« 若鯱家 | トップページ | 気分不良 »

2005年10月31日 (月)

夜の病院

仕事中に電話が掛かってきて、危険な状態になった、との連絡。やるべき仕事を片付けて、夜の8時に病院に到着。いつもの入り口は閉まっていて、救急患者用の出入り口しか開いていなかった。1階のロビーが薄暗くなっていて、気味が悪い。

病室に入ると、昨日に比べてかなり苦しそうな吐息が聞こえてくる。自分は弱い人間なので、こういうのはかなり苦手。気持ち悪そうにしている人を見ると、伝染して自分も気持ち悪くなってしまうような人間なので、急に息苦しくなる。大きく深呼吸して自分の気持ちを落ち着ける。

最近、呼吸ってかなり重要だなと気付いた。深く、ゆっくりと呼吸することで、かなり自分を落ち着かせ、正常な思考を保つことが出来る。先日のGMATでも、深呼吸することで集中力を高められたし、走るときもゆっくりと深呼吸することで、息が上がらない。呼吸は人間の生理的な動きだけれど、意識して酸素を取り込む重要さが分かった気がする。

目の前で、明らかに容態が徐々に悪くなっていくのが分かりながら、それを見つめるのはツライ。例え自分の中では覚悟は出来ていたとしても。つらいなぁ。

明日はいつもよりちゃんとした格好で出社しよう。

|

« 若鯱家 | トップページ | 気分不良 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。最近はメッセする暇もないくらいJavaの修行が一層厳しくなっている毎日です。
もうひとつのメッセではモーターショーやってて、帰りの電車は大混雑でこっちも負けじと大変です。

今回の記事、すごく分かりますよ。自分も結構考え込んでしまうことが多いので。
そんなとき、やっぱり深呼吸は大事ですよね。

投稿: yosuga | 2005年11月 1日 (火) 23:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜の病院:

« 若鯱家 | トップページ | 気分不良 »