« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006年4月30日 (日)

銀座・新橋・汐留ランチ一覧

特にお薦めの店には★をつけてあります。(6月25日更新)

パスタ系

和伊の介 (新橋)

IL PINOLO  (銀座グリーンビル)

FERMO! (新橋駅ガード下)

Ducky Duck (汐留シティセンター)

地中海市場 アルディーレ (汐留)

Tokyo Trattoria Vino Vino (銀座コリドー)

洋麺屋 五右衛門 (新橋駅地下)

PIZZERIA Matteo (銀座コリドー)

洋系

NELL'S KITCHEN   (銀座グリーンビル)

エリュシオン (銀座)

L'ENSEMBLE  (カレッタ汐留)

The Seasoner  (カレッタ汐留)

Nathan's (汐留)

ブラッスリーアンドバー (新橋SL広場)

LA MAREMMA GINZA  (銀座)

銀座ストック (銀座コリドー)

ル・シズィエム・サンス (銀座コリドー)

とんかつ系

とんかつ百豚   (カレッタ汐留)

domPierre  (カレッタ汐留)

名代とんかつ かつくら (汐留シティセンター)

信州豚彩かつ里 (銀座コリドー)

カレー系

★ ラージマハール       (銀座)

ガネー舎   (新橋)

アジャンタ  (カレッタ汐留)

NATARAJ (銀座)

カフェ・ハイチ (汐留シティセンター)

/so/ra/si/o/ (カレッタ汐留)

★ デリー   (銀座コリドー近く)

カフェバルコニー (銀座)

★ ラ・ソーズ・古賀  (銀座)

中華・韓国・オリエンタル系

韓国屋(からくにや)  (銀座)

AQUA   (カレッタ汐留)

胡同MANDARIN銀座   (銀座グリーンビル)

来来 (銀座7-7-7)

湘坊   (カレッタ汐留)

韓国摘草料理 HAN GA WI (銀座グリーンビル)

CHINA DOLL (ペディ汐留)

韓流亭 (銀座)

バンコクキッチン (銀座コリドー)

嘉泉 (銀座コリドー)

六希園 (銀座コリドー)

刀削麺荘 (新橋)

炭焼 四八 (汐留シティセンター)

胡同文華 CHINOIS HALL (銀座コリドー)

銀座 天丹 (銀座コリドー)

ベトナム・フロッグ (汐留シティセンター)

寿司系

ICHIZ (銀座グリーンビル)

回転寿司KAZU   (銀座)

鮨処順 (汐留シティセンター)

★ 鮨文 (築地市場場内)

梅丘寿司の美登利総本店 (銀座コリドー)

築地 福せん (築地市場場内)

築地寿司清 (銀座コリドー)

磯野屋 (築地市場場内)

和系

はるの (カレッタ汐留)

杜の都太助  (汐留シティセンター)

地鶏と地玉子TOKUJI  (汐留シティセンター)

郷どり 燦鶏 (ペディ汐留)

松玄 凛 (銀座グリーンビル)

嘉の香 (銀座グリーンビル)

星遊山 (汐留シティセンター)

矢場とん  (銀座)

若鯱家 (ペディ汐留)

次男坊 (銀座)

haruno (カレッタ汐留)

響(銀座グリーンビル) (銀座グリーンビル)

古窯 (銀座)

遊牧 (新橋)

吉野家築地本店 (築地市場場内)

咲くら (銀座)

比内や   (銀座コリドー)

天ぷら新宿つな八 粹 (カレッタ汐留)

とんき (銀座)

ラーメン・麺系

げんこつ屋 (カレッタ汐留)

古奈屋 (カレッタ汐留)

江戸蕎麦 やぶそば (カレッタ汐留)

★ 九州じゃんがら        (銀座)

味の時計台 (新橋)

かおりひめ  (新橋)

汐留らーめん (汐留日テレ下)

黒船 (新橋)

ばんから別館 鉄人草野光男の店 (新橋)

 (新橋)

その他

Chowder's Seattle Soups! (汐留シティセンター)

Doughnut Plant (汐留日テレ下)

新潟ゆのたに心亭 (汐留シティセンター)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月29日 (土)

FIREHOUSE 2

先週は不覚にも徹夜勤務をしてしまったので、土曜日に通っている整体ではいつもより強めに押してもらう。いつもより強いので眠ることは無かったけれど、終わった後は体がかなり軽くなった。やっぱり肩首がかなり張っている模様。

終わった後に、近くのハンバーガー店のFIREHOUSEに行く。時間がかなり中途半端だったので、店内も空いていて、すぐに入れた。クワアイナでハマったアボカドバーガーにしようかと迷ったけれど、結局同じ種類のバーガーを二回連続で食べるのも何なんで、ベーコンチーズバーガーにする。飲み物はアイスティーで。先にアイスティーがガムシロップと一緒に運ばれてくる。独特の香りハーブティーだった。

200604291620000

何故か、下のレタスの部分とパティの部分がズレて運ばれてくる。まぁ、いいや。前回はナイフとフォークで切って食べたけれど、今回は添えられた紙の中に収めて一気にかぶりついてみる。ベーコンの塩味が良いアクセントになって美味しい。ハンバーガーの高さが高いので、ちょっと潰して食べると肉汁を出しながらパティが崩れる。レアではないけれど、なんかいい感じ。他の材料が柔らかい中で、ベーコンだけが唯一硬いので最後まで存在感が残る。

次回はアボカドバーガーだな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月28日 (金)

銀座 天丹

今日はまたコリドー開拓。でも、ゴールデンウィーク前の金曜日だったせいか、どの店も並ばないと入れない雰囲気。ずっと有楽町方面まで歩いてしまい、ちょっと焦ってきた頃に天丹を発見。店の前の石焼ビピンパの写真に引き寄せられる、店が二階にあるということで、行列は出来ていなかったので、一気に店内に入ってみる。丁度一席空いていたので、滑り込みセーフ。店内は活気があるけれど、ちょっとゴチャゴチャしている感じ。

メニューが豊富なので、どれにしようか迷う。普通の石焼カルビか明太子の二択。で、良くメニューをみると、トッピングが出来る模様。なので、カルビに明太子をトッピング。1,060円。

200604281236000

10分位して登場。一緒にセロリで作ったキムチと玉子スープが付いてくる。中央に盛り付けられているのが明太子。玉子がその下に隠れていて、大きなスプーンで一気に混ぜていく。個人的には、チャーハンと同じで混ぜ始めてからいかに短時間で玉子をご飯に混ぜられるかがポイントだと思っているので、一気に混ぜる。カルビには甘めの下味が付いていた。明太子は普通だった。辛子明太子だったらよかったかも。

前に座ってた人がチーズのビピンパを頼んでたけれど、ちょっと気になった。今度来たらそれを頼んでみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月27日 (木)

湘坊

徹夜明けの昨日は食欲も無くて机で寝ていたけれど、今日は外に食べに行った。 向かった先は久しぶりにカレッタの湘坊。店の位置が初めて来た人には分かりにくいのにもかかわらず、お昼時になるとかなり混むお店。

頼んだのは、冷やし五目そば。1365円。

20060427121047_1

中央が凹んだ形のお皿に盛り付けられてくる。スタイリッシュな冷やし中華。五目の具が中央の面を隠している。麺はコシのある細麺で、胡麻ダレで軽く纏められている。冷やし中華特有の酸っぱさはかなり抑えられていて、個人的にはとても食べやすかった。やっぱり、疲れているときには麺類が食べやすくていいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月25日 (火)

クワアイナ アボカドバーガー

今日も昨日と同じく朝は出先だったので、事務所へ帰る途中でクワアイナへリベンジ。丁度列も短かったので、すぐに店内に入れた。頼んだのは、この店のメインメニューであるアボカドバーガーのセット。

200604251319000

厚切りのアボカドが特徴的。中央に寄せて上半分をギュっと押しつぶして食べるのがクワアイナ流らしい。食べる時に黒いケシの実が飛び散ってトレイが落ちたケシの実だらけになるんだけれど、上手い食べ方無いのかな?アボカドのねっとりとした食感とオニオンのちょっと硬めの食感のバランスが面白い。昔はアボカドは苦手な食べ物だったけれど、ハンバーガーと一緒にして食べると美味しいね。

お皿の真ん中のフレンチフライも外側はカリカリだけれど中はしっとり。テーブルに置いてあるハインツのケチャップをかけて一気に完食。

まさか、このハンバーガーが今日食べた最後のちゃんとした食事になろうとは・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月24日 (月)

WeST PArK CaFE

今日は東京駅で下車して丸ビルでランチ。クワアイナに行きたかったけれど長蛇の列が出来ていたので、同じフロアのWeST PArK CaFEへ。意外に混んでいて、客層は観光客や英語を喋る外国のビジネスマン、そして丸の内OLさんたち。なんか、客層が華やかな感じがする。

この店に入ったのはもちろん、ハンバーガーメニューがあるから。お店の頭文字を取った「W.P.Cバーガー」を頼む。サラダORスープにドリンクが付いて1260円。このお店はパティの焼き加減を聞いてくる。ここは一つ冒険して、「レア」を頼む。店員さんが勝手に「ミディアムレアですか?」とオーダーを変えたので、念を押して「レアでお願いします」と頼む。果たして、どうなることやら。

前菜で出てきたサラダは、上に細めのトルティーヤが乗っていて、チキンやビーンズもどこかメキシカンな風味のサラダ。意外なところでメキシカンな味に出会えたので、ちょっと嬉しかった。

で、メインのレアハンバーガー登場。非常にセサミが一杯付いているバンズに、緑色のレタスとビーフパティが見える。白い包み紙に軽く包まって出てきたので、両手で掴んで食べることに。

200604241218000

ビーフパティは外側はいつもの良く焼けている色だったので、ちょっと心配だったけれど、一口噛むと一気に崩れて内部のまだ赤い肉が露出した。よく、「レアで」と頼んでも、実際はミディアムレア程度で出すステーキハウスがあることを考えると、度胸のある店だな、と感心。やっぱり、メニューで謳ってるつなぎ無しの100%ビーフが成せる技なのか・・・?肉がほのかに甘くて、噛むとネギトロのように口の中で溶けて消えていく・・・。

200604241218001

ハッキリと好き嫌いが分れそうなこの食べ方だけれど、自分としては、大満足です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月23日 (日)

兼八の梅酒

一年位前に漬けて封印しておいた兼八の梅酒を開けてみる。

漬け始めた頃は、25度のお酒ということで、なかなか梅が浸透しなかった。他のアルコール度数の高いお酒に比べて進捗が遅かったので「もしかすると、失敗するかも」と不安になっていた。原酒で漬けたのと比べて梅が沈むのも遅かったし、色の変化も遅かった。しかし、今日取り出してみるとイイ感じの透き通った茶色になっていた。見た目は大丈夫そう。やっぱり、時間を掛けてゆっくりと熟成させれば何とかなりそうだね。

ロックで軽く割って飲んでみる。元が25度の兼八なので、スルスルと飲みやすい梅酒になってた。残念ながら兼八独特の麦チョコの後味はほとんど消えて感じられなかったけれど、全体的に香ばしい風味の梅酒になった。飲みやすくて美味いっ!何杯でもイケそうな感じ。勢いで今日は3杯も飲んでしまった。

さて、今年はどういう梅酒を漬けようかな・・・。

20060423jpg

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年4月22日 (土)

DS Lite

土曜日なので、いつものように整体で揉み解してもらう。先週から左肘から先が微妙に痺れているので、そこも処置してもらう。指を動かすための肘近くの筋肉が張っているらしいけれど・・・。左だけなのが気になる。今は右利きなのに。

帰りに新宿西口にヨドバシカメラに寄ると、店内に凄い行列が。店内アナウンスを聞くと、どうやらニンテンドウDS liteが入荷したらしい。しかも、3種類全部揃っているらしい。昨年末からずっと待っていて、やっと巡ってきたチャンス。勿論並んだ。本体だけでなく、脳を鍛える大人のDSトレーニングと、もっと脳を鍛えるDSトレーニングを買う。あと、DSソフトじゃないけれど、MOTHER3も一緒に。軽く大人買い状態。色はエナメルネイビーを選択。

200604221757000

本体の大きさはコンパクトだけれど、意外と重量があってズッシリした持ち心地。ちょっと十字キーが柔らかいかな。液晶の方はドット欠け無し。買って即液晶保護シートを貼る。タッチパネルの感度がいい感じ。

計算問題だけなら、脳年齢は20歳だけれど、瞬間記憶系が全くダメだね・・・。ちょっと凹む。まぁ、これで脳を鍛えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

るおう

今日は念願の焼酎、流鶯(黒麹)を入手。円柱形の箱のデザインが風流。写真はフタの部分の絵。この箱の中に緑色のフラスコのような形の瓶が納められている。瓶のラベルが無くなって、金色の文字で「流鶯」って書いてある。去年までは和紙のラベルだったみたいだったけれど。

200604212322000 

これで、萬膳、萬膳庵、流鶯とGET。個人的には、萬膳よりも萬膳庵の方が好みなので、8月ごろ出荷されるらしい流鶯(黄麹)にかなり期待しています。入手できれば、の話だけれど・・・。

そういえば、そろそろ一年前に漬けた梅酒がいい感じになっているはず。今週末に開けて飲んでみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月20日 (木)

実写版ちびまる子ちゃん

先日放送された実写版ちびまる子ちゃんの出来が予想以上に良かったのにビックリ。HDDレコーダーで録画しておいたんだけれど、今日は仕事が忙しくて家に帰ったのが遅かったのにも関わらず、深夜まで一気に全部見てしまった。

そういえば小学生の頃、あのオープニングテーマでクラスの出し物のダンス(?)をやった記憶がある。あれから15年間も続いているなんてびっくり。LAに居た頃は日本のテレビ放送が無かったから、日本の放送をビデオに録画してレンタルしている店に結構お世話になった記憶が。今考えると著作権的に非常に危険な商売のような気がするけれど。今もやってるのかな・・・?

ドラマを観る前はキャストの見た目重視(アニメキャラに似ているかどうか)のお寒いドラマになるかなと思ってた。しかし、キャストは勿論のこと、のほほんとした雰囲気、練られたストーリーで完成度が非常に高かった。 友蔵がかなりハマってた。勝手な妄想や友蔵心の俳句もあったし。所々、人物と背景が合成っぽいところがあったけれど、なんでだろう?みぎわさん役の子供は今後大丈夫なんだろうか・・・。

ストーリーが一話完結型だから、また夏頃にやってくれないかな・・・子役が中心だから難しいと思うけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水)

比内や 極上親子丼

またまた比内やコリドー店へ。今日は複数人だったので、奥の掘りごたつの席へ案内される。今日はまだ頼んだことの無かった極上親子丼の大盛りを頼む(1080円)。この調子だとランチメニューを制覇できそう。でも、良く考えたら丼モノ二連発だね。

200604191219000

やはり、親子丼も大盛りで他の定食屋の並盛りのご飯量。玉子は結構ユル目に閉じてある。焼き鳥の時にも使われている鶏肉は同じく弾力性のある柔らかい肉。玉子も半熟だけれど玉子の味がしっかりしていて美味しい。昔は半熟系の玉子が苦手だったけれど、段々と克服できているみたい。

果たして、この店の一番高いメニュー「極上」の親子丼はこれとどう違うんだろう?近々検証してみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

とんき

今日はちゃんと地図を確認して、とんき(「き」は漢字で七を三つ)に行く。どうやら、地下のお店なので、見落としていたみたい。もう既に人が一杯で、並んでいるとどんどん列が長くなっていった。並んでいる時にオーダーを聞かれたので、ヒレカツ丼を頼む(870円)。ちょうど4人掛けの席が空いたので、久しぶりの相席。カウンターからはカツを揚げるところが見れてこじんまりとした店。

200604181222000

ええ、相席でも写真を撮りますよ。玉子を全体に掛けるのではなくて、カツの中心部だけに掛けてあるので、端の部分は揚げたての衣がサクサクとしている。カツ自身に甘めの下味がついているのか、非常に甘いカツ丼。大根のお味噌汁も家庭的ないい味出してる。カツ丼なのに、あまり重くなくてペロリと食べてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月17日 (月)

バッファローバーガー

午後は、いつも以上に画面を凝視していて、フラフラになる。かなり疲れたので、20:30頃に事務所を出る。山手線でいつも帰るけれど、今日は何故か座ることが出来なかった。「もし、品川まで座れなかったら品川で降りてNathan'sに行こう」って思っていたら、本当に座れなかったので降りてアトレ品川へ直行。時間が遅めなので、すぐに座ることが出来た。前回の綺麗な店員さんが居なくてちょっと残念。頼んだのは、もちろんバッファローバーガー+コーラ(1,400円)。サイドメニューはフレンチフライかヨーグルトが選べるみたいけれど、ここは雰囲気的にフレンチフライを選ぶ。

200604172123001

10分位してバッファローバーガー登場。この高く積み上げられたローストビーフが凄い。下にはレタスとトマト、その上にローストビーフ。その上にはオニオンとピクルスが乗っかっている。ソースはケチャップじゃなくて、ローストビーフ用のあまり甘くないソース。写真では見えないけれど、一応フタをするための上のバンズも付いている。横にはフレンチフライが添えられている。

ナイフで切り分ける。バンズに軽い焼き目が付いてあり、切り分けるとサクっという音がする。ローストビーフのソースがいつもとのハンバーガーとは違う感じで良い。ビーフパティでなくローストビーフっていうことで、いつものハンバーガーよりもサッパリしている。残念なのは、ローストビーフが一旦冷蔵されていて、このバーガー全体が暖かくないこと。これがアツアツのローストビーフだったら最高だったのに。ハンバーガーではなくて、サンドイッチの部類に入るんじゃないかな。名前は「バッファローバーガー」だけれど。

個人的には、アイダホバーガーの方が好きだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホットつけちゃん

久しぶりにじゃんがらラーメンに行く。本当は違う店に行くつもりだったけれど、店の場所が分からなくなって、今日は断念。明日は行きたいな・・・。

店に着いたのが12:30だったので、行列が出来ているかと思ったら意外に空いていた。今日はホットつけちゃん(750円)。麺は細麺と太麺が選べるので、太麺を選択。

200604171235000

非常にダシが利いていて、スープが美味しい。じゃんがらラーメンでは一番「普通」なラーメンかもしれない。普通にチャーシューとか入ってるし。麺は最初は茹ですぎかな、って思うけれど、噛むごとにモチモチしていて丁度いい茹で具合だということが分かる。擦りゴマと普通のゴマを掛けるて、一気に食べてしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月16日 (日)

Ultimate JORDAN

以前からオーダーしていたマイケル・ジョーダンのDVDの封を開ける。DVD6枚組みで、かなりマニアックな内容。10年位前に発売されたジョーダン主演のビデオ作品5つに、映像特典としてジョーダンの「史上最高のゲーム」5試合が収録されている。

このDVDボックスのポイントとしては、1980年~90年代前半の試合を見ると現在のNBAの試合が完全収録されている点。現在とプレイスタイルが全然違うことと、ルールが違うこと。やっぱり、現代のバスケの方が洗練されているような気がする。ただ、昔の方が皆フリースローが上手いけれど。あと、フィル・ジャクソンが若い!

ジョーダンが69点入れる試合が丸々収録されているけれど、The Manbaが引退した後に同じように81点入れた試合が丸々収録されたDVD(そのころはBlu-Rayかな?)が発売されないかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月15日 (土)

One's Drive

整体に行った後に、少し歩いて白山にあるOne's Driveへ。カウンター席が空いていたので、そこに座る。結構外国の小物が置いてあって、賑やかな感じ。賑やかだけれど、なんかアットホームな雰囲気。

メニューを見ると、ハンバーガーが全て500円のお店。とりあえず、チーズバーガーを頼む。グァバジュースがあったので、それも(880円)。カウンター席だと、奥にある鉄板が見えるので、焼いている様子を見ながら待つ。作ってくれたのは、ホームページに載っていたマスター。二種類のチーズを使っていることが分かる。フタをしてパティを蒸し焼きにした後、ダイスされたタマネギとレリッシュを乗せ、ケチャップとマスタードを掛けて出来上がり。ハンバーガーが一個乗るくらいの大きさのお皿にピクルス一枚を添えて渡される。

200604151626000

パンは自家製らしい(レジで別売りしていた)。大きさも食べるには丁度いい大きさ。一口食べようとすると、一気に歯で噛み切ることができて、最後にタマネギのサクッっていう食感が残る。ハンバーガー全体がすごくフワフワしていてパティもジューシー。美味しいのでパクパクと一気に食べてしまった。

ちょっとアクセス的に微妙な位置にあるけれど、また来たい、と思った。ホームページでは「ジャンクフード」って謳っているけれど、非常に美味しいジャンクフードでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月14日 (金)

ヨーロピアンカレー

三井アーバンホテルズの一階にある、カフェバルコニーでランチ。席は空いていたけれど、テーブルが片付けられいない席が多かった。基本は待ち合わせ用の喫茶店、って感じのお店。店の外に写真入りで紹介されていたヨーロピアンカレーを頼む。ドリンクが付いて1000円。

200604141232000

面白い形をした器に盛られて運ばれてくる。ヨーロピアンカレーの定義が良く分からないけれど、キノコが入ったカレー。弾力があるタイプのキノコではなく、歯でサクっと噛み切れる。キノコ以外にコレっていう特徴は無かったけれど、無難に食べることの出来るカレーでした。もう少し接客が良かったらなぁ・・・。一応ホテルロビーのカフェなんだからそこら辺はシッカリして欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月13日 (木)

80℃

今日の午前中は客先で打ち合わせ。新橋に戻ってきたのは1時頃。向かった先は80℃。モスバーガーグループのお店らしい。1時を過ぎていたので、意外と店内は空いていた。鞄で席を確保して、奥にあるカウンターでオーダーするタイプ。メニューにあるハンバーガーは三種類。ココはやっぱり、お店の名前を冠してる80℃バーガーのセットを頼む。(850円。単品だと500円)レジで預かったオーダー番号札を机の上に置いて待つ。業態が緑モスとほとんど同じだけれど、喫煙スペースがあるのが一番の違いかな。分煙されているけれど。店のインテリア・仕切りがオシャレな感じ。

200604131304000

これが80℃バーガー。モスバーガーと匠味を足して二で割ったような見た目。モスバーガーお得意のミートソースがタップリと掛けられている。上には、赤・黄・緑の色とりどりのピーマンが乗っかっている。ここではナイフが提供されなかったので、かぶりつくことに。一口食べると、大きな茄子がミートソースの下に隠れていることに気付く。茄子のホクホク感がジューシーなパティを包んでいて、茄子もパティの一部分じゃないかと思ってしまうような食感。ハンバーガー自体が出来たてのアツアツで、ちょっと食べるのに苦労する。

モスの価格設定的に、これが単品500円なのは割安のような気がする。匠味とモスバーガーの中間点を取ったようなハンバーガー。ちなみに、セットはポテトとごぼうサラダでした。休憩するには結構穴場な店かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月12日 (水)

Vodafone live! CAST 2

さて、Vodafone live! CASTもサービスが始まって1ヶ月位経つけれど、それについての感想でも。

開始当初はyubioっていう微妙過ぎる線を攻めたコンテンツしかなかったけれど、3月半ばからチャンネルが二つ増えた。一つはAkibaRun!っていう秋葉原をトピックにした情報誌。もう一つはchu★raraっていうギャル若い女性向けのコンテンツ。コンテンツは今の所、容量的に一つしか購読できないので、違うコンテンツが見たい時には一旦購読を解除して他のコンテンツを選びなおさないといけない。しかも、購読変更は即日対応じゃなくて、次の日曜日に反映される。だから、月曜日の朝に購読変更をしても実際に新しく購読したマガジンのコンテンツが届くのは一週間後。この点は注意したい。

配信される時間は、深夜の2時から4時くらい。新しいコンテンツが着信すると、CAST専用のオレンジ色のアイコンが表示される。それを選択すると、最新版のコンテンツを読むことが出来る。バックナンバーについては7日分が保存される。それ以前のコンテンツは自動削除されるし、保存することも出来ない。せめて、端末ローカルに記事を保存できるような仕様だったら良かったのに。(今のところ保存したいと思うようなコンテンツは無いけれど)

まず、yubioについて。最初にも書いたけれど、非常に記事が微妙。個人的にヒットしたのは「スゴくだ研究所!」だけで他のコンテンツはかなり微妙。特に、週末のコンテンツは酷い。土曜日には意味不明な簡易小説が送られてくるし(しかもオチがボーダフォンのオプションサービスの宣伝だったりする。最悪。)、日曜日は写真家が写した女性の写真が送られてくるけれど、コレを見てどうしろと?最初の週は、ひたすら女性が泣いている写真が10枚近く配信されていたけれど、非常にリアクションに困った。泣き顔フェチには堪らないのかもしれないけれど。「読み物」としての面白さを追求しているつもりなんだろうけれど、個人的には非常に退屈でつまらないコンテンツ。

次に、AkibaRun!。少なくとも、自分が加入していた時期は、毎日メイドカフェの店員さんの写真でスタート。秋葉原=メイドという図式をそこまで強調しなくても。しかも、メイドが可愛くない・・・。後は、同人誌情報など、秋葉原のマニアックで濃い世界について解説しているけれど、もともとこういうコンテンツに購読したいと思う人は、既に知っていると情報だと思うんだけれど。自分は秋葉原=電気街っていうイメージが未だにあるので、その電気街としての秋葉原情報があればもっと一般受けする内容になると思うのに。内容が偏りすぎ。でも、最後の新発売の書籍一覧は、今後のサービス拡大の一つのヒントになるかも。毎日送信されることを利用して、登録してある分野の発売日情報等を自動配信できるような仕組みにしたら個人ブックマークみたいな感じで使えるのに。

最後にchu★rara。自分はギャル系の女の子に興味が無いので、正当な判断を下すことが出来ないけれど、色々な意味で非常に濃い内容。まずは、カリスマギャル(?)のファッションチェック。ご丁寧にも、服の値段とかも書いてある。意外と安いのね・・・。ここから直接オンラインストアに飛べない所にボーダフォンの商売下手さが表れている。その次にはサークルの紹介。出会い系サイトのような非常に危険な匂いがするけれど、ボーダフォン、公式コンテンツでこんなことやって大丈夫なのかな?老婆心ながらちょっと心配。最後は星座占い。方向性はアレだけれど、一番雑誌っぽい記事構成な気がする。もっと万人受けする分野で同じくらいの濃さを保っているコンテンツがあればいいのに。

やっぱり、月額315円払っているのだから、R25並のコンテンツが無いとダメだと思う。しかも、R25はタダだし・・・。自分は試したこと無いけれど、確かケータイ電話版があったような気がする。現在のところ、315円払って加入するほどのコンテンツは無いと断言しておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月11日 (火)

Pe'z magic

今日は気圧の関係か、お昼頃に強烈な睡魔にやられる。お昼ご飯を食べないで、机で寝てた。外に出なかったので、お昼ご飯代が節約できたのと、周りの雰囲気的に早めに帰れそうだったので、思い切って6時台に事務所を出る。そして、お腹も丁度いい位に空いて来たから、六本木にあるPe'z magicに行くことにする。(読み方は、「ペーズマジック」らしい)

汐留からは大江戸線でおよそ10分くらい。いつもの六本木ヒルズ方面の改札でなく、乃木坂方面の出口を出る。やっぱり、こっち側の出口は人通りが少ないね・・・。HPに載っている簡単な地図を頭に入れていたので、ガソリンスタンドがある所を左に曲がる、ということだけ考えて、雨の中歩き出す・・・。すると、いつまで経ってもガソリンスタンドには当たらず、そのまま乃木坂の駅に着いてしまった。焦って近くにあった地図と住所を照らし合わせてみると、どうやら大き目の道を曲がるはずだったみたい。もう一回その怪しいと思われる交差点に行ってみると、地面に大きな穴を掘って工事中のスペースを発見。きっとココにガソリンスタンドが昔あったのね・・・と思いつつ、不安を抱えながら曲がってみる。

すると、小さな看板を発見。店は、駐車場の奥で静かに営業していた。なんか、不思議な感じの店構え。店に入ると、レジの横にオープンキッチン風の調理場が。全体的に白を基調とした店内で、清潔感がある。流石に、一人で5人掛けの円卓に座るのはアレなので、店の奥のテーブル席に座る。紳士風のオジサマが注文を取りに来たので、何を頼もうか迷ったけれど、折角珍しい所まで食べに来たので、お店の名前を冠しているPe'z Burgerのミディアムサイズ(1/3LB)を頼む。ドリンクは、7upをオーダー。

200604111930000

調理場から香ばしいイイ匂いがするなぁ、と思ったらPe'z Burger登場。運んできたのはオーナーらしき特徴的な髪型の女性。

自家製の全体的にフワフワしたバンズに粗挽き平戸牛を肉を使ったビーフパティがズッシリと乗っかっている。そのパティの上にソテーされたマッシュルームとタマネギが乗っかっている。サワークリームを使って、味の幅を広げている。右側にあるのが有機栽培のピクルス・トマト・レタス・タマネギ。このバーガーでは、ソテーされた甘みのあるオニオンと生のちょっと苦い二種類のオニオンを楽しむことが出来る。

一旦、全てを合体させたけれど、ちょっとバランスを崩してしまったので、それぞれの部品を適度な大きさに切り分けて、フォークで串刺すようにして食べた。かなりの美味。肉自体がほのかに甘い。焼き方は外側がちょっと硬くなる位のウェルダン。有機野菜はみずみずしくて、素材そのものの味がしっかりと付いている感じ。

スローフードとしてのハンバーガーを楽しむはずなのに、冷めてしまったら勿体無い、という気持ちで一気に食べてしまった。

ただ、本当にハンバーガー本体だけで1500円以上する(サイドにフレンチフライ等は付かない)ので、コストパフォーマンス的にはちょっと厳しいかも。それでも、その値段に見合った、とても美味しいハンバーガーだと思いました。きっと、サラダも美味しいんだろうなぁ。

このページを印刷して持っていけば、フレンチフライとオニオンリングがサービスになるらしい・・・かなり後悔・・・オニオンリングがかなり美味しそう・・・泣。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年4月10日 (月)

比内や やきとり丼

午後から外出だったので、手軽に食べられそうな丼の店を探す。そういえば、先月行った比内やのやきとり丼が美味しそうだったのを思い出して、比内やへ。まだ時間が早かったので、先客は2名ほど。これだったらパッと食べてすぐに出れる、と安心。

やきとり丼を予定通り頼む。前回はご飯が少なめだったので、100円追加して大盛りにする。1,080円。前回と同じカウンター席だったので、焼き上がる過程を見ながら待つ。どうやら、軽く炭火で焼いた後に一回タレを付けて、その上から更に焼いていく。段々と焼き目が付いてきて、かなり美味しそう。焼きあがったら最後にもう一度タレに漬けて、完成。

200604101203000

ボリュームはそれほど多くないネギ間の焼き鳥二本。メニューによると、生でも食べられる鶏肉らしい。このままでは食べにくいので、まず串を外してから食べる。鶏肉が程よい弾力感があって、噛むとキュッという心地よい抵抗感が。掛かっているタレもベースは甘いんだけれど肉の味に干渉せず、鶏肉のジューシーさを引き立ててる。軽く焦げ目が付いたネギはかなり甘い。鶏肉と一緒に食べると、鶏肉の甘さにネギの甘さが更に加わって、何とも言えない味わいに。ご飯の量は大盛りにして丁度いいくらいだった。

今度は親子丼を食べに来たいな。「究極」と「極上」の違いが気になる・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 9日 (日)

FF12クリア

FF12、やっとクリアしました。最終セーブ時間は57時間15分。レベルは44。途中(某塔)から、メインメンバー3人でずっとボスを撃破してた。ゲーム性が失われるのでミストナック連携は使わずに。

以下がネタバレを含む感想なので、FF12をまだやっている/やる予定の方はご注意ください。白文字で書くので、読む場合はドラッグして反転させてください。

プレイ時間は今までのFFと同程度だけれど、ストーリーがかなり薄かったような気がする。ラスボス戦までの盛り上がりが欠けていて、終わった後も妙な消化不良感が残った。序盤、出てきた瞬間に「ああ、コイツがラスボスか、ラスボスの一個手前のボスだな」って感じたヴェインと主人公グループの直接のやりとりが無さ過ぎて、唐突にラスボスとして戦ってしまった感じ。これだったら、シドがラスボスだった方が物語的に盛り上がったかもしれない。アーシェがラスボス化したらFF7のエアリスが死んだ時以上のブーイングだったろうね・・・でも、途中まで危険(邪悪)な匂いを出してた。

登場人物の掘り下げが殆どなかったのも消化不良感の原因。まず、主人公であるはずのヴァンが殆どストーリーに絡まないし、パンネロはただの一般人。バルフレアとフランが一緒に行動している理由、ロザリア帝国のヘンなサングラス男など、意味深な謎を残して消えていったキャラクターが多すぎる。バルフレアを狙っていた緑色の男は一体・・・?唯一解決したジャッジ・ゼクトの伏線なんて、唐突過ぎて完全に忘れていたし。バルフレア本人が言うとおり、ヴァンが居なくてバルフレアが主人公だったとしてもストーリー上何も問題ない所が怖い。

もしかすると、消化していない謎はFF12-2の為に残してあるのか・・・。やめてくれー。本当はもっとストーリーが長かったけれど、容量の関係でカットしたとか?死都ナブディスは正規ルートでは全くのノータッチだったし。マップ配置上、帝都に行った後に死都に行くものだと勝手に予想してた。

ビジュアルについては、シームレスな戦闘方法と絡んで、かなり楽しめた。帝都に向かって北上していくときは、地域毎に風景がガラリと変わって、冒険している感じがした。フォーン海岸のビジュアル・音楽が好き。そして、ボス二連戦を経て帝都に着いたときは、FF11のジュノに初めて辿り着いた時の感動に近かった。

ガンビットのシステムは良かったけれど、ライセンスのシステムはかなり酷かった。FF10のスフィア盤の方が、まだキャラクターに個性が出ていた。結局、似たような装備になってしまって、ここでもキャラクターの個性が殺されてしまっている。装備品も沢山の種類が用意されているけれど、結局「片手剣」「騎士剣」「銃」「弓」しか使わなかった。装備品も皆一緒。あと、やっぱり防具系を変えたらビジュアルも変えて欲しかったな。

5年ぶりのスタンドアロン形のFFということで、かなり楽しめた。自分はやり込む時間が無いけれど、きっとFF5のようにシステム的にマニアックな遊び方が出来るゲームだと思う。次のFF13はPS3での発売なんだろうなぁ。この調子だと、本体ごと買ってしまいそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

匠味(チーズ)

ゆっくりと本を外で読みたかったので、駅前のモスバーガーへ行く。エクセルシオールカフェもあるけれど、あっちは禁煙じゃないからイマイチ落ち着けない。完全禁煙の店、自分の中ではかなりのポイントアップ要素。

夜ご飯も兼ねるので、ハーガーも頼む。良く考えてみれば、匠味十段は頼んだことあるけれど、普通の匠味は頼んでいないことに気づいたので、匠味(チーズ)を頼む。サラダセット、飲み物はウーロン茶で。990円。

レジで頼む時は20分くらい掛かるって言われたけれど、実際には10分ちょっとで運ばれて来た様な気がする。本を読んでいたから、時間は気にしてなかったけれど。最近、大きなハンバーガーばかり食べているから、「大きさ」に対する感動がかなり薄れてしまっているような気がする。それでも、このチーズがトロけ落ちているシルエットが食欲を誘う。チーズの上にあるのは、ソテーされたタマネギ。

200604091910000

かぶりつけるように紙で包まれているけれど、ナイフとフォークで切り分けて食べるので、折り目の部分を手で破いてから食べ始める。上の方にはデミグラスのようなソース、トマトの上にはケチャップ、レタスの下にはマスタードが使われていて、部分毎に違う味わい。デミグラスがケチャップ+マスタードに追加されているので、味に奥行きが出ている。ビーフパティ自身は塩胡椒で下味が付けられているので、噛むとほのかに胡椒のスパイシーな味が伝わってくる。やっぱりモスバーガーはいいねぇ。

食べ終わった後も本を読み続けていたけれど、だらしのない格好をして大声で話す集団が入ってきたので、それと同時に退店。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 8日 (土)

FIRE HOUSE

整体に行く前に、紹介されたハンバーガー店、FIREHOUSEに行く。

春日の駅から本郷三丁目に向かって春日通りの坂を登って行く。5分位すると、目的の店を発見。なんか、並んでいるのがカップルばかりなんですけれど・・・。カップルに混じって並ぶ自分。店の前によくファミレスに置いてある予約シートに自分の名前と「人数:1」と書く。嗚呼、カッコイイ・・・。外で待っている間に、置いてあったメニューで何を食べるか考える。やっぱり、チーズバーガーが気になった。

程なくして、店の中に入る。店の中はちょっと暗めのアメリカのカジュアルな感じの店。カウンターからはパティとバンズを焼くための鉄板が見える。とりあえず、チーズバーガーとコーラを頼む。机に置いてあるメニューを見たら、コーラが一杯400円もすることが判明。外のメニューでは200円って書いてあったのに・・・良く見ると、赤い文字でイートインの値段は違う、って書いてあるけれど、まさか倍するとは思ってなかった。(1,470円)

200604081559000

白いプレートに乗って、チーズバーガー登場。意外と小ぶりなサイズ。横にフレンチフライとピクルスが一個添えてある。バンズは外側がパリっとしているけれど、中身は結構フワフワ。ナイフで切り分ける。半分にして、一気に食べようとしたら、中身がスルリと抜け落ちてしまった。不覚。マヨネーズがタップリ入っていたので、それで滑ってしまったんだろう。あと、よく見たらレリッシュが入っていた。この酸っぱさが懐かしい。

仕方ないので、落ちてしまった分については、別々に食べた。肉の方は程よく焼けていてジューシー。野菜は少なめ。マヨネーズは多め。個人的にはマヨネーズはデフォルトでは少なめ方がいいかな。残り半分は、更に半分にして、フォークで上から押さえつけて1/4になったハンバーガーを一気に口の中に押し込む。そうしないとまた落ちそうで・・・。

備え付けられていたピクルスはもう少し歯応えが欲しかった。

素朴なハンバーガーだけれど、値段が素朴でないのが残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マスカット味

4月3日に発売されたハーゲンダッツの季節限定シリーズの最新作、マスカット味。早速コンビニで見つけたので買ってきました。ホームページにはこれで一段落するみたいだけれど、今後の季節限定は何が来るんだろう・・・?

200604081342000

前回のブルーベリー味がコッテリとしたフローズンヨーグルト寄りのアイスクリームだったことと、マスカットの特製を考えると、シャーベット寄りのアイスクリームになるんじゃないかと勝手に予想。

フタを開けてみると、クリーム色のアイスクリームだった。全然シャーベットっぽくない、クリーミーなアイスクリーム。マスカットの果肉も混ぜ込んである。味の方は、マスカットの風味は勿論あるのだけれど、全体的に蜂蜜のような甘い味。見た目はコッテリだけれど、食べると意外とアッサリとした舌触り。甘すぎないので、紅茶とかと合うかも。ダージリンティでダブルマスカット、とか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 7日 (金)

T.G.I FRIDAY'S

突然ですが、「ココのハンバーガーが美味しいよ」という情報、お待ちしております。とりあえず、現在のストック(?)はFIREHOUSEPe'z magicっていう店です。他にも美味しいハンバーガー店をご存知でしたら、教えてください・・・。

さて、今日は華金ということで、銀座八丁目のT.G.I FRIDAY'sに行く。目的は、勿論ハンバーガーを食べるため。ランチメニューを見て一瞬ハンバーガーが無い、ってちょっと焦ったけれど、目立たないところに発見して一安心。スープとドリンク付きで950円。チェダーチーズをトッピングして、合計1,000円。ドリンクはペプシコーラを注文。久しぶりに見た、24ozのコップ一杯に注がれてくる。しかも、リフィル可能らしい。流石アメリカン。

200604071227000

またまたデカいハンバーガー登場。ココではちゃんと専用の大きなナイフが付いてきた。サイドには勿論フレンチフライが。下からレタス、ピクルス、トマト、オニオン、そしてビーフパティにチェダーチーズ。やっぱりそのまま食べるのは難しそうなので、添付のナイフで切り分けながら食べる。

感想として、胃袋にズッシリ来るタイプのハンバーガー。肉はガンガン焼いてあるので、肉汁は少なく、ちょっと硬めのウェルダン。個人的にはもう少しレアな方が好きかな?あと、刻みレタスが使われているので、レタスの持つシャキシャキ感があまり感じられなかった。夏のバーベキューの時に食べるハンバーガーのイメージ。男の食べ物、という感じがプンプンする。

フレンチフライには、塩の他にオニオンパウダーみたいのが掛かっているような気がしたけれど、気のせいかなぁ?あと、テーブルにサッカリンを使った人工甘味料SWEET'N LOWを発見。このパッケージ、懐かしすぎる。昔は発がん性があるということで、パッケージの裏に「Hazardous to your health」っていう表記があったけれど、どうやら2000年にアメリカの学会でサッカリンは発がん性物質リストから除外されたらしい。昔はアイスティーにコレを入れて飲んでいたなぁ・・・。

200604072251000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 6日 (木)

TOKUJI

この時期は何かと忙しい。色々な処理をやっていたら、昼休みに突入してしまったので、一段落した後に昼食をとりにいく。微妙な時間なので、あまり遠くに行けないから、汐留シティセンター2階にある地鶏と地玉子TOKUJIに久しぶりに行く。最近外に食べに行けていないなぁ・・・明日は晴れていたら外に行こう。

もう殆ど客がいない状態。頼んだのは地鶏すきやき丼(980円)。

200604061352000

御飯の上に、スキヤキっぽい味付けがしてある具が乗っかっている。真ん中には半熟玉子。鶏肉もあるので、これもある意味親子丼状態。程よい感じに御飯にスキヤキのツユが掛かっていて、食べやすい。一気に掻き込むことができそう。何となく、急いでいる時に牛丼のツユだくを頼む人が多いのが分かったような気がする。

ただ、この店の場合、以前食べたつくねハンバーグが一番美味しいかな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 5日 (水)

Red Bull

帰り道、Red Bullなる怪しい飲み物を近くのコンビニ(7-11)で発見。こういう怪しい飲料に目がない自分は即購入。

パッケージには、「RED BULL(c) Energy Drinkはパフォーマンスを発揮したい時のために開発されました。(中略)Red Bullはトップアスリート、多忙なプロフェッショナル、アクティブな学生、ロンドライブをする方など、世界的な評価をいただいております」って書いてある。日本語直訳っぽい文章に萌える。製品名の表記が違ってるし。世界的な評価、ってどこだよ・・・?ヨーロッパかな?って調べてみたら、オーストリア産の意外と有名なブランドだっていうことが分かった。アメリカにも進出しているらしい。でも、自分はアメリカのスーパーマーケットで売っているの見たこと無いような気がする。もしかするとコカコーラに心酔していたから眼中に無かったのかもしれないけれど。

これから寝るだけの自分にとって、今飲むべきか少し悩んだけれど、気が付いたら缶を開けていた。缶の作りが安っぽくて、開けた時の感触が一昔前のアルミ缶(タブが取れてしまうタイプ)みたいだった。缶に圧力掛けたら暴発しそうで怖い。

で、飲んだ感想・・・。一瞬、カキ氷のイチゴシロップかと思うような味。でも、微妙に違う。ガラナが入っているのかな。色は名前の通り透き通った赤い色。半分くらいから段々と飲むのが辛くなってきた。リポビタンDといい、オロナミンCといい、量が少ないから飲めるわけで、Red Bullのように250mlもあると辛い。説明書きを読んだら、コーヒー一杯分のカフェインが入っているらしいし。これから寝たいのに・・・泣。

本当に世界各国でこんな体に悪そうなドリンク(失礼!)をトップアスリートが飲んでいるのかかなり謎だけれど、話題性はありそう。7-11では一列全部を占有していたし。 そういえば、台湾に「狂牛」っていう今となっては笑えない名前のドリンク剤があったけれど、それの同じノリのネーミングなのかな・・・?

とりあえず、FF12のポーションよりは美味い(飲める)、って事だけ言っておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

天ぷら新宿つな八 粹

今日は雨が降っていたので外には行けず、久しぶりにカレッタ汐留へ。皆同じ考えなのか、いつもよりも人で溢れていた。その中で、若干空いてそうな「」に入る。迷っているとどこも埋まってしまいそうなので、意を決して入店。運良く最後のカウンター席をゲット。通常のメニューはランチと言えども結構いい値段なので、唯一お手ごろな「粹ランチ」を頼む。1,365円。

200604051211000

最初に海老二本が揚がって運ばれてくる。海老はカウンター奥の水槽で泳いでいる状態から一気に揚げるので、鮮度は抜群。ちょっと可哀想な気もするけれど。 最後の海老の掻き揚げは形はそれほど大きくないものの、プリプリの海老が掻き揚げになっている贅沢な一品。

ここでは色々な種類の塩が提供されているけれど、4月中旬までの限定として桜の葉を使った特製のピンク色の塩を使って食べることができる。桜餅のような若干の酸味が天ぷらの衣と良くマッチして美味しかった。梅干入り大根おろしもあるし、若干の酸味は天ぷらに良く合うのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 4日 (火)

KUA'AINA BURGER

仕事を早めに切り上げて、丸ビル内のハワイアンハンバーガー店、KUA'AINA BURGERに行く。お昼は食べる気がしなくてパスしたので、結構お腹が空いてきてた。

着くと、タイミングが悪かったのか、結構並んでいた。ここまで来て引き返すことはありえないので、普通に最後尾に並ぶ。少しすると写真つきのメニューを渡されて、また悩む。オススメのアボカドバーガー?・・・無難にチーズバーガーにするか・・・それとも奇を狙って今まで一度も食べたことのないパイナップルバーガーにしようか・・・サイドメニューのポップコーンシュリンプ、美味しそうだなぁ。などなど。

結局、ハンバーガーのセットにチーズをトッピングしたものに落ち着く。セットの内容は1/3LBのチーズバーガーにサラダ、そしてドリンク。ドリンクは迷うことなくまたコーラを選択。全部で1,270円。最初、チーズバーガーの説明文を読んで、「5種類のチーズが乗っている」と勘違いしていたけれど、「どのチーズになさいますか?」という質問にちょっと焦る。そりゃぁそうだよね・・・5種類全部乗って110円の訳ないよね・・・と。チーズの種類も無難にチェダーにした。ポップコーンシュリンプは全部食べられる自信がなかったので、パス。

200604041900000

最初はドリンクだけを渡される。Sサイズのドリンクだけれど、結構タップリと注がれている。バーカウンターのコーラっぽく、コーラの原液と炭酸水が別々になっている時に発生する微妙な苦さがあった。なんか懐かしい。程なくしてサラダが登場。ダイストマトが乗っていて本格的なサラダ。チーズがアクセントとなっていて、ドレッシングも食欲をそそる味で一気に食べてしまった。

200604041908000

そして、遂にメインのチーズバーガー登場。ここもレストランハンバーガーっぽく、下層と上層が分れて登場。下層はビーフパティにチーズそしてその上にこんがり焼いた玉ネギが乗っている。上層はマヨネーズ、レタスそして輪切りのトマトが二切れ。重ね合わせると結構な高さになる。けれども、バンズが思った以上にフワフワで柔らかいので、手で押しつぶすと意外と食べやすいサイズに圧縮される。テーブルに置いてあったパンフによると、この食べ方は「CRUSH」と呼ぶらしい・・・。

残念だったのは、提供されるナイフとフォークがプラスチック製だったこと。Nathan'sみたいに、ちゃんとしたナイフとフォークがあれば、綺麗に切り分けて食べられたのに。

肉はウェルダンで崩れたりはしない。肉の上の玉ねぎの甘さがイイ。個人的には、レタスにもう少しシャキシャキ感があったら良かったかな。

ハンバーガースプリームを求めるなら、Nathan's、全体的なコストパフォーマンスを求めるなら、サラダが付いて1,270円のKUA'AINA、ってことになるかな。両方とも、ハンバーガー自体の質はかなり高いです。

ああ、パイナップルバーガーが気になってきた。パイナップルピザは嫌いだけれど・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 2日 (日)

抹茶ティーラテ

今日は一日中パッとしない天気で、夕方から大雨が降ってきた。今日花見だったら大変だったなぁ、と思いつつ夕方から家に篭る。

昼過ぎに、成城学園前のスターバックスに行って、トールサイズの抹茶ティーラテを買いに行く。自分はかなり曖昧な人間なので、物事の正確な名前を覚えるのが不得意。今日もオーダーするときに「抹茶グリーンティラテ」って頼んで、一瞬店員さんが「??」ってなってしまっていた。この店はコーヒー豆のグラインダーが置いてあった。最近は効率重視のためか、エスプレッソマシンに内蔵されているのに。

普段は2ショットのラテしか頼まないけれど、これは結構好きな部類の一品。ただ、試しに甘み抜きの抹茶ティーを飲んでみたいかも(まぁ、作り方から考えると無理だろうけれど)。普段は手を出さないフラペチーノもちょっとソソられる。いつまで抹茶キャンペーンやっているんだろう?

それにしても、一気に17品も買っている人が居たけれど、花見用なのかなぁ?

---

巨人の日曜日用のユニフォーム、かなりカッコ悪い。これだったら、数年前大失敗してた名前無しの背番号だけのユニフォームの方がマシだよ・・・。東京ヤクルトの新しいユニフォームといい、新調されたユニフォームって殆どデザインが改悪されているような気がするけれど気のせいかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 1日 (土)

花見@代々木公園

代々木公園で花見。

花見のシーズンなのか、JR原宿駅は凄い混雑。改札はSuica専用改札だけ高速道路のETCみたいに空いていた。原宿駅から代々木公園の方に歩いていくと、更に人だらけ。桜の下にギッシリと人が座っている。まだ満開、っていうにはちょっと寂しいかな。一体、日本人はなんで花見をするんだろう、って思ってしまう位の人出。でも、5時頃になって、段々と撤収を始めるグループが増えていって、結構空きスペースも出てくる。寒くなってきたし。

20060313

結局、人数が集まってスタートしたのが夜の7時頃。主食は出前ピザとお菓子。気温がどんどん下がっていくけれど、お酒の力で温まってました。うーん、お酒って凄い。

今日の会は、10年振り以上に会って話せた人も居たりして、なんか新鮮。ただ、桜はライトアップされているわけではないので、「花見」はあまり出来なかったのがちょっと残念・・・かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »