« 砧公園 | トップページ | 牛肉のフォー »

2006年5月29日 (月)

WeST PArK CaFE 2

昨日から急激に暑くなって、なんかまた体調を崩す人が続出しそうな天気。もうすぐイヤな夏だ・・・。早く冬にならないかな。

今日と明日は午前中が顧客先だったから、東京駅でのランチ。向かったのは、いつも通り丸ビル。クワアイナは相変わらず長い行列が出来ていて、WeST PArK CaFEも結構な行列。それでも、何故かWeST PArK CaFEの方に並ぶ。並んだ時のタイミングが悪かったのか、入店するまで結構時間が掛かってしまった。

やっと席に案内されて、メニューを一読。やっぱりハンバーガーだなぁ、と思ったけれど、そのまま頼むのは面白くないので、店員さんにトッピングが可能か聞いてみる。すると、「追加料金を頂きますが・・・」との答え。まさか、タダでトッピングを要求するほどズルくないですよ、と思いつつ、値段も聞かないでチェダーチーズとベーコンをトッピング。勝手にベーコンチーズバーガーへとアップグレード。

ここのランチセットはドリンク一杯とメインの前にサラダorスープが選べる。今回もサラダを選んだら、ベーコン入りのレタスサラダが運ばれてきた。ベーコンはカリカリではなく、脂分を残して軽く炒めた微妙に塩が効いたジューシーな味わい。直前までフライパンで暖めていたのか、冷たいサラダの中でベーコンの部分だけがほんのり暖かかった。

サラダを食べ終わると、メインのハンバーガーが登場。

200605291304000

あれ、前回と全然雰囲気が違うんですけれど。っていうか、垢抜けた感じでメチャクチャ美味しそうなんですけれど!一番下はミディアムレアのつなぎ無し100%のビーフパティにトロリと溶けているチェダーチーズ。ちょっと見えにくいけれど、その上にはサラダにも乗っかっていたジューシーなベーコン。その上を彩り豊かな野菜陣が豪華に飾っている。

彩り豊かだけれど、そのサイズも半端無く大きい。とりあえず、口を一杯に開けても一気に食べることができなかったので、とりあえず下の肉部分と上の野菜部分を交互に食べていた。食べていくにつれて、パティとベーコンの肉汁が上下のバンズに徐々に染み込んでいて、味わいが深まっていく。デフォルトでは、ケチャップなどの調味料は使われていない。でも、ビーフパティの微妙な甘みとベーコンの塩加減だけで十分イケます、これは。

添えてあるピクルスもシャキっと歯ごたえがあって自分好みの味付け、食感。

いや、前回のレアに焼いてもらったハンバーガーも美味しかったんですよ。でも、今回のベーコンチーズバーガーにアップグレードしたハンバーガーの方が見た目的にも量的にも数倍上。ランチメニューには載っていないけれど、是非とも試して欲しい一品。

ちなみに、トッピングは各200円だったので、全部で1,660円。それでも、食べる価値はあると思う。

|

« 砧公園 | トップページ | 牛肉のフォー »

02. チーズ系ハンバーガー」カテゴリの記事

03. ベーコン系ハンバーガー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105143/10300083

この記事へのトラックバック一覧です: WeST PArK CaFE 2:

« 砧公園 | トップページ | 牛肉のフォー »