« Baker Bounce | トップページ | 祝一周年 »

2006年5月 4日 (木)

焼肉 京城

夜は、友人と水道橋の焼肉京城へ。連休中だということで、17:30に入店。楽々席を確保。ただ、人気店らしく、2時間制限である旨を最初に伝えられる。この店の特徴はなんと言っても、ブランド牛である松阪牛と近江牛が焼肉として食べられること。期待をしながらオーダー。

200605041741000

上タン塩(1,600円)。やっぱり焼肉はタン塩から始めないと。レモンを搾ってアッサリと食べる。噛んだ時のちょっとした抵抗感がいい感じ。肉に塩っぽいものが振りかけられているけれど、これが肉の甘さを引き出している。

200605041743000

ハラミ(1,000円)。見事なサシが入っていて、軽く両面を焼いて食べる。京城のタレは甘口だけれど、サッパリしている。過剰な甘ったるさが無いので、ドンドン食べることが出来る。

200605041744000

ロース(近江牛)。1,200円。提供される形は決して綺麗とは言えないけれど、肉質の方は「並」なのに抜群。肉質が良いから生で食べられるのではないか、と思ったけれど店が推奨していないみたいだから止めておく。

200605041744001

カルビ(松阪牛)。1,000円。トロリとした食べ応え。「並」とはいえ、1,000円で松阪牛を焼肉として食べられるこのありがたさ。でもやっぱり、個人的には大きめにカットされた形の整ったお肉を焼きたい気分。

200605041824000

上カルビ(松阪牛)。2,000円。並カルビと比べて、形が整っていてサシの入り方も違う。きっと、上ロースも同じように整って出てくるんだろう、と予想。店員さんが「生でも食べられますよ」ということなので生で食べてみると、下味の甘めのタレと共に口の中で溶けていくカルビ・・・。美味い。生でも食べられる肉だということで、勝手に焼肉ジャンボの三秒ルールを適用。本当に軽く火で炙って食べるとこれまた違う甘さがあってGOOD。

それほどバカ食いをしなかったので、一人6,500円。 ブランド牛を使っているのにも関わらず、単品が安めな価格設定なので、意外とリーズナブルな値段に落ち着きました。肉質的には大満足でコストパフォーマンス抜群だけれど、個人的にはもう少し形の良い肉を焼きたかった。まぁ、全部「上」を頼めば良いだけの話かもしれないけれど、気づくのが遅すぎた・・・。

|

« Baker Bounce | トップページ | 祝一周年 »

31. 焼肉系」カテゴリの記事

コメント

おいしかったです.
ただ,ボクはしばらく肉はいいです(^^;

投稿: mas | 2006年5月 5日 (金) 13:05

京城とジャンボは気になってるんですよね~~~。いいとこ押さえますね~~~。

投稿: みっちーこ | 2006年5月 6日 (土) 10:22

>みっちーこさん

個人的には、一度でいいからスタミナ苑に行ってみたいですね・・・。

投稿: w-ice@管理人 | 2006年5月29日 (月) 00:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105143/9904961

この記事へのトラックバック一覧です: 焼肉 京城:

« Baker Bounce | トップページ | 祝一周年 »