« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006年3月29日 (水)

PIZZERIA Matteo

ココログの対応にはかなり不満が残るけれど、更新を再開します。遡及で記事もアップしますのでお待ちください。

今日はコリドーにある前からちょっと気なっていたピッツェリア マッテオ銀座店に行く。シンプルでオシャレな店内で、いつも混んでいるけれど今日は意を決して並ぶ。客層はOLさんと近辺に事務所がある男性が半々くらい。12時過ぎに入店したので、一番混んでいる時間帯でちょっと待たされた。チーフっぽい店員さんしきりに謝ってくる。別に、今日は時間を気にしていなかったので大丈夫だったけれど。

やっと席が空いて、トマトソースのパスタを頼む。945円でサラダとドリンク、そして一口デザートがセットで付いてくる。ちょっぴりお得な感じがする。

200603291237000

メインのパスタもそれなりにボリュームがあった。最初からタバスコソースが掛かっているのか、少しずつピリっという辛さが口の中で広がっていく。豚肉の具が細かく刻んであるけれど、パスタの量が多いのでちょっと隠れてしまっているような感じ。もう少し大きめにカットするか量を増やしてくれたら嬉しいな。(そうするとこの値段では提供できなくなるかもしれないけれど)

本当は、ピザが食べたかったけれど、今日のピザはアンチョビのピザだったので、パス。アンチョビって結構苦手。店に入るとキッチンにあるピザ用の大きな窯が見えたから、ピザを頼む予定だったけれど、アンチョビと聞いてパスした。今度、アンチョビじゃないピザの時にトライしてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月28日 (火)

胡同文華 CHINOIS HALL

コリドーの一番新橋寄りに位置する中華のお店。

一応、ランチメニューは複数あって、その中から選ぶことが出来るけれど、「日替わりだけれどメニューに載ってない」豚ロースの炒め物を頼むことにする。最初にタマゴ系のスープとライス、そしてサラダが運ばれてくる。なんか、順番が違うような気がする。スープはちょっと塩辛かった。メインがくるまでライスは放置しておいたけれど、既に運ばれてきた時点で冷めているような気がする。

200603281212000

少しして、メインの豚ロース炒めが運ばれてくる。なんか、予想していたものよりアッサリとした感じ。味の方は普通。なんか特徴が無いっていうか。たまたま今日頼んだ一品が冴えなかったのかどうか分からないけれど、個人的には外したと感じたランチだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月27日 (月)

広豚麺

外出先の池袋で食べたご飯はかなり問題あったので、記事にはしません。いつまで経っても注文を聞きに来ない、注文してから20分位して頼んだ日替わりが実は売り切れていて、違うのを頼めと言ってきたり。値段はドリンク付いて800円とかなり安いけれど、ちょっとサービスが悪すぎた。

夜、地元の駅にある広豚麺に行く。駅からちょっと遠い場所にあるからあまり頻繁には行けないけれど、結構好きな味。相変わらずお店の自動ドアが壊れたままで手動で開ける。直さないのかな・・・。これはこれで味があってイイ気もするけれど。

600円の普通面に白ネギと味玉をオプションで乗せる。

200603272220000_1

ここの麺はちょっと太めで、スープが熱くても麺は比較的低温だから猫舌でラーメンに苦労する自分でも一気にズルズル食べることが出来る。もともとニンニクが利いているラーメンだけれど、テーブルにニンニクペーストが入った瓶が置いてあるので、タップリとニンニクを入れて堪能。

帰り道、ニンニクの匂いをプンプンさせながら帰宅・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月25日 (土)

回数券

地元近くの大学の卒業式が今日あったらしく、駅では華やかな格好をした女の子と似合ってないスーツを着た男の集団で賑わってた。卒業のシーズンですね・・・。そういえば、今度の新入社員の研修についてちょっと書かれたメールが飛んできたけれど、毎年毎年違う方式で教育するなんて、人事も大変ですね。

土曜日は体のメンテナンスの日。二週間ぶりにいつも1時間掛けて通ってる整体に行く。二週間ぶりにやってもらったので、気持ち良さに半分くらい寝てた。やっぱり、同じ担当の人にやってもらうと安心感がある。4月から消費税分値上げされるということで、回数券を購入。10回分で45,000円。一回につき500円の得だけれど、消費税分も考えるとプラス250円の合計750円得になる計算。先行投資はちょっとツラいけれど、長い目で見たら得していると自分に言い聞かせて支払う。

最後に、髪をカットする。今日は私服だったけれど、前回・前々回と結婚式に呼ばれた日に切りに行っていたので、「スーツの時と普段の時だと印象が違いますね」って言われる。そりゃあそうだ。あまり切り過ぎず、ちょっとスッキリさせた感じにしてもらう。

FFもガ系魔法が使えるようになってきたので、佳境に入ってきた感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月24日 (金)

アイダホバーガー

会社の近くにNathan'sがある。最近、会社の先輩Kさんからアトレ品川にもNathan'sがあって、そこではホットドッグの他にもハンバーガーを取り扱っている旨を聞く。そう言われると行かない訳がなく、今日の帰宅時にわざわざ品川で降りてハンバーガーを食べに行くことに。

アトレ品川の二階に目標となる店をすぐに発見。どういうシステムなのか分からなかったけれど、どうやら普通のレストランみたいにウェイトレスさんに席を案内されるタイプの店舗らしい。店内は満席だったので外の椅子に座って待つ。スーツを来た男が一人並んでいるのはちょっと恥ずかしいような気がするけれど、誰も見てないだろうし、美味しいハンバーガーを食べることが出来るのなら、コレ位耐えます・・・。ウェイトレスさんがかなりキレイだったので、ちょっとキョどる。

傍にメニューが置いてあったので軽く目を通すと、Kさんが食べたというバッファローバーガーを発見する。ローストビーフをハンバーガー形式にしたもので、写真からもそのボリューム感が伝わってくる。気持ちが固まりつつある中その隣を見ると、アイダホバーガーなるハンバーガーの写真があるのに気づく。和牛100%のパティと、バッファローバーガーに負けず劣らずのボリューム感。かなり悩んだ。でも、今回はハンバーガーを食べに来たということで泣く泣くバッファローバーガーを諦めて、アイダホバーガーを頼む。折角アメリカンなハンバーガーを食べるので、コーラをセットで付ける。合計1500円也。

オーダーして10分位して、アイダホバーガー登場。

200603242007000

思わず「キター」って叫びたくなる衝動。もちろん、表情には出しませんが。手にとって食べるのが最初から不可能と思わせるその高さ。大き目のビーフパティとその上に綺麗に網目のマキアート状態で掛かっているソース。横に添えてある形の大きいフレンチフライ。そして、飲み物はコーラ。完璧です。アメリカのレストランモード突入です。

この大きさなので、勿論ナイフとフォークで切り分けて食べる。結構鋭利なナイフが付いてくるので、サクサクとハンバーガー全体が切れる。一口サイズに切り分けて食べるとそれはもう至福の美味しさ。ビーフパティは肉汁たっぷりで非常に柔らかい。下に敷いてあるレタスもかなりシャキシャキしていて歯応えがキモチイイ。上のソースも適度な存在感でハンバーガー全体の味を〆ている。結構夢中になって一気に食べてしまった。

しかしこれ、予想通り相当ボリュームがあるから、女の子だったら一つを二人でシェアしても十分だと思う・・・。

今度来るときは、バッファローバーガーを是非トライしてみたい。絶対にまた来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月23日 (木)

ハーゲンダッツ ブルーベリー

3月20日に新発売となったハーゲンダッツ・ブルーベリー味。早速買ってきて食べてみました。

200603242308000

フタを開けると中にはいかにもブルーベリーっぽい青紫色のアイスクリームが登場。クリーム感の強めのフルーツアイスクリーム。勿論、ブルーベリーの果肉も含まれている。やっぱり、ハーゲンダッツのフルーツ系のアイスクリームは果肉が入っていないと!ココナッツフレークが入った改良版のココナッツミルク味出ないかな・・・。

このコッテリ感は限りなくフローズンヨーグルトに近いような気がするけれど、やっぱりアイスクリーム。個人的にはもう少しクリーム感を抑えた方が好みだけれど、これでも十分にイケる。ブルーベリーは目に優しいということで、デスクワークに疲れたときのおやつとして食べると良いのかも。(目に優しいのはイングランド産のブルーベリーだけ、という噂もありますが)

次はマスカット味ですか・・・。いったいどういうアイスクリームになるのか予想できないのでちょっと楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月22日 (水)

炭焼 四八

期末で忙しいのに、恐ろしく眠い。原因はハッキリしているんだけれど。

今日はお昼に行こうとした瞬間に仕事が舞い込んできて、またエクセルで数字のお遊び。今回は比較的スジが通ってる作業だったので、1時間半くらいで完了。修正した結果を新しいエクセルに纏めて、検算。間違っていなかったので、堂々と2時頃に遅めの昼食を取りに外に出る。

時間が中途半端なので、いつもは足を踏み入れない汐留シティセンター二階の「炭焼 四八」に行く。炭焼きカルビ丼を頼む(1200円)。この店では平壌手打ち麺が食べられるそうだけれど、今日はパス。どんな麺なのかちょっと気になる。まぁ、次回以降ということで。

200603221418000

2時だったので、客はマッタリと読書をしている女性と、女性と楽しそうに下らない話をして一人盛り上がっている二人組と自分だけ。お昼時はそれなりに混んでいるはずだけれど、やっぱり時間が少しズレるとこうも違うのか。それこそ、落ち着いてじっくり物事を考えるのには良い場所かも。お喋りが気にならなければ。

どんぶりの方は、白米の上にレタスが敷いてあって、その上に牛カルビが乗っている。レタスを先に食べてしまうと、レタスが受け止めていたタレが一気にご飯の方に染みて、牛丼のツユダクのようになってしまう。ツユダクが好きな人はいいかもしれないけれど、ドライ派の自分としては、タレがもう少し少なくてもいいんじゃないか、って思った。

比べるのは良くない、と思うもこういうのを食べると焼肉ジャンボの肉が恋しくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲームバランス

さて、最近の休日は文字通りFF12漬けなんだけれど、時間を忘れてしまう位今回のFFは面白い。

・所々、FF10-2と同じようなノリの部分を感じるところがあるけれど、他の部分のクオリティが激しく高いので、全然気にならない。

・モブ討伐はFF11のNM狩りと同じノリ。町の広さといい、戦闘方法といい、かなりFF11のシステムを引き継いでいるいる。ただ、装備を変えたら防具もグラフィックが変わって欲しかったな。

・ミストナックを今まで使ってなかった(使い方が分からなかった)けれど、コレ、ゲームバランスが一気に崩れる位強力だね。普通の攻撃で500程度しか与えられないのに、これを使うと一気に15,000のダメージを与えられるのはちょっとやりすぎ。雑魚戦を戦い抜くためにレベル上げは必要だけれど、ボス戦に限ればミストナック連発をすれば一瞬で倒せそう。ミストナックを使い終わった後に、一人ずつ入れ替えてMPが満タンのキャラがまたミストナックを発動させれば、一気に40,000以上のダメージを与えて、ボスを瞬殺できてしまう。

・召喚獣の使い方が未だによく分からない。ボス戦で使うとメッタ打ちにされて、瞬殺されるし。もしかすると、召喚獣は移動中に使うのかな。

マップの埋まり具合から言って、やっと半分かな。これからの展開にかなり期待しつつプレイします。週末が待ち遠しい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火)

祝WBC優勝

いやー、素晴らしい試合だった。初回に4点取ったときには簡単に勝てる試合だと思ったけれど、キューバの粘りは凄かった。9回のダメ押し点が取れなかったら、サヨナラ負けしていたような気がする。それにしても、キューバはピッチャーを何人つぎ込んだんだ?

MVPは松坂だけれど、もし対アメリカ戦で勝利していたら、上原がMVPだったと思う。準決勝でのあの零封は凄かった。両者とも、メジャー移籍前に最高の売り込みが出来たんじゃないかな。

しかし、シーズンが始まる前にこんなアツい大会を戦い抜いて、選手たちのモチベーションは大丈夫だろうか・・・。特にイチロー。毎試合が緊張感のあるゲームで最高の思いをしたのに、シーズンが始まったら弱小チームで長いレギュラーシーズンを戦い抜くことになる。何となく、マリナーズでプレイするイチローは今年が最後のような気がする。今回のWBC期間中のメディア対応(そして、某国への挑発的な発言)から、途中でトレード志願をぶちまけるような気がしてならない。

とりあえず、今日は気分良く眠れそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月20日 (月)

築地 寿司 清

今日は飛び石休日の挟間の日。やっぱり、四連休にしている人も多いのか、電車が若干空いていたような気がする。あ、そういえば地元の駅のチャイムが某国民的ヒーローのテーマソングに変わっていた。ちょっとびっくり。期間限定のものなのかな?

ランチはまたコリドーの方に歩いていく。最近は暖かいけれど、風が強い。目にゴミが入るような気がしてちょっと怖い。入ったのは築地 寿司 清。全てカウンターのお店。左右に3人ずつ寿司職人さんが寿司を握っている。おすすめ(1,418円)を頼む。サラダと蟹汁がついてくる。

200603201222000

カウンター席なので、食べながら目の前のお皿に寿司が追加される。蟹汁の写真を代わりに撮ってみる。ちょっと塩辛めの味付けかな。久しぶりに美味しいサーモンを食べたような気がする。

3人ずつグループで握っているようだけれど、どうやらリーダーが一人居て、他の二人は見習いみたいな感じっぽい。途中、リーダーが部下の人を叱っていたけれど、そういうのは営業が終わったあとにした方が良いと思うんだけれどなぁ。見習いさんの握った寿司を食べている自分としては・・・。

11時に帰宅して、またFFです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月19日 (日)

女王の教室 Episode1&2

リアルタイムでは見ることが出来なかったけれど、HDDに録画しておいたので両話とも観ることができた。一言で言うと、なんか消化不良。期待しすぎたのかもしれないけれど。

・生徒の紙ファイルを全部シュレッダーに掛けていたのはやっぱり個人情報保護法の煽りなのかな。命を掛けて書いたファイルなのに、勿体無い・・・。

・子役二人の再登場は要らなかったような気がする。

・まさか、真矢発言のルーツがボコボコにした生徒のモノだったとは。

・角材でボコボコにされたのに、残ったのはカッターの傷だけですか。

・最終話での乱闘で相手の足に刺したのって、2話で出てきた護身用のナイフだと今までずっと思ってた・・・。見終わった後に最終話の該当シーンを見返して、ペンであることを確認しました。なんか、芸が細かいね。

エピソード1&2と銘打っているだけあって、最後のシーンがそのまま本編の第一話に繋がって終わるけれど、それが消化不良感の一番の原因かな。あのミスキャストっぽい石原良純教官を納得させて再教育センターから出るところまで描けば良かったのに。

続編が出ても良さそうな歯切れの悪い終わり方だったけれど、これ以上続編は作らない方がいいような気がする。本編が神ドラマだけに、これ以上作ったら劣化するだけだろうし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月18日 (土)

FF12三昧

金曜日の夜は帰ってきて、朝の3時までプレイ。

個人的には、「ライセンス」システムはちょっと面倒くさい。FF10のシステムを進化させたものなんだろうけれど、自分の目当ての武器・アビリティがどこにあるか分からないで闇雲に探していくのはちょっと大変だし、意味の無い作業。防具も、なぜ同じ防御力のものが複数あるのか最初分からなかった。どうやら、防具の種類によってアビリティが変化するみたいだけれど、装備してみないと効果が分からないのがツラい。お金が全然貯まらないのもFF11の流れなのかな?

でも逆に、「ガンビット」システムは非常に面白い。一人のキャラクターに複数のロジックを持たせることが出来ないので、キャラクター毎に役割を考えるのが楽しい。直接攻撃(盾)役、サポート系の緑魔法を掛けるFF11でいう赤魔導師のような役、範囲攻撃を喰らわないように飛び道具や魔法でひたすら攻撃する役・・・など使い分けてます。ボス戦などで、いざというときにMPが足りないことが多くて、まだまだ試行錯誤中です。ああ、プロテアが欲しい!

てか、緑のドラゴンが倒せない(最初の恐竜じゃないです)・・・ただいまLV20。やっぱりサブイベントをシッカリこなさないとダメなのかなぁ?最近のFFやDQは大してLV上げをしなくてもサクサク進めたような気がしたけれど、FF12は意外に難しいね・・・。召喚獣の使い方もイマイチよく分からない・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月17日 (金)

築地 福せん

今日は朝から何故か落ち着かない。WBCのアメリカ対メキシコ戦があって、メキシコが何かやってくれるんじゃないか、っていう期待があったからだと思う。最近メヒコに愛着が沸いてきた自分としては、是非ともラティーノ・パワーを世界に見せ付けておきたいところ。

11時ころから、試合の行方が気になる。お昼もパッと済ませようかと思ったけれど、風が強い中、フラフラと築地方面まで歩いてしまう。相変わらず人気の寿司屋は有り得ないくらいの行列が出来ていたので、違う店に行くことに。メニューを見ていたら鰻が食べたくなって、「福せん」という名前のお店に入る。ランチの鰻ちらし丼を頼む。お吸い物付きで1300円。

200603171223000

店に入ると、なんだか店内が騒がしい。アメリカ対メヒコ戦のラジオ中継が流れていた。メヒコが1点リードでアメリカ9回裏の攻撃の場面。甘めのタレで非常にジューシーで柔い鰻だったけれど、今日は神経が耳の方に行ってた。A-Rodが打席に立ったときには「数字は残すけれどここ一番では弱い」等と普段のヤンキース戦の実況では絶対に言わないような発言を連発するアナウンサーにちょっとゲンナリ。やっぱり中立な実況は日本では無理だね。

試合のほうはご存知の通りメヒコが2四球を出しつつも最後は6-4-3の併殺で終了。ご飯はもう既に食べ終わったけれど、ラジオで勝利を聞くまでは残ってました。

やっぱり、Webのスコア速報で数字を追いかけるよりも、実際に実況で試合を追うほうが遥かに楽しいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月16日 (木)

比内や コリドー店

すいません。詳細は後日アップします。

200603161215000

塩焼丼950円。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FF12速報

FF12・・・FF11のスタンダロン進化系だね、これ。

とりあえず、マップが見にくい。固有名詞が多すぎる。やっぱりちょっと予習しておいた方がよかったかな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝 15000HIT

本日で15,000ヒットを記録することが出来ました。読んで下さっている皆様、ありがとうございます!!

ふと記録を見てみると・・・

1:2005年5月5日

5,000:2005年10月24日

10,000:2006年1月22日

15,000:2006年3月16日

さて、20,000ヒットはいつになるかな?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年3月15日 (水)

新潟ゆのたに心亭

今日はちょっと遅めに事務所へ。事務所に向かう途中、いつもラテを買っているスターバックス新橋ゆりかもめ店で、オーダーして待っていると「出勤時間変わったんですか?」って声を掛けられる・・・。

ごめんなさい。明日はちゃんと定時前に行きます・・・。

そんなで、お昼の時間も仕事の進行上ズレてしまったので、汐留シティセンター1階のベーゲル屋の跡地に出来た「新潟ゆのたに心亭」でお握りを買う。(ホームページが凄く素朴だ・・・)

200603151248000

ホームページが素朴な割には、結構高めの値段設定。お米は新潟のコシヒカリを使っているらしく、海苔や使う水についてもこだわっているらしく、上記三つ合計で550円。甘昆布(150円)、明太子(200円)、そして鳥そぼろ(200円)。おむすび権米衛では、売り場の後ろで実際に握っているのがみえるけれど、これも同じように後ろで握っているのかな・・・?

ただ、お握りだけだとなんか物足りないね・・・。一緒にお惣菜を買っておけばよかった。

アマゾンからFF12の出荷通知が来た。明日は早くに帰宅しよう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年3月14日 (火)

Doughnut Plant

朝は外で打ち合わせ。いつもより1時間長く寝られて気分は上々。

事務所に帰ってきたのがお昼には遅めの時間だったので、日テレ下のDOUGHNUT PLANT NEW YORK CITYに行ってベーグルを買ってくる。ベジタブルベーグルサンドイッチセットを頼む。今日で終わってしまうらしいトウフハンバーグ&アボカドのベーグルサンド。それにブルーベリーのドーナッツを追加する。セットにはベーグルとサラダ、そしてドリンクが一杯付いてくる。全部で1030円。

サラダに付いているハニーマスタード系のドレッシングが意外に美味しかった。あと、サラダの中にカボチャが入っているのも珍しい感じがした。

200603141323000

豆腐ハンバーグなので、肉は一切使っていないらしい。見えにくいけれど、アボカドがその上に乗っかっている。食べるときにギュっと挟んで持ってしまうと、中身が潰れて横から出てきてしまうので、大きな口を開けて食べる必要がある。下に敷いてあるシソにびっくり。シソの味が全体を〆ていて、アッサリとしているヘルシーなベーグル。

200603141350000

ブルーベリードーナッツ。 ブルーベリーがアイシング状態になっているドーナッツ。アメリカのドーナッツらしく、非常に甘い。この甘ったるさがアメリカっぽくて懐かしい。ドリップコーヒーを頼んだけれど、それと一緒に飲むとドリップの苦さとドーナッツの甘さが中和されていい感じに。色合い的にブルーベリーじゃなくてラズベリーのような気がするけれど、店がブルーベリーって言っているんだからブルーベリーなんだろう。

ドーナッツって日本だと意外に高いことを実感。アメリカだとドーナッツはジャンクフードの王道的スナックで、個人的には敬遠していたけれど、日本の店になると何故か高級なお菓子に見えるのが不思議だ・・・。Dunkin' Dounuts(ダンキンドーナッツ)、行きたいなぁ。

待っている間に、ドーナッツ10個を纏め買いしている集団がいた。きっと職場のお返しなんだろう。そういうことを気にしないで良い職場って気が楽だけれど、なんか寂しいね。

ホワイトデー限定のプレミアムストロベリードーナッツも売っていたけれど、男が一人で食べるドーナッツじゃないから泣く泣くスルー。きっと美味しいんだろうなぁ。もう食べられないけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月13日 (月)

The Seasoner

ヘルシア緑茶はカフェインが結構入っているので、今朝起きて一番に一気飲みする。あの独特な苦い味で眠気が飛んでいく気がした。3時間くらいしか寝ていなかったりする・・・。

昨日の夜が肉三昧だったので、サラダが無性に食べたくなる。ってことで、サラダバーが充実しているカレッタ汐留のThe Seasonerに行く。本日のパスタとアイスコーヒーを頼む(950円)。この店はオシャレ+サラバダーがあるせいか、非常に(キレイな)女性客が多い。だから何をする訳でもないけれど、男だらけの殺伐とした事務所とは違った雰囲気でなんか癒される。

200603131208000

オーダーした後は自由にサラダバーでサラダを取ってくる。失敗したのが、最後にサラダに掛ける和風ドレッシングが見事にニンニクを利かせたドレッシングだったこと。普段はニンニク大好き人間の自分も、今日だけはニンニクの匂いは嗅ぎたくなかった。焼肉ジャンボを思い出してしまうから・・・キャー。

200603131216000

メインで出てきたベーコンのクリームパスタはイマイチだったかな。ちょっと腰の無いパスタと水っぽいクリームソース。前来たときはもっと美味しかったような記憶があるんだけれど・・・。運が悪かったのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月12日 (日)

焼肉ジャンボ

都営新宿線の終点、本八幡の隣の駅「篠崎」。ごく普通の住宅街に見えるこの場所に、驚愕の焼肉屋があるということで、今日やっと食べに行った。新婚のE夫妻の家にお邪魔したので、ストックしてあった兼八をお土産に持っていく。予約した8時までマッタリと過ごす。

駅からは店まで遠いので、タクシーを利用。5分くらい乗っていると住宅街の中に突如目的としている焼肉店「ジャンボ」が見えてくる。外見は普通で飾り気もあまりない。何も知らなければ、普通にスルーしてしまう店構え。かなりワクワクしながら階段を登って入店。

入店すると、名物の大将が暖かく迎えてくれる。E夫妻はここ数週間で4回も来ているということで、大将に顔を覚えられた模様。ダメ元でなかなか出してくれないという噂のハンバーグを頼んだら、ちょっと考えた後に出してもらえることに。サービス品として、牛スジの煮込みが出される。これも柔らかくてボロボロ裂けてしまうような食感。さらに期待度が高まる。

最初に出てきたのはメニューに載っているカルビとロース。この店には「3秒ルール」があり、肉を3秒以上焼くと怒られてしまうらしい。その三秒ルールに則って食べる・・・。かなりレア好きの自分としても3秒でひっくり返した事は無く、ちょっと違和感を覚える。試しに3秒ルールで焼いてみると、焦げ目は勿論付かず、赤身の肉の表面が若干白っぽくなった感じ。それを食べてみると、これがお寿司の中トロのようにスーっと口の中で甘みを発散しながら溶けてしまう。これが1,000円のカルビとは・・・恐るべき焼肉ジャンボ。

生でも食べられるという事なので、一切れ焼かずにそのまま口に運ぶ。焼かないことで、ニンニクベースのタレの味が一段と強く感じる。

ここからは裏メニュー。

20060313_001

うわみすじ。 他の肉に比べて赤身の部分が多く、薄切りで焼く面積は結構広くなるように切ってあるお肉。肉が薄めなので、3秒ルールでも丁度いい感じに焼くことが出来る。赤身の部分が多め、とは言ってもシッカリと脂部分が霜降り状態になっているので、肉の甘い味を感じることが出来る。赤身と脂分のバランスが良く取れた部位だと思う。

20060313_003

真ロース。某高級焼肉店の5,000円の特上ロースに相当する肉だろうか。1センチ位の厚みがあるので、三秒ルールでは肉の中心部は完全なレア状態。しかも、肉質が柔らか過ぎるので、箸で持ち上げようとすると勝手に脂部分で裂けてしまう。味わいは、厚切りロースらしく若干の歯ごたえがあった後、内部に溜められていた肉汁がジュワっと出てくる。なんとも至福な瞬間。

20060313_004

ざぶとん。正方形にカットされたこれまた超霜降りの肉。厚みはうわみすじ並だけれど、こちらの方が脂質が濃く、コッテリした味わい。薄く火の影響を受けやすいため、脂部分がいい感じに溶けて食べるときのジューシー感がアップしている。3秒ルールを無視して焼き続けると炭の塊になりそうな位大胆かつデリケートな肉・カットの仕方だと思う。

20060313_005

幻のハンバーグ。噂によると、大将の気分で出す/出さないが決まっていて、なかなか食べることは出来ないらしい。今回はその貴重なハンバーグに牛肉を使ったソースを特別に掛けてくれるらしい。上のソースは、スパゲッティのミートソースみたいなトマトベースのソースにミンチされた肉とキノコがふんだんに使われている。お箸で簡単に切り分けられるハンバーグ本体。一口食べるとまとまっていた肉の塊が一気に「そぼろ」の様な小さいミンチされた小さな肉の破片にキレイに分解される。普通のハンバーグのミンチにあるようなミンチ肉の硬さも無い。よくよく考えると、この店で食べた唯一のウェルダン状態で食べた肉。嗚呼、このソースで作ったミートソーススパゲティが食べたい!!

20060313_006

サーロインステーキ。お皿からはみ出てしまう位の大きさ。シッカリとした肉質なので、噛み応えがある肉。これだけは、3秒ルールを無視して少し長めに焼きたいかも。見た目も迫力があるので、最後の〆に頼むのが良いかも。真ロースとは違って、肉がバラバラになることも無かったです。

写真は撮らなかったけれど、「カレー」も食べた。ルーに牛肉の脂分とバターが溶けている感じで、見た目以上に味はコッテリしていた。ただ、今回はタレ一辺倒だったので、ちょっと違う味わいということでアクセントになった。舌の気分転換にカレーを一人前頼むのも良いと思う。ランチメニューにのカレーがあったら相当嬉しいな・・・。

ふぅ、予想以上、大満足です。一人8000円したけれど、個人的には20000円請求されても不満なく払ってしまいそうな勢い。E夫妻、また今度食べに行きましょう!今度は今回食べていないホルモン系も攻めてみたいです。

家に帰る途中、コンビニでヘルシア緑茶を買っておきましたが。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年3月11日 (土)

Vodafone Live! CAST

昨日買ったVodafone904T。

200603111120000

自分は個人所有ケータイがDoCoMo、社給ケータイがVodafone。社給のはまだ機種変更できないので、自腹で新しい端末を買ってしまう。目的は、この機種から搭載される新しいサービスを実際に使ってみるため。それにしても、新規で15000円っていう値段はドコモユーザからみたらかなり安い価格設定だね。量販店では、一番安い料金プランでVodafone Live!以外のオプションは全部要らない、という店の人から見れば怪しい客として認知されてもおかしくない契約を行う。自分はドコモユーザなので、この電話は「鳴らない、電話」扱い。

で、新サービスのCASTに加入しようとするけれど、Vodafone Live!のメニューをいくら探しても見つからない。結局、端末自身のメニューリストの中からアクセスするものだ、と気づくまで20分くらい掛かった。

CASTは月額315円で雑誌形式のファイルが夜間に携帯電話に配信されるサービス。配信時のパケット通信料は月額料金に含まれるので、パケ死が続出したauのEZチャネルに比べれば良心的。現在はyubio(ユビオ)というコンテンツしかないので、とりあえずそれを購読する。EZチャネルと違うところは、EZチャネルが動画配信なのに対して、CASTは静止画の雑誌形式のコンテンツになること。コンセプトは地下鉄などの圏外エリアでも楽しめるコンテンツ、ってことらしい。

「情報は寝て待て」という謳い文句の通り、午前4時に配信が届く。端末の電源を切っていたり、電波状況が悪い所に居ても、「再配信要求」を掛ければ受信することが出来る。コンテンツの方は、創刊号ということで、今後のコンテンツの予告に終始していて、内容が非常に薄かった。今後のメニュー拡充、内容の高密度化に期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月10日 (金)

飲み会@咲くら

夜は昨日下見した咲くら銀座店で飲み会。予約を取ったのが遅めだったので、普通のチェーン店型居酒屋になってしまった。でも、一応個室を予約できたので、最低限の事は出来たかな・・・。

盛り上がって楽しい会だったけれど、幹事としては結構不満が残る店選び。オーダーを取りに来るのが遅い、持ってくるのも遅い。料理の質もイマイチだったかな(まぁ、これは頼んだコースが悪かったのかもしれないけれど)。

やっぱり、コダワリが有る店じゃないと個人的にはNGですね。やっぱり美味しい料理食べたいし。珍しくビールばかり飲んで、頭が痛い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

刀削麺荘

今日はちょっと気分を変えて新橋方面に。仕事の関係上、Vodafone904Tを買う。事務手続き中に新橋の刀削麺荘(とうしょうめんそう)に入る。

やはり新橋、ゴチャゴチャした店に相席させられる。相席って結構久しぶりかも。小心者の自分は相席だと何かと気を遣って疲れてしまいます。

200603101226000

頼んだのは海老と帆立のピリ辛ソースセット(980円)。結構量が多め。海老やホタテがたくさん入っているので、コストパフォーマンスは高いかも。ただ、ソースが結構アッサリしていて、本当に美味しいピリ辛ソースの時に感じる「ソースも全部食べたくなる」って衝動感には襲われなかった。もっとソースにネギを絡ませたら美味しいと思うんだけれど。

ってか、麺がメインの店で何を食べてるんだろう、自分・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 9日 (木)

咲くら 銀座店

ココログが一日以上メンテナンスをやってた・・・それってメンテナンスじゃなくて、障害復旧でしょう。システムを開発した会社は腹を切るべきだと思います。毎月お金を払ってる有料ユーザが使えなくて、広告を表示する代わりに無料扱いのユーザは普通に使える仕様なんて、頭が腐っているとしか言いようが無いです。そうですか、加入ユーザより広告主の方が重要ですか・・・。

明日の飲み会に利用する店を下見。いつもは踏み入れない有楽町側の店。漬けまぐろと煮穴子のちらしのランチセットを頼む(980円)

200603091221000

セットはメインのチラシ寿司とサラダ、そしてお吸い物で構成される。写真のとおりチラシ寿司は見た目は鮮やか。ただ、漬けまぐろと煮アナゴ、という名前の割には両者の主張が弱かったような気がする。基本的に居酒屋のランチなので、こんなもんか。

もっと書くネタがあったような気がするけれど、忘れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 8日 (水)

クリスピーサンド・ココナッツミルク

昨日発売されたハズのハーゲンダッツのクリスピーサンド・ココナッツミルクを遂に発見。勿論購入。

200603082251000 

期待をしながら封を切ると、外見はいつもと同じハーゲンダッツのクリスピーサンド。一口かじると予想通りのココナッツの風味が広がる。でも、ここまで。ハーゲンダッツのアイスクリームに期待してしまう+αがこのクリスピーサンドには無いような気がする。例えば、内部のクリーム部分にココナッツフレークを入れて食感に幅を持たせるとか・・・。ハーゲンダッツ以外のメーカーだったら納得できる味だけれど、ハーゲンダッツの新製品としてはちょっと捻りが足りないような気がする。

チーズケーキが予想以上に美味しかったので、ちょっと期待しすぎてしまったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カシミールカレー@デリー

花粉のせいなのか分からないけれど、一日中頭が痛い。風邪なのか、花粉なのか。この微妙な不快感が嫌い。今年は去年より花粉は少ないって言われているけれど、去年本格的に発症した自分にとってはツライ季節になりそう。慣れてないだけに。

今日はちょっと遠出してデリーに行く。目当ては勿論、この店評判のカシミールカレー。3階では10人くらい並んでいたけれど、構わずその後ろに並ぶ。回転が早めの店なので、意外とすぐに座れた。前回と同じタンドリーチキンランチにする。(選んだカレーは辛さ星5つのカシミールカレー)

200603081303000

なんか、前回と違う器に盛られてきた。曜日によって器が違うのだろうか?今回は挽肉のカレーじゃなくて、豆のカレーがライスの横に添えられていた。その他の構成は前回と一緒。相変わらずタンドリーチキンが美味しい。

で、メインのカシミールカレー。小麦粉を使っていないカレーなので、スープカレーのようにサラサラ。ちょっと迷ったけれど、スープカレーと同じようにライスをスプーンの上に乗せて浸すように食べてみた。一口食べると高速ボディブロー連打を喰らったかのような辛さが口の中に広がっていく。壮大なるスパイスのオーケストラが繰り広げられる。汗がどんどん出てくる。タンドリーチキンを食べて中和させようとしても辛みが強く、水を何杯も飲む。額の汗は勿論、体中から汗が出てくるのが実感できる。

でも、美味しい。食べているその瞬間は辛いけれど、それがネチネチした辛さじゃなく、辛味がスーっと旨みに変わっていくような感じで、何杯でもイケる。口の中がヒリヒリすることもないので、辛いのに後味がすごく爽やか。

汗も流したし、スパイス群の刺激で気分がリフレッシュした感じ。気持ちいいランチでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 7日 (火)

ポーション

6日にはココナッツ味のハーゲンダッツサンドが発売されたはずなんだけれど、近所のコンビニでは売ってない・・・。売り切れかな?

気を取り直して飲料コーナーに行くと、FF12コラボ商品の「FINAL FANTSY XII Potion」を発見。そういえば、XIIは来週発売だなぁ、と思いつつ購入。

200603072242000

なんか、プレミアボックスが異様に高いんですが・・・(600円)。しかも箱を封印しているるシールは、丁寧にも一回剥がすと「開封」って文字が浮かび上がる特殊なシールを使用。そこまでやるか。プレミアムボックス内の瓶は通常版の瓶と違って、フタ付のFFのクリスタルをイメージした感じのデザイン。それとプラスチック製のカードが一枚ついてくる。流石にこの内容だと全部集める気力が沸かないね。高いし。

味は爽やかなモノを期待していたら、見事ドリンク剤系の味。っていうか、これって実はドリンク剤?まぁ、確かにHP100回復するような気もしないでもない。夜飲むんじゃなかった・・・。

どこかにポーションを99個買いする勇者は居ないのかなぁ?これがヒットしたら「ハイポーション」「エリクサー」とか発売するのかな。ちなみに、FF12のソフト本体はAmazonで予約済みです。事前情報は全く仕入れてません。笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 6日 (月)

ラーメン 「勇」

なんか頭が痛い。ちょっと風邪ひいたかな・・・。

今日のランチはラーメン「勇」。ちょっと分かりにくい場所にあるこじんまりとしたラーメン店。でも、ラーメン通の間では結構有名な店らしい。

昔行ったときは行列が出来てた気がするけれど、今日は行列も無く店の中も先客が3人いるだけ。とりあえず、チャーシュー味噌ラーメン+味玉を頼む(1200円)。味噌ラーメンは冬季限定らしい。よく考えると、ラーメンにしてはちょっと値段が高すぎるような気がする・・・。少しすると、非常にオーソドックスな白い器に入ったラーメンが登場する。

200603061211000

味玉が隠れているけれど、大きい卵で黄身の部分が半熟になっていて、美味しい。結構黄身の部分の味が濃くて不思議な味玉。薄く切られたチャーシューはスープの上に乗せると脂分が溶けてバラバラになってしまう位柔らかい。麺も普通に美味しい。

味噌スープは意外と辛め(ショッパイともいうか?)の味わい。色々な隠し味が使われているみたいだけれど、辛めの割には後味はアッサリしている。非常に素朴な感じのラーメンだけれど、この素朴さが凄く美味しい。

スッピンだけれど、スッピンでも十分綺麗。素材が良い。そんな感じのラーメンでした。ちょっと高いけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 5日 (日)

成城石井

新宿からの帰りに、成城学園前駅の成城石井本店に寄ってみる。残念ながら、冷凍のチーズケーキは見当たらなかった・・・。スイマセン。

そのまま帰るのも勿体無いので、店内を歩いていると、面白いチョコレートを発見。最近はカカオマス濃度が高いチョコレートが人気があるけれど、これは99%、カカオマスそのものの塊状態のチョコレート。LINDT&SPRUNGLIっていうスイスの会社の製品らしい。製品の裏には低めのカカオ比率のチョコレートから食べるように注意書きがある位、強烈なチョコレートであることが伺える。隣には70%とか85%のが置いてあったけれど、迷わず99%をカゴに。隣にはCoconut Dreamというベクトルが正反対のホワイトチョコレートがあったので、中和させる意味も込めて購入。

200603051959000

カカオ99%のチョコレートが450円(!)で、隣のホワイトチョコレート+ココナッツのが370円。意外にいい値段。

一口食べてみると、ザラザラしていて非常に苦い。この感覚は、初めてエスプレッソをそのまま飲んだときと似ているかもしれない。苦いけれど、耐えられない苦さではない。なんとなく、バニラのアイスの上にこのチョコレートを削って上に載せたら美味しいかもしれない。

ホワイトチョコレートの方は、ココナッツフレーク入りで甘い。口の中でチョコレートを溶かしていくと、ココナッツフレークが残る。お馴染みの味。試しに99%と一緒に食べてみたら、丁度良い甘さに。

この99%のチョコレートはきっとそのまま食べるものじゃなくて、加工用だね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャケット

昨日と同じく、今日もいい天気。昨日は一日中引き篭もっていたので、今日は外出することに。母親の時計の電池が切れたので、新宿高島屋へ行く。8階の時計売り場に時計を預けた後、以前から欲しかった春モノのジャケットを物色する。

同じ8階にあるラルフローレンでシャツを見ていると、「お久しぶりです~」って声を掛けられる。振り向くと、以前パターンオーダーでスーツを買ったときに対応してくれた店員さんだった。折角声をかけられたので、新作のジャケットを見せてもらうことに。ジャケット以外にも上着のコートも見せてもらい、色々試着してみる。

試着をして結局白と青のストライプのジャケットに決める。遠くからみると、淡いグレーに見えるのがポイント。本当はこれの上に羽織る軽いコートが欲しかったけれど、今回は保留。

20060301

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 4日 (土)

リサーチ中・・・

改めて自分の食べているモノを振り返ると、先週はカレーとハンバーガーばかり食べていたような気がする(汗。

それぞれの個性があって美味しかったけれど、もう少し持ち玉の幅を広げたい気分。行き当たりばったりじゃなくて、リサーチした上で計画的に店を巡回できたらいいな・・・ってことで、良さげな店を今リサーチ中です。GoogleやYahoo!をフル活用中です。あとは、伝家の宝刀、ザガットサーベイも投入してます。でも、やっぱり実際に店に行かないと分からないからね。味はもちろんのこと、店の雰囲気とかサービスが。

果たして、来週は幅を持たせることができるのだろうか・・・?幅を広げる一方、先週行った有名なデリーの劇辛カレー、カシミールカレーも食べたいし・・・悩む。

WBCの日本代表、明日もコールド勝ちでお願いしますよ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 3日 (金)

モス ダブルチーズバーガー

月初めはヒマ~・・・の筈だった。いきなり、今日の午後の打ち合わせ資料を作成することに。二種類のエクセルブックからデータを抽出して、新しい表を作っていく作業。途中から頭がパンクしてきて、軽く混乱状態に陥る。結局、朝から午後3時までぶっ続けで資料作成に費やす。お昼ご飯も抜きで。

打ち合わせが終わって汐留に戻ってきたときはもうヘトヘトな状態。お腹もかなり空いていたので、例のバーガーを挑戦することに。

雨が少し降っているせいか、今日もお客さんがあまり居ない。立ち食い状態になるけれど、ハンバーガーの形が上手く撮影できると考え、イートインにする。勿論頼んだのはダブルチーズバーガー。「みかんドリンク」も気になったのでオーダー。この二点で980円。

出来上がる過程を見つめる。バンズとパティを鉄板で焼いてから、組立作業が始まる。具の部分が多いので、バランス良く重ねないと大惨事になってしまう。それでも、タマネギやレタスの部分でかなり不安定になって、出来上がる前からもう既に崩壊が始まってる。ア○ハ元一級建築士でもここまでの構造的欠陥のあるビルを建てないぞ・・・。

200603031808000

これが出来上がりの状態。敢えて店員さんに、「どういう食べ方が正しいのか?」と苦笑いしながら質問してみると、「そのままガブりと行って下さい(笑顔)」と言われ、ウェットティッシュを多めにくれた。

ここまで読んでいると、このダブルチーズバーガーを酷評しているように見えるかもしれないけれど、かなりイイと思ってます。どうも日本ではマ○ドナルドのイメージが強すぎるのか、ハンバーガーって画一的な冷凍食品みたいな食べ物のイメージがあるけれど、本来はこのような豪快な食べ物のはず。食べながら崩れていくのが本来のアメリカのレストラン系ハンバーガーの姿。アメリカのハンバーガーを日本に持ってくる、というモスの理念をこのハンバーガーが示していると思う。

大きいけれど、口を最大限あければ何とか食べられる絶妙のサイズ。溢れ出てくるソース。歯応えのあるパティ、シャキシャキした食感のレタスとタマネギ。口の周りに何回もソースが付くけれど、気にしないで食べ続ける。かなり濃いハンバーガーだけれど、やっぱりこういうのがアメリカ式ハンバーガーだなぁ、と実感。

このハンバーガーよりもアメリカっぽさを醸し出しているファストフード系のハンバーガーはウェンディズのトリプルチーズバーガーだけかもしれない。下の写真はダブルチーズバーガーの写真です。これに更に一枚肉が加わるなんて・・・。

200603011758000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 2日 (木)

デリー コルマカレー

先週、改装中だったので見事に肩透かしを喰らったインドカレー店「デリー」に再チャレンジ。前回期待して行ったのに食べられなかったので、いつもより期待が大きくなってます・・・。

ビルのエレベータで3階に行くと、今日は無事営業していた。しかも、ほぼ満席で、残り最後のテーブルをゲット。初めて入るので、メニューの勝手が良く分からない。とりあえず、タンドリーチキンセット(1,100円)を頼む。カレーを一品選べるみたいなので、辛さ星二つのコルマカレーを選ぶ。タマネギを炒めて作ったカレーなので、タマネギ系のカレーが好きな自分としては、期待が更に高まる。この店の手頃な値段のランチセットにはナンが付かないのがちょっと残念。追加料金を払ったらライスをナンに変えてくれるのかな?

隣のテーブルで、私と同じように出てきたお皿を写真撮影している方を発見。きっと同業者ですね・・・笑。

200603021226000

少しすると、大き目のお皿に綺麗に盛られて登場。右側にあるのがサモサというインド風のパイ。中身は結構辛めのカレーらしきものが詰められていて、見た目とその味(辛さ)のギャップにちょっと苦しむ。写真の上のほうに盛られているのがタンドリーチキン。左上のボウルに入っているのがカレー。左下にはドライカレーのような挽肉系のカレーが少量盛ってある。

まず、タンドリーチキン。他の店のタンドリーチキンは、どちらかと言うと小さく、硬めの肉質でちょっぴりスパイシー、っていうイメージを持っていた。デリーのタンドリーチキンは骨無し肉を大きめのスライスに切り分けてあって、柔らかく、まろやかでマイルドな味わい。スパイシーさはあまり無く、逆に乳酸菌系のちょっとした酸味が利いていて、他の店では食べたことの無いタイプのタンドリーチキン。

で、メインのカレーだけれど、これがもう絶品。タマネギを炒めて作ったカレーなので、ベースは甘いんだけれど、それと同時にパンチの利いたスパイス群が一気に口の中を押し寄せてくる。でも、お互いを相殺することなく、同時に口の中でタマネギの甘さとスパイスの辛さが共存しているこの不思議さ。メニューでは辛さ星二つのカレーだけれど、辛さで汗が微妙に噴き出してくる。徐々に口の中が辛くなってくるけれど、さっきのタンドリーチキンを食べると口の中が中和される。もう最高。一気に平らげてしまう。また来よう。

余談:人によく言われるのが、私は美味しいものを食べるときとそうでないものを食べるときの食べるスピードが全然違うらしいです。あまり美味しくないものを食べるときは恐ろしく遅く食べるようです。

デリーの一番人気のカレーはカシミールカレーと言って、激辛のカレーらしい。メニューの辛さ星5つになっているけれど、今度来る時はカシミールカレーを頼むことにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 1日 (水)

/so/ra/si/o/

朝から雨。しかも、結構冷え込んでる。3月のスタートがこんなに寒いとは。

いつも朝使ってるスターバックス@新橋ゆりかもめ店で、いつも通りにダブルトールラテを頼んだら、「お久しぶりですね」と店員さんから声を掛けられる。確かに、先週は研修とかで行けなかったけれど、それほど久しぶりでも無いような気がする・・・。朝定時通りに出勤するときはほぼ毎日通っているから、「朝来る客」として認識されているんだろうけれど。デフォルトでスリーブが付いてくるのが嬉しい。

お昼は、雨が降っていて寒いから近場のカレッタへ。雨の日は上層階は空いているので(景色があまり良くないから)、46階のso/ra/si/oへ。シュリンプカレーが美味しそうだったので、それを頼む(1365円)。限定30食らしい。

200603011217000

色が濃くて、意外と辛口なカレー。エビが二匹入っていて、ルー自体にもエビの旨みが溶け込んでいる。福神漬け風にアレンジされた野菜と絡めて食べるのが良い。もう少しご飯の量が欲しかったかな。一緒にナイフとフォークが付いてくるので、エビは解体してから食べたほうが綺麗に食べられる。カレッタ近隣のビルに勤めている人もドリンク一杯がサービスになるのが嬉しい。最初は○通さんだけかと思ったけれど。ちょっと従業員カードを見せるのが恥ずかしいのは気のせい?

午後は、ひたすらシステム処理を行った後、客先に見積書を提出して直帰♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »