« ラ・ソース古賀 | トップページ | 薩摩日置 蒸溜樽 »

2006年6月 9日 (金)

Tony Roma's

今日は展示会を見学するために幕張メッセへ。それにしても、凄い雨。会社がクールビズ推奨ということで、ネクタイを外さないことをポリシーにしている自分も「金曜日だから、いっか」というノリでボタンダウンシャツをノーネクタイ。白っぽいジャケットと新しく買った黒のズボンで出社。何も言われなかった、ってことはOKだったのかな、と勝手に解釈する。

さて、お昼は幕張メッセの隣にあるレストラン街で。そういえば、Tony Roma'sがあったなぁ、ということを思い出して、フラフラと三階へ。あった、ありましたTony Roma'sが。アメリカに住んでいた頃は数ヶ月に一度、ココの濃密なベビー・バック・リブと芸術的に重ねられたオニオンリングを目当てに食べに行ったっけ。日本に帰ってきてからはかなりご無沙汰。

それでも、お昼からベビー・バック・リブを食べるわけにもいかないので、ハンバーガーを頼む。1240円で、トッピングが一つ150円するみたい。せっかく来たので、チーズとベーコンをトッピングする。それにしても、お店の店員さんまでマーリンズのユニフォームを着ているとは・・・本当に地域密着型のマーケティングをやってる。華奢な女の子がユニフォームを着てるとなんかカワイイ。

200606091200000

メニューにも書いてあるように、180グラムの100%ビーフパティの存在感が強い男のハンバーガーが登場。ベーコンについている焦げ目がソソる。上の方に別積されているレタス・トマト・オニオン・ピクルスを本体に重ねて完成。両手で持ち上げるとズッシリとした重量感が伝わってくる。ミディアム・レアで頼んでいたので、肉汁が溢れてバンズで吸収されなかった分がお皿へと落ちる。残念だったのは、ビーフパティの存在感が強すぎるために、追加でトッピングしたベーコンが感じられなかったこと。カリっとした食管か、アクセントになる塩味があればもっと良かったなぁ。

個人的には、BBQリブ専門店っていうことで、ハンバーガーにもあの独特の甘いBBQソースを掛けて「BBQバーガー」とかいう名前で売り出して欲しい。ってか、売り出したら必ず食べにいく。・・・ってそういう事を考えていたらCarl's Jr.のウェスタン・ベーコン・チーズバーガーを思い出してしまった。LAに行きたいなぁ。

|

« ラ・ソース古賀 | トップページ | 薩摩日置 蒸溜樽 »

02. チーズ系ハンバーガー」カテゴリの記事

03. ベーコン系ハンバーガー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105143/10459923

この記事へのトラックバック一覧です: Tony Roma's:

« ラ・ソース古賀 | トップページ | 薩摩日置 蒸溜樽 »