« 南印料理専門店ニルヴァナム | トップページ | 空と君のあいだに »

2006年2月22日 (水)

匠味アボカド山葵

研修が終わって、ヘトヘトになりながらモスバーガー新橋二丁目店へ。先日読んだ本によると、この店舗がグリーンモス第一号店らしい。店内は明るくて、完全禁煙。スバラシイ。頼んだのは、匠味アボカド山葵。オニポテセットなので、1,200円です。

200602221759000

10分ほどして登場。ハンバーガー自体の大きさはアメリカのレストランで食べられるハンバーガーを彷彿とさせるも、その丁寧な盛り付け方はハンバーガーではない違う食べ物のよう。とりあえず、ハガキサイズの紙に書かれた食べ方に沿って食べることにする。山葵は、そのまま食べてもツンとしないで、非常にまろやかな味わい。

添付された山葵をアボカドに塗って食べるらしいんだけれど、山葵の味わいがアボカドの甘みを強調しているような気がする。っていうか、アボカドが美味しいんですが・・・(本来自分はアボカドはどちらかというと苦手な部類の食べ物)。アボカドを口の中で舌で押し付けると溶けてしまうような柔らかさ。一気にペロりとアボカドだけを食べてしまった(ハンバーガーと一緒に食べないと「アボカド山葵バーガー」にならないような気もするけれど、食べ方にそうあるから仕方ない)。

残った山葵をパティに塗ってバンで蓋をして、ナイフとフォークで切りながら食べる。ここら辺はレストランバーガーの領域。でも、マスタードではなく山葵を使っていて、ビーフパティにも和風のソースが塗られているので、ハンバーガーに似た違う食べ物、って感じ。やっぱりモスバーガーはいいねぇ。ちょっと高いけれど。

|

« 南印料理専門店ニルヴァナム | トップページ | 空と君のあいだに »

04. アボカド系ハンバーガー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105143/8792706

この記事へのトラックバック一覧です: 匠味アボカド山葵:

« 南印料理専門店ニルヴァナム | トップページ | 空と君のあいだに »