12. ケーキ系

2009年10月31日 (土)

レ・タルトのパンプキンタルト

今日は10月31日。数年前はハロウィンなんて全然認知度が無かったけれど、今日は色々なところで仮装した子供たちが街を歩いていた。少ししたらJack-O'-Lanternを作るために大きなカボチャを売り出したりするのかな?近所の家を回ってお菓子を貰うことも楽しかったけれど、Jack-O'-Lanternを作るのも楽しみだったなぁ。

というわけで、新宿伊勢丹のデパ地下を歩いて、カボチャ系のケーキを探していたところ、レ・タルト(新宿伊勢丹のブランド?)にてカワイイタルトを発見したので、即購入。三つ欲しかったけれど、残りが三つジャストだったので、一つだけ購入。ホラ、目当てのパンプキンが売り切れてTrickされても困るだろうし。

20091031_1

ムラサキイモとパンプキンのタルト。

20091031_2

カボチャの実のブロックが綺麗に盛られている。クリームの中にもしっかりとブロックが使われていて、カボチャの甘い味わいを存分に楽しめる。カボチャの実の味わいは勿論好きなんだけれど、皮の部分の持つ味わいも好きなんだよなぁ。

20091031_3

こちらは抹茶のタルト。とてもシンプルな見た目、どういう味がするんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 3日 (土)

有楽町二連発

今日は有楽町に用事があり、その帰りにpatisserie Sadaharu AOKIと、La Maison Du Chocolatに寄ってから帰宅。店内に「撮影禁止」の札が置いてあったけれど、ケース内のケーキを撮影できるツワモノって居るのだろうか・・・?

まずは、patisserie Sadaharu AOKIのケーキ。三種類を購入。

Sadaharuaoki1

手前がバンブー、奥がショコラプララン。

Sadaharuaoki2

バンブーは、抹茶のクリームとチョコレートの層が口の中で緩く融合していく。クリームはもちろん、スポンジもかなり柔らかく、舌で少し圧力を掛けるだけで溶けてしまう。ソフトな口当たりなのに、味わいはかなりストレートで力強い。ショコラプラランは、端に乗っているミニマカロンが可愛い一品。

Sadaharuaoki3

最後のひとつは、ヴァランシア。

Sadaharuaoki4

上に乗ったオレンジを使った飴細工がキレイ。オレンジとチョコレート、そしてヘーゼルナッツの味わいが組み合わさった一品。ソフトなだけでなく、シャリシャリとした独特の歯ごたえも面白かった。

La Maison Du Chocolatのマカロン。他のお店のマカロンよりも、賞味期限がかなりシビア。相変わらず可愛いパッケージングです。

Lamaison1

Lamaison2

積み上げてみました。フランボワーズを食べてみたけれど、芯を残した食感のマカロン。ショコラがメインのLa Maison Du Chocolatなので、センター部分はチョコレートベースのクリーム。先日食べたラ・ヴィエイユ・フランスのサラサラと口の中で溶けるマカロンとは違い、コッテリとしていて一緒に暖かいドリンクが飲みたくなる一品。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月27日 (日)

ラ・ヴィエイユ・フランス

今日は地元で髪を切った後、徒歩で千歳烏山近くのラ・ヴィエイユ・フランスへ。30分以上歩いたような気がするけれど、お店には美味しそうなお菓子、ケーキが沢山。ケーキとマカロンを購入し、また来た道を戻る。

Lavieille20090927

フランボワーズを使ったケーキ。一番上の菱形の模様がキレイ。

Lavieille200909272

ポロネーズ。上のメレンゲ部分と、下のラム酒が染み込んだ生地の

Lavieille200909273_2

こちらが有名なマカロン(10個入り)。黒くてカッコイイ箱に入っている。

Lavieille200909274

中身はこんな感じになっています。カフェ、シトロン、キャラメルノワ、キャラメルサレ、カシス、アプリコ、ショコラ、ビスターシュ、フランボワーズ、パッションの10種類。バラでも購入できたので、シトロンを食べてみたところ、表面のサクサク感とフワフワしたボディ、中身のクリームの組み合わせがとても美味しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月19日 (土)

Neynのドーナツ

文京区役所の展望台が開放されているらしいので、練習を兼ねて上ってみる。こういう日に限って天気が悪い・・・。

Bunkyo1
Bunkyo

新宿伊勢丹で、美味しそうなドーナツを発見。

Neyn

Neynというお店のドーナツ。焼き生地のドーナツが特徴のようで、赤坂やミッドタウンに出展していて、新宿伊勢丹は期間限定らしい。自分は左奥のガトーショコラを食べてみたところ、ドーナツらしくない、ケーキや焼き菓子っぽい食感。揚げていないので、軽くて何個でも食べられてしまいそう。今度はお店に行ってみようかな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年7月23日 (木)

メキシコと宮崎

メキシコのマンゴーを食べていつも考えていたこと・・・宮崎県の「完熟」マンゴーと何が違うんだろう、と。今年送られてきたマンゴーのストックも少なくなってきたので、食べ比べをするためにデパ地下で宮崎産の完熟マンゴーを購入。

Miyazakimango

これが購入した宮崎県の完熟マンゴー。

Miyazakimango2

メキシコ産のマンゴーと並べてみたところ。表面の赤さが違う。

Miyazakimango3

切ってみたところ。隣のメキシコ産のマンゴーも充分に熟れているけれど、宮崎産のほうがより満遍なく熟れているのが色から判る。トロけるような甘さで、天然品なのにココまで甘くなるのか、と驚く。砂糖をタップリと使った廉価のマンゴー系お菓子のような甘さ。ただ・・・個人的には、マンゴーの甘みと酸味のバランスが好きなので、甘さ一辺倒の宮崎マンゴーは深みが無いような気がした。宮崎のを食べた後にメキシコのを食べると、全体の1~2割位の酸味によって、甘さが引き立ち、全体の深みが増しているような気がする。

お菓子的な、甘さを追及するなら宮崎産、フルーツとしての深みを味わいたいならメキシコ産、という結論に達しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月13日 (土)

開新堂のクッキー

開新堂のクッキーが家にあったので、それを撮影。

Kaishindo1

Kaishindo2

Kaishindo3

まだ少ししか食べていないけれど、それぞれのクッキーが素朴で飽きがこない味わい。派手さは無いけれど、ずっと食べ続けられそうなサクサクとしたクッキー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)