング系」カテゴリの記事

コメント

スゲェエ!! 一人暮らし3年目のくせに1度も自炊したことのない自分としては隔世の感です.

投稿: mas | 2006年10月10日 (火) 21:06

「漢」ときたか・・・もしや対抗か!?
パチ○コのやりすぎってことはないだろうが・・・

ヒサビサに北斗の拳を読みたくなってきた。
っつーか、俺のも頼む。

投稿: あれ? | 2006年10月10日 (火) 21:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105143/12216772

この記事へのトラックバック一覧です: 鶏肉のカシューナッツ炒め:

« 多摩川へ | トップページ | 玉ねぎと豚肉炒め »