06. 佐世保バーガー系

2008年5月 6日 (火)

新宿御苑

今日は天気が良かったので新宿御苑へ。小田急百貨店の物産展で佐世保バーガーのベルビーチが出展していたので、ハンバーガーを調達してから新宿御苑に向かう。物産展では佐世保バーガー580円とサンドウィッチが売られていた。残念だったのは作りたてではなくて、作り置きだったこと。もっと混雑している時間帯だったら作りたてを食べられたのかな。

200円の入園料を払って入場。意外と外国人も多い。

Gyoen1

適当な場所を探して、先ほど調達したハンバーガーを食べる。

Bellbeach1

ベルビーチの包み紙。佐世保バーガーにしてはちょっと小ぶりかな?

Bellbeach2

中身を確認。佐世保バーガーらしく、具材が沢山入っているハンバーガー。テイクアウト用だからか、水気は少な目のハンバーガー。

Bellbeach3

全体的にフワっとしているものの、噛み応えがあるハンバーガー。意外だったのは、マヨネーズの甘さをあまり感じることなく、ケチャップメインの味わいだったこと。ベーコンは軽く火が通った程度で、存在感は薄め。その代わり、パティは締まった食感で自分好みの味わいだった。でも、やっぱり物産展のではなく、本店の出来たてアツアツのが食べたい。

Gyoen2

池で大小のカメを発見。右のカメは相当年がいってるんだろうなぁ。

Gyoen3

旧御凉亭。

Gyoen4

プラタナス並木。バラ園があるので、レンズを変えて近接撮影へ。

Gyoen5

フリージア

Gyoen6

ピースのつぼみ。つぼみ状態のバラが多かったので、5月中旬になれば一気に咲くのかな。

Gyoen7

コンラッドヘンケルのつぼみ・・・ドライフラワーのような独特の存在感が出ている。

Gyoen8

近くに植えられていたパンジーセラ。輪郭が白く見えるのが面白い。

Gyoen9

代々木のドコモタワー。毎日のように通過している新宿だけれど、少し離れたらこんなに緑が多くて心休まる場所があるなんて。バラが満開になったときに、また訪れたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月12日 (木)

ZATS BURGER CAFE@LAZONA

今日の午前中は事務所とは別の場所で打ち合わせ。事務所への帰り道にあるハンバーガー屋を検索したら、どうやら川崎のLAZONAにZATS BURGER CAFEがあることが判明。こりゃぁ行くしかない、ということで川崎で下車して、LAZONAへ。JR川崎駅に直結しているので、アクセスは抜群。1階のフードコートに降りていって、お店を発見。フードコート前の店舗案内表示には、シールで店名が書いてあったけれど、昔は違うお店だったのかな?

12時ちょっと前だったので、行列も無く、普通にオーダーできた。レジの横にキッチンがあって、持ち帰りの場合は作っている様子を全部見ることができる。大小違う大きさのパティが鉄板の上で焼かれている。周りにはタマゴやチーズなどの佐世保バーガーを構成するトッピングが山のように置かれている。

勿論頼んだのは、佐世保バーガージャンボザイズ(1,260円)。前回、中野店でオーダーしたときはジャンボサイズのパティが品切れのため、普通のパティ二枚使った佐世保バーガーになってしまったので、やっとちゃんとした完成系の佐世保バーガーが食べられることに。フードコートのため、ポケベルのようなデバイスを持たされる。近くの席に座って、呼び出されるのを待つ。10分後、いきなり大きな音を鳴らしながらポケベルが震えだした。意外と大きな音を出していたので、かなりビビった。必至に音を止めるボタンを探したけれど、見つからなかったので、スピーカー部分を押さえて音を小さくしようと無駄な努力をしながら小走りにハンバーガーを回収した。

200704023

相変わらず、直径が18cmある半端ないサイズのハンバーガー。

200704022

マヨネーズとケチャップ、大量の野菜、タマゴ、チーズ、ベーコン、そしてパティ。今回はちゃんと一枚のパティで。パティは薄めなので、この写真から分かるように、存在感は薄め。ただ、一口食べるとパティに絡まった甘ーいソースが一気にパティを主役の座へと押し戻す。それにしても、ハンバーガー自体が熱い。下バンズの部分は、パティの熱が直に指先に伝わるので、指先がちょっと火傷しそうになるくらい。

やはりこの大きさなので、完食するのに結構時間が掛かった。ジャンボサイズを頼んだ時には、サイドオーダは不要。そういえば、中野店ではケチャップか自家製マヨネーズのソースがフレンチフライと一緒に付いてきたけれど、LAZONA店では付いてこないのかな?

夜ご飯は要りませんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月12日 (火)

佐世保バーガー

かなり久しぶりのハンバーガーネタ。仕事で三鷹に用事があったので、用を済ませてから事務所に戻る途中、中野で途中下車してZats Burger Cafeへ。実は自分自身、佐世保バーガーを食べたことが無いので、ちょっとドキドキワクワク。店の入り口付近にあるカウンターでオーダー。もちろん、佐世保バーガーのジャンボサイズ(1,260円)をオーダ。どうも、専用のビーフパティが切れているらしく、普通のパティを二枚使って造ってくれる模様。この時に気づいておけば良かったんだけれど、ハンバーガー自身で値段が4桁オーバー。それなのに、フライドポテトが美味しそうだったので、それもオーダー。ドリンクも付けたら、全部で1,930円に・・・。

店内はこじんまりとしているけれど、天気が悪いせいか、全然混んでいなかった。席に着いて佐世保バーガーが運ばれてくるのを待つ。少しして、運ばれてきましたよ、ヤツが。

200612_003

写真だとよく分からないけれど、直径20センチ近くあります、これ。 ポテトは皮付きので、イメージとしてはケンタッキーなどで出されている「ジャガイモ感」たっぷりのフライドポテト。自家製のマヨネーズの酸味が絶妙!フライドポテトには必ず一つソース(ケチャップORマヨネーズ)が付いてきて、+30円で両方をオーダすることが可能。

200612_001

横から見てみると、レタスにベーコン、チーズに玉子焼き、そして一番下にビーフパティがギッシリと詰まっている。店員さんは「潰して食べてください」って言っていたけれど、そのサイズ及び具の詰まり具合から、今まで食べたハンバーガーの中で1,2位を争う食べにくさ。濃厚な味わいがガツンガツンと舌にそしてお腹に響く。具沢山なので、ビーフパティそのものを感じることは無かったけれど、とてつもなく巨大な肉の塊を食べている気分になった。かなり覚悟を持ってオーダすべきハンバーガーだと認識しました。ビッグサイズのハンガーガーを大量に食べたくなる禁断症状が出た時に、またお世話になると思います。

恐るべし、佐世保バーガー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)