« 空港到着 | トップページ | ルチャ・リブレ »

2005年10月14日 (金)

長旅

モブログが成功して気分よくLAX行きの飛行機を待っていたけれど、飛行機の搭乗時間になっても搭乗が始まらない。嫌な予感が的中し、メンテナンスのトラブルのせいで、一時間くらい出発が遅れるらしい。おいおい、勘弁してくれよ、こっちは乗り継ぎに3時間しか間があいていないんだよ、と思うも、こればかりはどうしようもないので、大人しく待つ。

16:20になって、ようやく搭乗が始まる。季節外れのフライトということで、空いていると思ったら、意外に満席状態で、隣にも人が座ってきた。しかも、後ろのほうのエコノミークラスなので、座席幅が恐ろしく狭い。同じエコノミーでも、ユナイッテッド航空のエコノミープラスなら幾分マシなんだけれど、安いチケットだから我慢するしかない。

久しぶりに、恐怖のフレーズ、「Beef or Chicken?」を聞く。機体の装備といい、機内食と言い、この航空会社はサービス向上については全く期待できない。映画も、前方のスクリーンに投影する方式で、窓側大好き人間にとっては見ることができなった。機内食も相変わらず不味い。一番おいしいと感じるのは甘ったるいブラウニーっていうのが何とも・・・。

さて、世の中には窓側の席を好む人と通路側の席を好む人がいる。自分は前者の窓側が好きな人間。理由としては、離陸時、着陸時の外の景色を見るのが楽しい(お子ちゃまですな)、寝ていても、隣の人のトイレなどに邪魔されて起こされることがない、というのが主な理由。しかし、実はもう一つ重要な理由がある。それは反則気味だけれど、窓側だと座席下に入れるべき荷物をを壁に立てかけて置くことができるため、足を伸ばすことができる。

確かに、通路側だと綺麗なスチュワーデスさんと話ができたり、トイレに行きやすいというメリットもある。しかし、ユナイテッドのFAは皆恐ろしい位のオバサンだし、自分は飛行機に乗る前にトイレは済ませて乗るため、機内のトイレを使うことは殆どないため、ノープロブレム。

二日連続で2時間睡眠だったので、機内でも熟睡することができた。飛行自体も飛んでしまえば問題もなく、LAXには定刻通りに着いた。iPod nanoの電池は既にレッドゾーンに入っていた。

LAXでは、スムーズに入国審査を終え、乗り継ぎ手続きも難なく終わる。アメリカ入国時のスタンプが新しくなっていたのに驚き。小腹が空いたので、スターバックスのパンプキン・ラテとウルフギャング・パックのBBQチキンピザを食べる。ほんの3時間だけれど、LAの空気が吸えてイイ感じ。やっぱり、LAはイイよ。

mexico1

程なくして、メキシコ行きの飛行機に搭乗。乗る時間は3時間ちょっと。ここでも、iPodを聞きながら熟睡。到着する頃には、iPodの電池が切れていた。無事に、二回目のメキシコの土地を踏む。

メキシコ空港は、大改装中ということで一年前に比べてかなり綺麗+照明が明るくなっていた。相変わらず、税関のところでボタンを押すのは変わらないみたい。無事に緑を引き当て、関税クリア。

外で、父親の車で自宅へ向かい、夜ご飯を食べに行く。何故か、ホテル・インターコンチネンタル内のニューヨークレストラン「The Palm」に行く。オニオンスープと大きなリブアイステーキを食べる。メキシコに来たんだけれど、自分としては、こういう食べ物も食べたかったので大満足。

mexico2

チーズが乗ったオニオンスープ

mexico3

恐ろしく大きい(300グラムはある)リブアイステーキ

mexico7

デザートの焼きカスタードプリン

|

« 空港到着 | トップページ | ルチャ・リブレ »

43. 旅行」カテゴリの記事

コメント

もうメキシコ着いちゃったんですね~

飛行機はやっぱり窓側.
理由はおんなじで,お子ちゃまですから風景が見たいんです.
離陸の時に,地面がものすごい勢いで後ろに流れていくのを見ながら,僅かな浮遊感とともに機体が滑走路から離れるその瞬間を味わえるのは,窓側だけですね.

楽しんできてください.

投稿: たかし | 2005年10月15日 (土) 23:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105143/6409598

この記事へのトラックバック一覧です: 長旅:

« 空港到着 | トップページ | ルチャ・リブレ »