« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006年8月31日 (木)

N902iX

ついに本日、日本初のHSDPA端末であるN902iXが発売されたので、昼休みを利用して買ってきました。白は傷が目立ちそうなので、シルバーを選択。

200608_027_1

今まで使っていたN901iSと並べてみて。HSDPA端末ということでかなりの大きさを覚悟していたけれど、実際にはほとんど変わらない。基本的にはNシリーズのケータイなので、基本的なインターフェースは一緒。ニューロポインタもそのままなので、以前からNユーザだった自分にとってはすぐに馴染めた。

で、HSDPAの通信速度。最大3.6Mbpsを謳っているので、ソフトウェアのもっさり感は改善されたと予想していたけれど、見事にN901iSに比べてサクサク動く。ものすごく快適。コウスピードでデータをダウンロードしても、表示にモタモタしていたら意味がないからね。端末がボトルネックだったらこの機種の存在意義ないし。jigブラウザも今までに比べて段違いの速さになったので、ブラウジングが非常にラクに。

つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月30日 (水)

SBの愚行

様々なケータイ情報サイトで話題になっているボーダフォンの新しい料金縛りサービス。どうやら、またハッピーボーナスが改悪される模様。少し前にハッピーボーナスが改悪された時にユーザの信頼を失ったのに、全然懲りていないんだね。

主な骨子は「端末インセンティブ廃止」、「2年縛り」。つまり、今までの端末インセンティブがなくなるため、1円ケータイは無くなり、ほぼ定価(6万円程度)で販売され、それを分割ローンで払うようなイメージ。機種をローンで買う扱いなので、故障したり機種変する場合は残月数に応じた違約金が発生することになる。新規機種を買ってすぐに壊してしまった場合、端末価格+違約金のダブルパンチを喰らう事に。恐ろしくて学生は加入しないだろうね。

「分かりにくい」というユーザのクレームを受けて、ドコモ・KDDIは分かりやすい料金プランに移行しているのに、ソフトバンクはその流れに逆行して消費者にとってわかりにくい料金プランを提供するとは。きっと、Yahoo!BBの時と同じで、直近の安さでユーザを釣って罠にはめるつもりなんだろう。やることがエグいな、ソフトバンク。

大体、今の3大キャリアの内、3G加入者が一番低い(400万加入程度)ボーダフォンが一番既存ユーザの3G移行に力を入れなければいけないのに、機種変更を制限する施策を打つとは。そんなに2GのPDC資源を使い続けたいのかな?今は旬な905SHも2年後は古臭い電池も持たないワンセグ端末に成り下がっているだろうし、途中、新しいサービスが導入されて、「使いたい!」と思っても、罰金を払わないと機種変して使えないこのバカなシステム。

あ、もしかして今後ボーダフォンからは新サービスは当分の間(2年間)は提供されないとか??笑

今ボーダフォンを使っている人はMNPを機会に他のキャリアに移行することを勧めます。やっぱりソフトバンクは信用できない。LOVE定額なんかに騙されてはいけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カリカル

今日は曇りの天気予報だったのに、事務所を出て歩いていると、ポツポツと雨が降ってきた。傘も持っていなかったので、すぐに地下街に避難。銀座線の新橋駅近くまで来てしまったので、久しぶりにウィング新橋で食べることに。ちょっと微妙な時間帯だったので、どの店も満席の模様。

そのなかで、Curry Maker カリカルのカウンター席が若干開いていることが確認できたので、いざ入店。頼んだのは、この店の看板メニュー、インドカレー(890円)。フルーツ付き。

テーブルに張ってある「カレーの効用」の紙がちょっとツボに入った。日本語では、「カレーは薬膳食です。身体の末端組織迄刺激を与え活力を生む極めて消化の良い食べ物です」と書いてあるのに、それの英語訳が「"The Curry Rice" One of the most lovely foods in Japan」となっている。全然訳されていない上に、lovely foodsって一体?でも、この店はどうやら1958年創業なので、デリー並みの歴史を持っているんだよね・・・。

200608_026

お皿にペタっと押し付けられたライスとサラサラのカレー。具はチキンなので、厳密にはインドチキンカレーってことになるんだろう。なぜこのカレーが「インドカレー」と命名されているかは正直よく分からない。でも、サラサラでスパイスが効いているからインドカレー、ってことなんだろう。ってことは、他のカレーはドロっとしているのかな?

辛い、非常に辛い。店で調合されたパンチ力満点のスパイスが容赦なく舌を襲ってくる。それまでほとんど汗をかいていなかったのに、一気に汗が滝のように流れてくる。ライスの上にカレーを掛けて、ご飯粒を分離させながら食べる。890円と若干安めの価格設定ながら、ボリューム的には丁度良いくらい。

食べ終わっても、結構長い間カレーの辛さが口の中で余韻を残していた。これは好みだろうけれど、個人的には辛くても食べ終わったら口の中がスッとクリアになる方が好きだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月29日 (火)

へきそば処 大剛

なんとなく、今日は蕎麦が食べたくなったので、蕎麦屋を探しに銀座を彷徨う。BARNEY'Sの近くに「へきそば処 大剛」という店を発見したので、何も考えずにそこに。地下一階の店だけれど、かろうじて携帯電話の電波が入る。花ランチ(900円)をオーダー。

200608_025

天丼と蕎麦のセット。天丼はたまねぎを使った掻き揚げが美味しかった。蕎麦はツルツルでコシが強め。全体的にボリュームが多くて、しかも値段は良心的。ちょっと場所が悪いけれど、非常にコストパフォーマンスが良いお店でした。

焼酎「天使の誘惑」が大量にキープされているのが印象的だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月28日 (月)

築地市場場内 仲家

最近はずいぶんと涼しくなってきた。このまま一気に秋に突入して欲しいものだけれど、どうも梅雨明けが遅い年は残暑が厳しいらしい。ジャケットを再び着る日々はまだ遠いようです。

今日は築地市場に久しぶりに行くことにする。相変わらずお気に入りの鮨文は長蛇の列。その同じ列にある仲家に今日は入る。店の前には丼モノを紹介した写真が並べてある。たくさんありすぎて迷う。実は、自分が食べたい丼を正確に覚えていなくて、適当にオーダーしました、はい。1450円。

200608_024

手前からサーモン、マグロの中落ち、帆立、いくら、カニ、タマゴ。キュウリの上には大根おろしと山葵が乗っかっていて、大根おろしごと醤油で溶いて食べる。みずみずしい刺身が口の中でまったりと溶けていく。ああ、ウニ丼が食べたかったなぁ、とこの丼を食べながら思う。スイマセン。やっぱり新鮮な魚介類は美味しい!

築地市場のお昼の価格設定はちょっと高めだと思うけれど、提供される品のクオリティを考えると、逆に非常にオトクなお昼なんじゃないかな、と思ったり。天気が良くて涼し目の日にまた築地に来よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月27日 (日)

FF3 ジョブ構成

今日はボサボサになった髪を切った。前回から違う美容室に行っているけれど、なかなかいい感じ。まだまだ暑い日が続くだろうから、結構短めに透いてもらった。どこの美容室も自分のクセ毛には対処に困っているようで。

その帰りに自転車のタイヤの空気を入れるのと、前輪のブレーキの効き具合を緩和してもらった。今までのセッティングだと、少しでも握ると急ブレーキ気味に止まって危険この上なかったので、後輪と同じ効き具合のセッティングに。店員さん曰く、夏場は最低でも一ヶ月に一回は空気を入れないとダメらしい。空気を入れてもらった後は、少ない力でどんどん進んでくれるのでラク~。

FF3は15時間ちょっとで土のクリスタルまで到達。これでたまねぎ剣士以外の全てのジョブへジョブチェンジできることに。あれ、FC版はエウレカに行かないと賢者と忍者は手に入らなかったはず・・・。まぁいっか。

うーん、ジョブ構成に悩む。

今までカルーダ戦以外は赤ナモ白(途中、ナイトが使える時点で戦士⇒ナイトに。カルーダ戦限定で赤竜竜白)で進めてきたけれど、賢賢忍忍ではあまりにも芸がなさ過ぎる。それに、DS版だと賢者は合体召還魔法が使えない(合体召還魔法が使えるのは魔界幻士のみ。賢者は白黒召還魔法)。また、モンク⇒空手家にするのは上位互換だからいいとして、今のナイトの扱いに困る。

いろいろ考えた結果、「赤魔導師⇒賢者」「ナイト⇒忍者」「モンク⇒空手家」「白魔導師⇒導師」に。今回は合体召還魔法は使わない方向で。

それにしても、レフィアの導師と賢者のグラフィックはちょっと狙いすぎな気がする。導師は(元々)ネコ耳だし、賢者だとナースにしか見えない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月26日 (土)

チリチーズバーガー

今日は久しぶりにFIREHOUSEへ。メニュー制覇したい自分としては、まだ頼んだことの無いチリチーズバーガーを頼む。1150円。この店はどの時間帯に行ってもタイミングが悪いと満席で入れないことがあるので、行くときには時間に余裕を持って向かった方がベター。

200608_023

10分位して来ました、チリチーズバーガー。大きなビーンズがとても存在感を出している。チーズがこのビーンズがバラバラになるのを防ぐ役割をしている。備え付けの紙袋にスライドさせるようにハンバーガーを格納して、いざガブリと。

懐かしきアメリカのチリビーンズの味そのもの。ビーンズは見た目も大きいけれど、食感もフワフワっとしていて「ああ、これぞチリビーンズ!」と唸ってしまう。相変わらずクオリティの高いバンズとビープパティは今日も文句なしに美味しい。ちょっとだけホットなチリソースをハーブの香り高いアイスティーが中和してくれるこの充実感。チーズはあまり目立たないけれど、影でいい働きしてます。ペロっと完食。

さて、これを食べてしまうと残るはアップルバーガーやベジーバーガーになってしまう。他のハンバーガーが絶品なので大丈夫だとは思うけれど、なんとなくアップルバーガーにはちょっと抵抗感が・・・。次回はアップルバーガーを食します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月24日 (木)

FF3 DS

今日はニンテンドーDSのFF3の発売日。自分も6時前には事務所を出て、新宿西口のヨドバシカメラで購入。FF12はAmazonで買ったけれど、今回は貯めたポイントで買いたかったので、店内をグルリと周る列に参加。発売日に並んで買う、っていう行為がちょっと楽しかったり。時間帯のせいか、買っている人のほとんどがスーツ姿の20~30代の人たち。

いざ購入後、家に帰って軽くご飯を食べてから、じっくりとプレー。デモのムービーに見入ってしまう。まぁ、オフィシャルサイト等で流れているので、映像自体には新鮮味がないけれど、DSの2画面を駆使して流れる映像とアレンジ版の悠久の風にシビれる。スイマセン、最初はどうしても早くプレーしたかったので、途中で飛ばしてしまいました。

さて、オープニングはFC版と同じく、いきなり洞窟で落下するところからスタート。音楽もFC版の雰囲気を残したアレンジ版。ただ、FCと違うのは最初から4人揃っている状態ではなく、一人だけだということ。なので、最初のボスも一人で戦うし、勝利してもすぐにジョブチェンジすることができない。まぁ、ジンの洞窟までには全員揃うんだけれど。ジンを倒して初めてジョブチェンジすることができる。

自分自身が赤魔導師みたいな人間(中途半端)なので、主人公は赤魔導師で。ちょっと気の弱そうな男は敢えて戦士で。唯一の女キャラは当然白魔導師。最後のサラ姫のお気に入りの兵士はモンクで。いわゆる戦モ赤白のパーティ。バランスが悪いのは分かっているけれど、火のクリスタルまではこのパーティで通します。

さて、肝心のゲームの感触だけれど、ちょっと処理落ちっていうか、読み込みが遅いような気がする。もう一テンポ画面切り替えが早かったらよかったのに。勝利後のレベル及びアビリティアップはボタン連打でスルーできる仕様であって欲しかった。FC版は読めないくらいのスピードで飛ばすことができたはず。タッチスクリーンを使って操作することもできるけれど、結局はボタン操作の方がラクなので、スタイラスは使わずにプレー。

驚いたのは、NPCキャラがランダムで戦闘に加勢してくること。デッシュのサンダラにどれだけ助けられたか・・・。

ゲームバランスについてはFC版がどうだったかよく覚えていないけれど、経験値稼ぎをしないで先に進めると敵の強さが段違いだったりするので、そこはFC版に忠実なのかも。いきなりジンの洞窟に行ったら、HPが50位しかないのに、ザコ敵の通常攻撃で50前後のダメージを喰らって一気に全滅したり。ただ、炎の杖(ファイラ)が強力すぎて、ボス戦も杖に頼りっぱなし。魔法はLV毎の回数制限制だから、魔法攻撃系にはプレミアムが付いているのかも。普通の物理攻撃よりも遥かに高いダメージを魔法で与えられるから、序盤は魔導師系が活躍しそう。まぁ、中盤以降は均一化していくんだろうけれど。とりあえず杖は三種類購入して誰でも使えるようにアイテム欄に入れてあるけれど。

エンタープライズ号を入手したところで今日はおしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

牛庵

うーん、医者からもらった薬は飲んでるし、ビタミン剤系のサプリも飲んでいるけれど、思ったより風邪が治らない。声を出すのにもちょっと苦労する。

そういえば昨晩、小学校時代の友人のM氏が結婚したことを知る。昔はよく「対立」していて、何かと周りに迷惑を掛けていたような気がするけれど、月日が経つと皆大人になっていくんだねぇ、と実感。今でも激昂した自分がM氏の筆記用具を入れるカンペンケースを破壊したのを覚えてます。まぁ、時効ってことで。小学校卒業の寄せ書きを見ると、「来年も対立しよう」とか書いてあるし・・・。お互い若かったですな。

結婚おめでとう、そして自分は「男は30から」という言葉を信じてみたいと思います。

さて、今日は先週のお盆休みで閉まっていた牛庵へ。目当てはこの店のハンバーグ。開いていることを確認としてホッとするも、地下一階の扉を開けると思いもしなかった光景が。このお店の内装を表現するなら「昔ながらの田舎の家」という感じ。店員さんもほとんどがちょっと年が上のおばちゃん。全体的に温もりを感じられるけれど、それよりも気になったのは玄関の部分に大量の脱いだ靴の山。ランチ時になると、靴入れに入れるヒマがないのか、皆靴を脱ぎっぱなしで席についている模様。相席は当然。でも、四人席のテーブルに3グループ(人)が座るとなんか気まずい・・・。掘りごたつだから、微妙にお互いの足が当たるし。

目当てのハンバーグは売切れてしまったらしく、仕方なく「サービスステーキ」980円を頼む。地下にある店なので、ケータイも使えないので料理が運ばれてくるまでの時間がすごく長く感じた。

200608_022

何気なくいつも通りカメラを取り出して撮影。しかし、店内がかなり暗めなので珍しく撮影に失敗。急遽、高感度モード(ISO1000)に変更して撮影。なんとか写真に収めることができた。流石に、この状況でフラッシュを焚くわけには・・・。中央に乗っかっているのがにんにくバター。付け合せはごく一般的なステーキ定食と同じ感じ。

少し醤油を垂らして食べる。焼き加減はミディアムレアで、「サービス」と書いてある割には肉が柔らかく、また上に乗っかっているにんにくバターがそれほど強烈なニンニク臭を出していないので、ランチメニューとしてはいいかも。ただ、目的としていたのが和風ハンバーグだったので、それが食べられなかったのは残念。隣に座っていた人が和風鉄板すき焼きを頼んでいたけれど、飛び跳ねる肉汁を防御するのはテーブルナプキン一枚とはちょっと心細い。あまりキレイな格好で行くと服が汚れそうなので、ご注意を。しかし、メニューを見る限り、夜になると一転してかなりの高級店になるから不思議。果たして、昼の姿は偽りなのか・・・夜の真の姿を確かめたいな。

前に会計を済ましたグループの男性が、一緒に食べてた女性の靴を靴の山の中から拾って、足元に丁寧に並べていた様を見て、「やるべき気遣いなんだけれど、男として見ていて非常に格好悪い」な、と実感。なんなんだろう、きっと「靴の山から拾ってくる」部分はOKなんだけれど、「足元に丁寧に並べて」いる部分が”やりすぎ”なのかもしれない。なんかヘンな所で哀愁を感じてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月22日 (火)

酷いドラマ

今日は久しぶり(?)の出社。やっぱり、一本電車を早めるだけでずいぶん混雑具合が違うっぽい。iPodでの音楽は当然カリート。相変わらず体はダルくて喉が痛いけれど、もらった薬とカリートのパワーでなんとか凌ごう・・・。

それにしても、帰ってきてから何気なく観た日テレのドラマが酷すぎる。内容については敢えて踏み込まないけれど、戦争を題材にしているシリアスなドラマのつもりなんだろうけれど、狙っているギャグドラマにしか見えない。こんなチープなドラマが終戦記念ドラマと銘打たれて放送されているこの現実がちょっと怖い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月21日 (月)

メキシカン・ヒーロー カリート

ああ、熱が下がらないし体中がダルい。夏風邪はぶり返すと非常にツラいので気をつけましょう。ビタミン剤とか欠かさずに飲んでいたんだけれどなぁ・・・。

ちなみに、本日で40,000hit達成です。ご覧頂いている皆様に感謝です。

さて、最近気になっているアーティストのカリートHPを観てみれば分かるけれど、非常に怪しい風貌でメキシカン訛りの英語の歌を歌うこのオジサマ。テキサス系メキシコ人っていう設定が怪しすぎる。全体的に音楽がノリノリ+歌詞がバカバカしいのが楽しい。自分の名前である「カリート」を連発して歌が成り立っている一曲目の「Go! Go! カリート」でしっかりと心を掴まれる。女性ボーカルがしっかりしているからカリートがバカやっても曲として成り立っている。ジャケット写真を最初観たときはスペイン語の歌詞なのかとちょっと不安だったけれど、ほとんどが英語の歌詞。

全体的に、陽気に振舞っているカリートだけれど、歌詞やちょっとした小芝居でカリートが女性の尻に敷かれている感じが伝わってきて楽しい。「エル・カミーノ」でエルカミーノに乗ってはしゃぎ過ぎのカリート、「アイ・ライク・イット」では女性なら何でも良いカリート。ノリが良いのに加えて、歌詞も注目していると色々笑えることを歌っているので一粒で二度美味しい。

カリート!カリート!カリカリットー!!

フィエスター!!フィエスター!!

オススメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月20日 (日)

夏バテ中・・・

金曜日から急に発熱し始めて、週末もほとんど寝て過ごしました。土曜日の深夜は、急に体がオーバーヒートし始めて、ちょっとヤバいんじゃない、っていう状態に。すぐに頭に冷えピタを貼っておいたけれど、あの急激な発熱は一体・・・?ちょっと怖くなった。

結局、土日共に熱があったので、ジムには行けず。せっかくイイ感じで超回復サイクルで通っていたのに・・・。また水曜日か木曜日に会社帰りに行けるように体調を戻さないと。ボサボサになっている髪も切りたかったけれど、切れず。病気すると一気に予定が狂うから嫌だ・・・。

外出できなかったので、高校野球の決勝戦を観たけれど、かなり面白かった。数日前のニュースで視聴率が巨人戦よりも良い、って書かれていたけれど、納得。ってか、早実っていつの間にかに共学になっていたんだ。自分が高校受験したときは男子校だったハズ。最初は系列高校からチアリーダーを調達したのかと思ったけれど、自前なのね。

再試合になったことで斎藤・田中両投手が可哀想。どうせ明日も完投させられるんだろうし、今後の投手生命がちょっと心配。来年からの早慶戦は勝てる気がしない。

いろいろ書きたいけれど、今日はこの辺で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月17日 (木)

GOSSIPS

日々閲覧しているIT Mediaにこんな記事が。なんか、自分の事を言い当てられているような気がして怖い。

---引用---

携帯2つにiPod、ランチはスシかオーガニックサラダ、運動も欠かさないのがロンドンビジネスパーソンのトレンド――人材派遣の英Office Angelsがこんな調査結果を発表、彼らを「GOSSIPS(Gadget Obsessed, Status Symbol Infatuated Professionals)」と名づけた。ガジェット好きでステータスシンボル信奉のビジネスピープル、といったところ。

---引用終わり---

ハイ、iPod nanoを所持してます。(最近、ケースとイアホンを新調)

ハイ、ケータイをは二台(仕事用とプライベート用)持っています。

ハイ、ランチは事務所では食べませんが、こだわっています。

ハイ、職場の無料の飲み物は飲まずにスタバのコーヒーを飲んでいます。

ハイ、最近ですが運動欲に目覚めています。

なんか、凄く当てはまるんですけれど・・・。自分はイギリス人ではないですが。それにしても、「GOSSIP」のGadget Obsessed, Status Symbol Infatuated Professionalsっていう言葉の響きが限りなくネガティブなのがちょっと気になるところ。これって褒められているのではなくて、貶されている???出世意欲は強いけれど、今の部署での出世意欲は無いなぁ・・・。

ってことで(?)今日は銀座コリドーで最近できたばかりのイタリアン、Capra Ciccioに行く。比較的空いていて、すぐに座ることが出来た。ランチセット980円を頼む。メインディッシュを選ぶことが出来るので、マルゲリータを頼む。冷えたミネラルウォーターが入っている一升瓶くらいの大きさの瓶が各テーブルに運ばれてくるので、料理が運ばれてくるまでそればっかり飲んでいた。セット内容はサラダとパン、メインディッシュ一、ドリンクとデザート一品。

200608_021

直径が30センチ位ある大き目のピッツア。ただ、イタリアンクラストなので、生地が薄くてパリッとしているので、意外と簡単に食べられてしまう。ちょっと個人的には生地の焼き加減が硬すぎるような気がしたけれど、量的には丁度いい位。ちょっと酸味掛かっていたトマトソースが印象的。もう少しトッピングを豪華にして欲しかったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月16日 (水)

銀座 みやちく

今日もノープランで銀座ランチ。通りかかった店の半分くらいは閉まっていたので、本当に選択肢が狭い。そのなかで、銀座のBARNEYS NEW YORK近くにあるみやちくというお店のランチメニューが気になる。1,500円のハンバーグ定食が気になったので、エレベーターで3階へ。

三階の扉が開くと、いかにも敷居の高そうな高級店の雰囲気がプンプンと。ウェイターから、「すぐに出来るのはポークステーキかビーフステーキ定食です」と先制攻撃を受ける。ハンバーグ定食はもう選択肢にすら無いようで。とっさの判断で「ビーフステーキで」と答えてしまったけれど、正直メニューを見ないで選んでしまったので、値段が幾らするのかも分からないでオーダーしてしまった。表で確認したのは1,500円のハンバーグ定食だけだからなぁ。どうやら、このお店は大相撲で優勝した力士に宮崎牛を一頭進呈しているらしく、その贈呈式の写真が受付に飾られていた。

200608_018

メニューの構成を知らなかったけれど、いきなり別皿で前菜が運ばれてくる。この時点で、更に値段に対する不安感が増大した。宮崎県産ちりめんじゃことえびせんのエスニックソルト。注文時にお水をもらったけれど、これがいかにお酒をロックで飲むときに使うためのグラス及び透明でキレイな氷が使われてきて、更にビビる。前菜は前菜らしく、とても大人しめ。キャビアのプチプチ感が堪らない!

200608_019

最初にこれがメインのステーキセットの全貌。ご飯と、じゃこの入ったお味噌汁。そして、右上に宮崎牛のステーキが。

200608_020

左半分が菜サラダ、そして宮崎牛のサイコロ型になったステーキ。右上にニンニクをスライスして揚げたもの、右下に塩が盛られている。メインの宮崎牛の焼き加減はミディアムレア。一度側面を焼いたものをカットして提供されているので、箸でつまむと焼けていない面から肉汁が落ちそうになる。そのまま食べると肉本来の甘さを実感できて、ニンニクと一緒に食べるとニンニクの香ばしさで肉が引き立つ。塩はもう少しまろやかな味わいかと思ったら、意外と塩気の強い塩。ガツンとした味わいになる。もちろん、提供される山葵醤油や柚子胡椒で食べるとそれぞれ違った味わいになるのが楽しい。肉は、その肉汁を放出しながら、確かな歯応えと共に消えていってしまう。メインの肉を食べている時は値段のことは忘れていた。

その後、食後の紅茶ORコーヒーが選べる。アイスコーヒーを注文。ガムシロップも運ばれてきたけれど、もちろんストレートで飲む。心の準備をして、いざお会計へ。

5000円札を財布の中でキープしつつ、「もしこれ以上だったらどうしよう」という不安感を抱きつつレジに表示される数字を待つ。ウェイターさんが「ステーキセット、2,300円です」と言われると、安堵というか、ちょっと呆気ない気分に包まれる。3000円くらいすると思っていたので。もちろん、2,300円といえばかなりの高額ランチになるんだけれど、この内容で2,300円ならまた来てもいいかな、という気分になった。いやー、美味しかった。

帰りはスポーツクラブで2時間ほど汗を流した後、友人宅を訪問。最近、第一子が生まれたので、薬局で紙おむつ(パンパース)のお徳パッケージを買う。紙おむつなんて今まで一度も買ったことが無かったから、それを手に提げている自分にすごく違和感を感じた。1800円位したけれど、これが高いのか安いのか、全然見当が付かない。まぁ、自分の子供用じゃないんですが。

初めて友達の赤ちゃんを抱いたけれど、なんとも言えない不思議な気分だった。運良く機嫌がよかったらしく、色々な表情を見せてくれた。ああ、将来的には子供が欲しいけれど、まずは生んでくれる人を探さないとなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月15日 (火)

登亭 銀座八丁目店

雑誌、TARZANの特集がまた自分にとってタイムリーな話題。食事制限だけでなく、体の新陳代謝を良くするにはカロリーを抑えつつ、ビタミンやミネラルを効率よく摂取するのが重要だということを認識した。

今日は急に鰻が食べたくなったので、銀座八丁目のコリドー近くの「登亭」に行く。丁度カウンター席が開いていたので、滑り込みセーフ。ランチセット1,100円をオーダー。この店そのものが魅力的で繁盛しているのか、または周りのお店がお盆休みで客が流れてきているのか分からないけれど、なかなかの回転率。

200608_017

大きめな丼にたっぷりのご飯と鰻が登場。この量で1,100円はお徳かも。鰻はとても柔らかくて、薄めの味付け。山椒を振り掛けると以外にピリリとちょっと舌が痺れる感じ。ご飯の量が大盛りなので、全部食べるのに苦労した(出されたものは基本的に全部食べないと・・・)。柔らかくてDHAが豊富そうな鰻は美味しいんだけれど、個人的にはもう少し焼きが入った鰻のほうが好みかな。

とてもコストパフォーマンスの高いお店だったけれど、大繁盛していて店員さんがバタバタしていたせいか、接客レベルは低め。なかなかお茶を持ってこないし、支払いにレジに向かっても誰も来なかったり。もう少し空いているときに来たらマシになっていることを願う。

事務所に戻る帰りに薬局でサプリを購入。購入したのは、Vitalcares Premiumのマルチビタミンとマルチミネラル。これで体の燃焼効率が上がればいいんだけれど。とりあえず、明日の夜はスポーツジムに行って汗を流す予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月14日 (月)

北斗 胡麻坦々麺

今朝は大規模な停電。自分の使っている小田急線も見事に影響を受けてしまい、ちょっと遅れて事務所に到着。お盆で乗客が少なかったから良かったけれど、通常時に同じことが起こっていたら大混乱になっていただろう。それにしても、改めて東京の弱さを世界に対して示してしまった今回の事件。明日はきっとまた挑発行為に出るんだろうし、なんともタイミングが悪い。

今日のランチのお店を決めていたけれど、実際に行ってみると見事にお盆休み。行く前にちゃんと開いているかどうか調べるべきだった・・・。銀座グリーンビルも当然のように混雑していたので、近くの麺菜家 北斗銀座店へ。期間限定品の胡麻坦々麺を頼む。最近坦々麺が確変状態に入っている。杏仁豆腐のデザート付きで950円。

200608_016

一見、ミソラーメンのような外観。中央に辛めの味付けがしてあるひき肉が。中央に盛られた具を崩しながら食べてみる。うーん、ちょっと全体的にアッサリしている感じ。水っぽくて、坦々麺特有の辛さのジャブ連打が来ない。胡麻の風味も味わうことができるけれど、全体的に水っぽいので、味のフォーカスがブレている。ただ、ピリ辛なのは事実なので、食べていくうちにうっすらと汗がでてくる。

デザートの杏仁豆腐はちょっと硬めの歯応え。熱く火照った体を冷ましてくれるので、ありがたい。

明日はちゃんと計画を立ててから出かけよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月13日 (日)

減量経過

減量計画の経過。まだ2週間位しかやっていないけれど、徐々に効果が出てきてる気がする。体重は劇的には減っていないけれど、体の新陳代謝が良くなっている気がする。今の食事制限と週二回のスポーツジム通いを続ければ、冬までには目標の60キロ台(69.5キロも60キロ台)に乗せるのも可能かも・・・。

予め決めたルールを守った上で、燃焼系サプリとアミノ酸を摂り続けている。気が付いたらチアシードは全部消費してしまった。また買わないと。今まではコンビニに寄ったら必ずお菓子を買っていた自分が、お茶とミネラルウォーターだけしか買わなくなるとは。まぁ、誘惑に負けないようにお菓子売り場の前は通らないようにしているだけなんだけれど。

ちなみに、体質改善のために一日に摂取しているサプリなどは以下の通り。

(朝一)
・Xenadrine EFX 2錠
・チアシード4グラム
・ヘルシア緑茶350ml

(昼食後)
・DHC カルチニン or DHCフォースリン
・チアシード4グラム
・黒烏龍茶350ml
・ボルヴィック1.5リットル

(就寝前)
・Xenadrine EFX 2錠
・アミノバイタルPRO 1袋

今日もスポーツクラブに行って脂肪燃焼。最初に筋トレを30分掛けてやり、有酸素運動を1時間半。筋トレだけで結構汗だくになって、その後にランニングを行うと一気に背中が汗でビッショリに。シャワーで体を洗ってから、大きなお風呂でゆっくりと体を癒す。筋肉痛を和らげるために、アミノバイタルは必須。

ああ、もう眠くなってきた・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FF3 CM

やばい。ニンテンドーDS版のFF3CM、正確に言うとアレンジされた悠久の風がやばい。

何も考えずにテレビをつけていたら、いきなり流れてきたアノ懐かしいメロディ。TVを見ると、ムービーが流れているニンテンドーDSが。一発でDS版FF3のCMだということが分かった。オールドファンには堪らない演出ですな。でも、ムービーよりも実際の画面が見たかったな。

リメイクされることは嬉しいけれど、どうもオフィシャルHPを見ると、色々な設定がオリジナルとは違うっぽい。あの4人に勝手に名前がついているのは・・・。しかも、4人のキャラ自体に特徴・性格がついているっぽい。FF5に近づけたリメイクなのかも。オリジナルとどの部分が違うか、っていうのを比較しながら遊ぶんだろうなぁ。

ムービーを多用しているから、容量が気になったけれど、どうやら1Gのメモリらしい。

24日が楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月12日 (土)

蒲田 ミレイ

今日は、蒲田の有名ベトナム料理店のミレイへ。ザガットサーベイでもかなりの高得点を得ているお店。非常に小さなお店なので、数週間後でないと予約がないと入れない。また、蒲田の非常にアレな地域にあるので、場所を予め押さえておいたほうがベター。

5時開店なので5時に予約。少し前に行くと、看板も階段も暗くて非常に怪しい雰囲気。店の前で待つのもアレなので(周りの店の雰囲気で)、少し離れた場所で開店を待つ。5時のチャイムがなってからまた店のほうに向かうと、先ほどまで暗かった看板と階段が点灯していた。2階に向かうと、全部で20席くらいのこじんまりとした店が広がる。流石に5時から予約しないと入れないだけあって、少しするとほとんどのテーブルが埋まっていった。

全部で5品をオーダー。

200608_012

定番の海老の生春巻き。これをナッツが入ったミソに絡めながら食べる。ミソの独特な甘辛さがこの生春巻きを食べやすくしている。最初の一品から普通のお店ではあまり出てこないミントやパクチーをふんだんに絡めた独特の料理が出てきたので、後の料理への期待感が増した。

200608_011

青パパイヤのサラダ。中央の大根のような白いものが青パパイヤ。一見、大根サラダのような外観。食感のほうは、大根よりもしっかりとしていて、ゴボウの持つちょっと硬めの歯応え。上に乗っかっているパクチーは新鮮なのか、より一層あの独特の匂いが強かった。パクチーの匂いが大好きな自分にとってはたまらない一品。全体的にちょっと酸っぱ目なタレ(ドレッシング?)が掛かっている。

200608_013

ベトナム風お好み焼き。一見、オムライスのような外観。でかい。ナイフとフォークを使って適度な大きさにカットしたあと、一緒に提供される野菜類に巻いて提供されるタレに付けて一気に食べる一品。オムライスのような外観の黄色い皮はパリパリ。中にはもやしが沢山。タレはこれまた甘酸っぱい系。試しに、タレ無しで食べてみたら味がほとんどしなかったので、タレは必須。野菜中心の非常にヘルシーな料理が続く。

200608_014

ニラの炒め物。厚揚げ豆腐みたいなものと海老が一緒に炒められている。ニラには良く見ると芽の部分も使われている。ニラだけでもパワーがありそうな料理に、刻んだニンニクも使われているので、疲労回復にはもってこいかも。

200608_015

最後は、牛肉のフォー。やっぱり締めは麺類?薄切りになったちょっぴりレアな牛肉が乗っかっている。フォー部分が見えないけれど、結構な量が沈んでいる。好みに応じて唐辛子、もやし、パクチーをトッピングして味をアレンジすることができる。牛肉のレア部分は、時間がたってくるとスープの熱によって段々と色が変わってくる。フォーのモチモチ感が素晴らしいのは置いておいて、スープが美味しい。ただ、気をつけないといけないのが、トッピングの唐辛子。一刻み入れるだけで、180度違う非常にスパイシーなスープになる。これも、素材が良いからなのだろうけれど、本当に一刻みだけで舌や唇がヒリヒリする。まずは、何もトッピングしないで食べてみて、その後に唐辛子を含めた味の調整を行うのがベストだと思う。

こんな怪しい場所にあるのに、客の8割以上が女性なのが不思議。あと、トイレの石鹸が洋梨の匂いがするのは何故?

以上、5品で料金は4500円ほど。お酒を飲まなかったからかもしれないけれど、非常に安い。そして、個性の強い料理の質は非常に高い。数週間の予約待ちができる理由が分かった。予約必須なので、思いついたときに行ける店ではないけれど、機会があれば是非ともまた行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月10日 (木)

星福 (シンフウ)

台風が去って、暑い天気が戻ってきた。筋肉痛は予想通り足と足首の辺りが張っている。全体的に軽い筋肉痛なのが逆に気持ちいい。次は日曜日に体を動かそう。

今日のランチはお酢を使った料理が食べたくなったので、薬膳料理で有名な星福銀座へ。前来たときはかなり混んでいたけれど、今日は空いていて、四人用の四角いテーブルを占領することができた。最初からお酢を使った料理を頼むことにしたので、酢辣麺を頼む。1260円。

200608_010_1

運ばれてくると軽くツンとお酢の匂いが鼻に付く。早速食べると、ちょっと硬めに処理してある野菜の中に細くてツルツルの麺が隠れている。よく具をみてみると、野菜に加えてクラゲやホタテなどの魚介類も一緒にミックスされている。

メニューにはピリ辛と表記されていたけれど、そこまで強い辛さは感じなく、すごくサラサラしていて飲みやすいスープ。しかし、食べている途中から顔から吹き出る汗の量が尋常じゃない。もしかすると、最近の体質改善によって汗をかきやすい(新陳代謝の良い)体に変化しつつあるのかもしれないけれど、汗が本当に滝のように出てくる。本当は汚らしいので嫌だけれど、おしぼりで顔を拭かないといけないくらい。それだけこのスープには特別な力があるのかも、と思いつつ完食。最近は食べる量を全体的に規制しているので、こういう体に良いものを体が本能的に欲していたのかもしれない。

最後にはデザートの杏仁豆腐でスッキリと。ほのかな甘さと冷たさに癒される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 9日 (水)

Nike free 7.0投入

今日は研修二日目。昨日購入したNike free 7.0を試したかったので、カバンの中にはシューズを含めたジム用トレーニングウェア一式を詰め込む。研修が終わった後は、スポーツジムに直行。6時半に到着したけれど、スーツを着て悠々とジムから出てくるオジサマが結構いたのに驚き。きっとサボってたんだろうなぁ。

で、早速着替えて新品のシューズをおろす。昨日試着して分かっていたことだけれど、シューズ自体は伸縮性のある素材でできているので、非常に軽くて足にそのままフィットする感じ。グニャリと曲がるソール部分は足そのものの筋力でサポート力を養うコンセプトなので、悪く言えばサポート力が弱い。しかし、体が自然にその悪いサポート力を補おうと本能的に動くので、今までスニーカーでは気にすることの無かった足の部分(甲から指先への部分など)に負荷が掛かっているのが実感できる。最初の30分間を時速8キロで走ってみたけれど、くるぶしの周りや足の指の付け根の部分が張ってきた。あと、バランスを修正するために体全体の姿勢も修正されるっぽいので、足腰だけでなく体全体に今までになかった負荷が掛かっている。

今日のトレーニングは全部で2時間ほど。

それにしても、Airソールを搭載していないのにこのクッション性と足との一体感。自由自在に曲げられるシューズ本体と、その驚くべき軽さ、通気性には本当に驚いた。今回買った7.0はジムなどのインドア用だけれど、普通に休日外出用にRunning型の4.0が履きたくなる位。4.0の方がソールの部分が薄く、より「素足に近い」モデル。ただ、今までAirソールで過保護にされていた足がいきなり4.0に移行すると足に負担が掛かりすぎるらしい。今回の7.0で足を慣らしてから4.0を購入しよう。NikeのオンラインオーダーしすてむのIDも使ってみたいし。

明日の朝の筋肉痛具合が楽しみだ。とりあえず、アミノバイタルProは飲んでおいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 8日 (火)

Nike free 7.0

研修の帰りにちょっと新宿でお買い物。自分自身への誕生日プレゼントが無かったので。フラッと新宿高島屋、伊勢丹メンズ館に寄ってみる。いまいち、「欲しい!」と思うような品物は無し。こんなクソ暑いのに出ている新作は全部秋物だからなぁ・・・買う気が起きない、とりあえず今は。

最後は丸井Fieldsに寄っていく。Nikeのフロアで、以前からちょっと気になっていたNike Freeについて店員さんと話してみる。今までのNike Airのコンセプトとは全く逆で、足にサポートを掛けない状態にすることで足そのものを強化するシューズらしい。ブランドコンセプトは素足で草原を走る感覚、ってことらしい。マラソンで、アフリカの選手が強いのは裸足で草原を走ることにより、足裏の筋肉とそれによる足腰のバランスが良いから、っていうことに最近の研究者は気づいたらしい。

試しに履いてみると、確かに今までのガチガチに固められたシューズとは違う、フワフワした感覚。ソールの部分に切り込みが入っているので、足の裏の部分が自由に動く。少し履いただけで自分の足腰が歪んでいることが分かった気がする。店員さんの話だと、最初の方は足腰が慣れていないから少しの運動でも相当足腰に来るらしい。

なんか、面白そうなコンセプトのシューズだったので、購入。ジムで使うので、トレーニング用のNike free 7.0を購入。色は自分としては派手にイエローで。

200608_009

早速、明日ジムに行って試してみます。研修直行NRで。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

7025 Franklin Ave.

朝は大して雨が降っていないのにもかかわらず、電車が速度規制を敷いていて大幅にダイヤが乱れていた。各駅停車に乗っている自分としては、極限までにギュウギュウ詰めで耐えるのがものすごく苦痛だった。

今日から二日間研修。場所は大崎駅付近なので、出かける前にネットをチェックして美味しいランチが可能な店を探す。すると、以前五反田駅から歩いていった7025 Franklin Ave.が大崎からも同じくらいの距離でいけることを発見。迷うことなく、初日はそこにいくことにする。大崎駅から歩いていって、劇団四季のCATSが上演されている劇場を過ぎると、目的のお店はすぐそこに。

美味しいハンバーガー・サンドウィッチを出すお店なので、混んでいるんじゃないかと心配したけれど、実際にはガラガラ。雨のせいだろうか。その代わり、キッチンは忙しそう。きっと、ディリバリー注文がたくさん来ているのだろう。前回は特製のマッシュルームバーガーを頼んだので、オーソドックスにベーコンチーズバーガーをオーダー。消費税込みで1102円。一体いつ消費税計算が改正されるんだろう・・・?

200608_007

ミディアムサイズで、野菜のトッピング含めキレイにまとまっている感じ。このお店のベーコンはちょっと塩辛いけれどカリカリしていないタイプのベーコン。ビーフパティはレアに限りなく近いメディアムレア状態で、下のバンズが肉汁で柔らかくなっている。艶やかでフレッシュ感が漂うトマトとレタスがいい感じ。

一口食べてみると、前回と同じくジューシーで自然な甘さが口の中で広がる。チーズはパティに絡まっているけれど、程よい弾力性をもっていて、伸びる。ポタポタと肉汁が落ちる。チンタラ食べていると肉汁が勿体無いので一気に食べる。食べた後にはなんとも言えない満足感が。

明日も行こうかな・・・。ちょっと芸がないけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 6日 (日)

ダイエット日誌

昨日の江戸川花火大会から動画ファイルを二つほど。まだ中盤の頃の動画なので、試行錯誤しているところが分かると思います。ブレてちょっと見にくいけれど、よかったらどうぞ。

hanabi1.wmvをダウンロード

hanabi2.wmvをダウンロード

さて、ダイエット宣言をしてから少し経つけれど段々と空腹感にも慣れてきた。常にチアシードを持ち歩いて、食事をした後に飲んでいるけれどこれがいい感じ。全く間食しないで一日三食のペースを維持している。最初の頃苦しかった11時台も問題なく過ごすことができるようになった。

規則正しい食生活に加えて、今日は珍しく休日出勤した後にスポーツクラブに行って汗を流した。昨日、LA土産兼誕生日プレゼントとして頂いたカルフォニア州知事Tシャツを着て。背中部分が汗でズッシリ重くなるのが気持ちいい。調子に乗って風に当たってると風邪引きそうだけれど。冬になる前に60キロ台に体重を持っていくのが目標。

一日三回しか食べないようになって気が付いたのが、このペースで食事を摂ると食べるもの全てがすごく美味しく感じる。今まで以上に味をはっきりと噛み締めて食べているような気がする。美味しく食べることができるので、食べ過ぎないように気をつけないと。腹8分目にして、最後はチアシードで〆。それが最近の自分の食生活です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 5日 (土)

江戸川花火大会

今日は江戸川花火大会。篠崎に住んでいるE夫妻宅にお邪魔したあと、花火会場へ。午前中に場所取りをしてくれていたので、直前まで家でまったりと過ごせた。ありがたや。

7時15分から開始。辺りは一面、人、人、人だらけ。いきなりの大連発で皆興奮。百聞は一見にしかず、ということで、画像・動画をご覧ください。

Hanabi200608_008

Hanabi200608_011

途中から、静止画では感動が伝わらないことに気づき、デジカメのムービーモードで撮影。

変り種花火ダウンロード (WMV 12MB)

クライマックスダウンロード (WMV 20MB)

他にもあるので、順次アップロードします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 4日 (金)

天亭

ついに蒸し暑い日々が普通になってしまった。今週の月曜日とかは涼しくて気分良く過ごせたけれど、今日みたいな蒸し暑い日はそれだけでやる気を奪われてしまう。あと1ヶ月は我慢の日々・・・。

今日は、26歳最後の銀座ランチということで普段は行けないようなお店へフラっと。向かった先は天亭。場所的には、新橋と有楽町の間に位置するお店。地下一階にあるお店なので、注意していないと気づかなくて通り越してしまう恐れあり。ランチメニューがビルの入り口にひっそりと掲げられているけれど、天丼は2,625円。定食は3,000円~。

地下1Fのお店には階段を使って降りていくけれど、扉を開けると清潔感のあるカウンター席が広がる。メディアで紹介されているこのお店のご主人がてんぷらを揚げていた。天丼をオーダー。普通なら熱いお茶を飲むところだけれど、流石に暑いので冷たいお茶を頂いた。地下1階の携帯電話の電波が届きにくそうな場所にあるのにも関わらず、電波強度は良好。きっと、接待などで利用するから、それに対する配慮なんだろう。女将さんが「大盛りにもできますが」と気を利かせてくれたけれど、普通盛りでお願いする。

ご主人の手によって揚がった天ぷらが丼に盛り付けられて登場。

200608_005_1

丼のフタを開けると、つゆの匂いが湯気と共に舞い上がる。衣はとても薄く付けられていて、胡麻油の風味が漂っている。このお店自慢の太いアスパラガスが中心に添えられている。噛み締めるとアスパラガスの繊維質がキュッと心地いい音をたてる。アスパラガスというと若干の苦味が苦手だったけれど、これは苦味がなくてスッキリとした味わい。穴子の天ぷらが入っていたのにはちょっと驚いた。

海老のかき揚げは、衣が絶妙な接着剤となってプリプリの海老を繋いでいる。お箸で簡単に切り離せるくらいの強度なので、自分の食べやすいサイズに切り離して、一気に口に運ぶことができる。薄めの衣がサクっと砕けると共に、海老の弾力ある身が口の中で弾ける。最高。

全体的にアッサリとしていて、いくら食べても胃もたれしなさそうな天丼。ご飯は普通盛りにしてもらったけれど、天ぷらの量とご飯の量は絶妙だった(あたりまえか)。ご飯だけ多いと、上の天ぷらとのバランスが悪くなってしまい、味わいが薄れてしまうと思う。

さて、27歳の最初のランチは何にしよう・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 3日 (木)

メープルチキンバーガー

仕事が終わった後、新宿のSTANDARD BURGERに行って軽いディナーを。いきなり医者のY氏より「STANDARD BURGERの場所が分からないぞ、コルァ!」ということだったので、一緒に軽く食べることに。

自分は前回アボカドバーガーを食べたので、今回はちょっとヘルシーにメープルチキンバーガーセットにすることに。1,000円。もちろん、ドリンクはアイスティ(ガムシロップなし)で。チキンの方がビーフよりもヘルシーかな、と思いつつも冠の「メープル」っていうのがちょっと気になる。きっと甘いバーガーなんだろうなぁ。ガムシロップを抜いた意味ないかもなぁ、と思いつつ、運ばれてくるのを待つ。Y氏の常人離れした不思議な雰囲気にはいつも驚かされる。

200608_003

運ばれてきたメープルチキンバーガー。たくさんのレタスの上に、茶色い甘そうな匂いを発しているチキン、そしてその上にちょっと小粒のトマトが。一番上に荒挽きのマスタードシードがトッピングされている。フワフワのバンズを上から被せ、形を整えてから提供された紙袋の中に収めてかぶりつく。チキンはメープルシロップのコクのある甘さ。この甘さと一番上に掛かっているマスタードの相性が抜群!ペロっと一気に食べてしまった。Y氏はアボカドバーガーに満足したご様子。よかった。

帰りに地元のドラッグストアに行って、ダイエットコーナーを物色。探していたチアシードを発見したので、購入。4グラムのパックが25袋入って2,408円。もともとはメキシコ産のモノだけれど、絶対に現地の値段からみたらボッタクリ価格なんだろうなぁ。食物繊維も入っているので、飲み続けることで腸をキレイにしてくれる効果も期待できそう。

200608_004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀座麒麟

朝起きて朝食を摂ったあとXenadrine EFXを飲んで出社。一回2錠を一日二回までは摂取OKらしいので、朝と寝る前に2錠飲む生活を続けようと思う。三食以外は全く間食しない食のリズムに慣れてきたせいか、あまりお腹が空かなくなったような気がする。その代わり、水は大量に飲んでいて、一日大体2リットル以上は確実に飲んでいる。

今日のランチは銀座麒麟。最近、坦々麺にハマっているので、坦々冷麺を頼む。1,200円。広いエントランスは何となくスタイリッシュなホテルのような雰囲気。

200608_002

綺麗な曇りガラスでできたお皿に盛りつけられた坦々冷麺。写真では若干分かりにくいけれど、そびえ立つように盛られていて意外とボリュームがある。ネギの下に辛めの味付けをされたひき肉が見える。ヒマワリの種のようなものも混ぜられている。このちょっとした香ばしい味わいがイイ。冷麺だからか、お酢が全体的に掛かっている。

ピリっと辛いひき肉部分とちょっと酸味の利いた麺のハーモニーが絶妙で、辛さと酸味のバランスを調整しながら食べることができる。麺はどちらかというとちょっと硬めの部類で、個人的には歯切れが良くて好きなタイプ。

盛り付けられたお皿といい、内装もオシャレな感じだから、きっと夜にきたら結構な値段がするんだろうなぁ。一応、お店のイチオシランチは豚トロ丼、らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 2日 (水)

Xenadrine EFX

食事(間食)制限も段々と慣れてきて、間食しなくても大丈夫になってきた。このダイエットペースを加速するために、昼休み中にダイエットサプリを購入。

購入したのは、アメリカで有名なダイエットサプリXenadrineの日本版。どうやら、日本では認可されていない成分がアメリカ版では入っているらしく、「日本人の体質にあわせてブレンド」されているものが日本版として売られているらしい。EFXとNRGがあったけれど、EFXの方がなんとなく偉そうだったからEFXの方を購入。9,975円。

200608_001

パッケージの上に「スリムになってもっとオシャレを楽しもう!」って女の子の写真付きのラベルを見たときに気づくべきだったけれど、EFXは初心者及び女性用で、ガツンとハードな効果があるのはNRGの方だったということをHPを見て確認。語感だけでEFXを買ってしまったことにちょっと後悔。でも、EFXの方がNRGよりも強そう(効果がありそう)なイメージがあるのは自分だけ?

いつも思うけれど、こういう商品に使われるモデルの女の子って、絶対にこの製品を使っていないような気がする。

さーて、効果はいかほどに?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 1日 (火)

芝蘭 坦々麺

今日は朝から打ち合わせ。打ち合わせが終わってからも、喫茶店で事後ミーティングをした後にやっとランチ。時計は既に2時近くに。腹を空かせながら向かったのは、先週の中華料理店、芝蘭。今回は、看板メニューである坦々麺をオーダー。1000円。混雑する時間帯を外しているけれど、結構店内にはお客さんが残っている。

200608

オレンジ色のスープが特徴的な坦々麺。ただ、前回食べた酸辣麺に比べると見た目と匂いのインパクトは弱いかも。食べてみると思ったほど辛くはない・・・けれど、ジワジワと額に汗が。この熱くなった体を小さなガラスのピッチャーに入った冷たいお茶で中和する。気分イイ。スープだけで飲んでみると、擦り胡麻の甘い風味が感じられる。きっと、辛さの中のまろやかさはこの胡麻の味わいが包んでいるんだろう。麺は同じとてもモチモチしている。なんとなく、早めに食べないと麺が延びてしまうような気がしたので、一気に面を中心に食べて、その後残ったスープをゆっくりと飲む。確かに辛いんだけれど、しつこくない辛さだから、スープだけでもスーっと飲めてしまう。若干、量が少ないように感じたけれど、これは常に今までよりも少量しか食べていないのでそう感じた、っていうことにしておこう。

帰り、コンビニでいつものヘルシア緑茶を持ってレジに向かう途中に、ハーゲンダッツの新フレーバーが発売されたことを確認。かなり迷ったけれど、もう10時を過ぎていたので、泣く泣くスルー。ああ、どういう味がするんだろう、とHPを覗いてみたらまた罪なフラッシュが・・・。減量中の身には鬼のような動画だよ。それにしても、今回発売になったピーチシャルドネの商品紹介は乗っているけれど、肝心のカロリー表示が無いな・・・。やっぱり、400キロカロリー位あるのかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »